開高健と『洋酒天国』

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年7月12日付「開高健と『洋酒天国』」より)。

私が蒐集した小冊子『洋酒天国』
 私の好きな作家の一人、開高健氏が昭和30年代に発行し続けた『洋酒天国』という小冊子。これを私は個人的にここ数年間、ちまちまと蒐集してきました。

 ブログやホームページを通じて、この類い希なる“珍本・豆本”『洋酒天国』について触れたいと思っていましたが、蒐集に“一定の目処”がつくまで話題には触れまい、と閉ざしていました。

 『洋酒天国』は昭和31年(1956年)創刊。サントリーの前身である「壽屋」の宣伝部にいた開高健氏が坂根進氏、柳原良平氏らと協力して編集した、《酒》にまつわる大人向けのPR誌(発行は洋酒天国社)。かつてはトリスバーに置かれていたようです(因みに、当時の頒価20円)。開高健氏独特の情趣で酒とエロスの話題に富む一級のコラム集である…というのが私の持論。さらにグラスを片手に、この萎びた古本に読み耽るのが、本物の大人の嗜みである…と嘯き豪語させていただきます。

コメント

過去30日間の人気の投稿