投稿

☞最新の投稿

幻の性訓書のこと

イメージ
【「性書・性文献の読み方 女のテッペンから爪先まで」】  鈴木清順監督の映画、“(大正)浪漫三部作”と称された『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』 『夢二』 を心から堪能するべく、セクシュアルな教養を身につけるため、方々から連関した知識を掻き集めている次第である。  第1弾でお伝えした 「性のクロスワードパズル」 を開発した梅田晴夫氏の名著『ひまつぶしの本 無我夢中に楽しむ法』(KKベストセラーズ/1974年初版)には、もう一つ、とくに刮目しておきたい知識がその古書の中に温存されたままになっていたので、これについて掘り起こしてみたい。ただし、今回は少々短めにまとめることにする。 ⚥島津家の性訓書?  『ひまつぶしの本 無我夢中に楽しむ法』に、多少露骨なタイトルながら、「性的人間の愉しみ●SEX短小事典」という章がある。  その副題が、「性書・性文献の読み方 女のテッペンから爪先まで」となっていて、性関連の古典的な文献から、エッセンシャルなテクストやキーワードをピックアップしたページとなっていて、これはまことに興味深い。私自身、“性書”と聞いて第一に思い出すのが、古代インドの“カーマスートラ”(愛欲の経典)の文献である。が、第一に思い出す反面、中味についてはほとんど詳しく知らない。古今東西の厖大な“性書”に関して、一般人の教養や知識は残念ながら、全く追いついていないものなのではないだろうか。  梅田氏は、こんなことを述べている。   《性及び性器》 に関心を持つことは、 《わが国では今日依然としてそれはタブーであり、それを公然とすることは禁じられてもいるし、また一般に躊躇されているのが現状である》 。冒頭でわざわざこんな断りを入れるくらいに、日本人の性に対する知識は追いついていないのが現状で、初版が出た昭和49年当時において、今よりもはるかにそれは恥ずかしいもの、タブーであるという風潮があったと考えられる。  さらに、こうも述べている。  ――ローマのヴァチカン図書館には25,000冊にのぼる性文献があり、プリントも100,000種所蔵されている。英国の大英図書館には20,000冊。キンゼイ報告で知られるアメリカのインディアナ大学の性研究所には、15,000冊の文献が蒐集されている――。  この梅田氏の説明における具体的な数字は、いったいどこで調べ上げられたのであろうか

学生文芸誌『どん』と遊郭について

イメージ
【千代田工科芸術専門学校・芸術課程の学生文芸誌『どん』】  私の母校の千代田工科芸術専門学校(東京・台東区)の学生文芸誌『どん』第15号(1992年春季特別号)については、鈴木清順監督の映画 『夢二』 の稿で既に触れた。この第15号には他にも、これはと思える興味深い記事があった。吉原の遊郭についての記事である。  堀江雄一郎・秋吉茂監修の「特集 『浅草』いま・むかし」という見出しの、25ページにも及ぶ長い記事がある。これは、浅草を舞台にした映画や文芸、軽演劇について詳しく述べられた貴重な資料といっていいのだが、とくに浅草の街がかつて――江戸から昭和にかけて――日本に誇る軽演劇の一大歓楽地であったことは、今の時代にもっと知られてよいのではないかと思われる。  この長い記事の中には――学生の文芸誌でありながら――驚くべきこととして、「江戸最初の遊女町」という吉原の遊郭についての稿があり、私は眼を疑った。これを書いたのは、当時マスコミ文芸科1年の、木内真希さんである。まことに丁寧かつ淡麗な文章を書き、清楚な趣もいくぶん感じられ、読み心地がいい。  千代田の学校から歩いても遠くない浅草界隈を題材に、しかも古き時代の遊女――主に吉原遊郭――云々の記述が含まれていたことは、監修者の面目躍如ともいえよう。しかしながら、それにしても、取材した木内さんのそこはかとない執筆意欲を想像すると、学生の域を既に超えていたのではないか。並大抵の努力では結実しえない文体の記録。言うなれば、プロフェッショナルの考えを持った人だったようである。  学生の身分として、既に文化人としての素質があった木内さん。避けようと思えばいくらでも避けられたであろう吉原の遊郭についてどっぷりと調べ、プロ顔負けの記録を挙げている。ジャーナリストとしての健全性も感じられ、史実を炙り出す度胸の、そういった心構えが、文面から窺えるのであった。  私はこの間、鈴木清順監督の“(大正)浪漫三部作”について掘り下げるべく、学生文芸誌『どん』を何年ぶりかで開いた。  この「江戸最初の遊女町」が目にとまり、これを無反応に通り過ぎるのはいささか気が引ける。したがって、いまここで、これについて触れることとしたい。多少、三部作の稿がまとまるまで時間を要してしまうのは申し訳ないが、ご容赦願いたい。 【「特集『浅草』いま・むかし」にある「江戸最

