ユリノキ参詣

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2009年12月16日付「ユリノキ参詣」より)。

 今月初め、手持ちの「Olympus E-P1」のボディを下取りしてもらい、「E-P2」のブラックを購入。ついでにレザーのカメラーケースも購入。こうなると、付属のストラップでは見栄えが悪いことに気づきます。なにか、レザー製で良いストラップはないかと探し求め、結局、数日間迷って迷って回り道してOlympusサイトのロングストラップを購入。言わば正規ストラップ。ペンは本当にレザーが似合うなあと思います。

 けれども、これも欲しかった。「Camera People Store」で売られているレザーのストラップ。使いやすそうだし、カメラも引き立ちますね。写真を撮るのが楽しくなりそうなストラップです。

 我が旧サイト「Photos Symphony」の中で“ユリノキ”の写真を紹介しています。これは東京国立博物館の中庭にあるユリノキ。

 どういうわけかここ数年、正月になると東京国立博物館を詣でる、参詣するといった私個人の行事があります(笑)。

 そして何よりまず、このユリノキを見上げる。

 幹から枝葉への無数の複雑な流線が、まるで動物の毛細血管のようで、しばしうっとりとしてしまうのです。私は勝手に、これが博物館そのものの“ご本尊”だと思っています。

 というわけで来年の初っぱなには、博物館を訪れようかなと。冬空の上野の公園をちまちまと散歩するのも、私の大好きな行程です。

 もちろん、オリンパスペンを片手に!

コメント

過去30日間の人気の投稿