マーク・ロコと聖者サント

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2009年9月20日付「マーク・ロコと聖者サント」より)。

プロレス・アルバム『TIGER MASK Forever』
 かなりブログの内容がプロレスに染まってきています。それも初代タイガーマスク中心。懐かしい入場曲を思い出してみたり、その頃読んだ本を敢えて入手して貪り読んだり、とにかく執拗なまでに初代タイガーマスクに固執して、彼が活躍していた頃を思い出そうとしています。

 もちろん私が初代タイガーのファンであることは言うまでもありませんが、プロレスにのめり込んだきっかけとして、そのアイドルとして、タイガーマスクを追うことで自分の忘れていた子供時代の記憶を思い出したかったからです。

 昭和58年(1983年)の8月、タイガーマスクが事実上の引退をして、佐山聡に戻った。素顔をあらわした。タイガーマスクはもう見ることはできないのかというファンの未練と寂しさ、そして何故彼は引退してしまったのかという疑問、さらには佐山聡に期待すること、そういう一緒くたになった思いが、プロレス・アルバム『TIGER MASK Forever』の中に詰まっているような気がします。

 さて、このアルバムの中で、私が小学生の時分に見て、とても好きだった写真が2カットあります。

 左の写真は、サミー・リー時代にイギリスで闘うはずだったマーク・ロコとの対戦告知記事、右の写真は、シルバーのマスクを被ったエル・サントとのツーショットです。マーク・ロコは初代ブラック・タイガーであることは言うまでもありません。エル・サントとのツーショットの方は、どういう経緯でそれが実現したのか私はわかりません。うーん、もう一度コミック『プロレススーパースター列伝』を読めばわかるかも(笑)。

コメント

過去30日間の人気の投稿