鈴木清順『夢二』に挑んだ十九歳の投光

イメージ
【学生文芸誌に記された鈴木清順考なるものとは?】  鈴木清順監督の、“(大正)浪漫三部作”――『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』『夢二』の映画にふれるその第1弾。――『夢二』。   大正浪漫 の画家として知られる竹久夢二。その夢二を主人公に、あてどない肉欲と隠微な遊戯の混沌とした幻世界を描いた映画『夢二』は、私の心を強く魅了する。1991年5月公開。原作は無く、脚本は田中陽造。主演は沢田研二、毬谷友子、宮崎萬純、広田玲央名、長谷川和彦、原田芳雄、5代目坂東玉三郎、大楠道代――。  この『夢二』の話をするにいたっては、事前に多少、個人的な経歴なりエピソードなりを添えておかなければならない点をご容赦願いたい。  今年の2月、長年続けていたFacebookを退会。母校の恩師ならびに同窓生の方々との邂逅交流も、今はすっかり途絶えてしまっている。Facebookでは、ごく当たり前に日常的に、何かしら活動される様子のあれこれをつまみ取ることができたが、今はそれが不可となり、その点においてしごく残念に思っている。  私が1993年春に卒業した母校――東京・台東区上野にあった 千代田工科芸術専門学校 ――は、主にマスコミやマスメディアでクリエイティブな専門職に就くための知識と技術を学ぶマンモス校であった。最盛期にかかわらず、多くの著名なクリエイターを輩出した。  卒業して30年。もはやこの学校の沿革だとか学課に関する仔細が、記憶的に曖昧になりつつある。この学校について不正確なことを書くわけにはいかないので、当時の学生必携を参考にし、いくぶん書き留めておく。   千代田工科芸術専門学校 の専門課程は、大きく3つに分かれていた。工業課程と写真デザイン課程と芸術課程。そのうち、私が在籍していた芸術課程だけでも、さらに7つの科に分岐していた。放送芸術科、音響芸術科、映画芸術科、演劇・ミュージカル科、マスコミ文芸科、宣伝クリエイティブ科、ポップミュージック科。私は、ここの[音響芸術科]を卒業した(ちなみに工業課程には、音響技術科があって、たいへん紛らわしくややこしい。学ぶ内容はまったく異なる)。  工業課程と写真デザイン課程の分科については、まことに恐縮ながら、清順監督の話と直接関係がないと思われるので、割愛させていただく。  当時の在籍者の学生総数を示すのは、なかなか難しい。それぞれ1学年

性のクロスワードパズル

イメージ
【梅田晴夫著『ひまつぶしの本 無我夢中に楽しむ法』】   別稿 で、鈴木清順監督の、いわゆる“(大正)浪漫三部作”(『ツィゴイネルワイゼン』『陽炎座』 『夢二』 )の映画について書き下ろそうと思っている。  個人的にこれは、長年の夢であった。若輩の20代の時分に、この3つの作品を頭に刻み込んで制覇しよう――などと思いついたものの、ほとんど手を付けられずにいた(当ブログ 「ヘチマコロンから思い出すこと」 参照)。余談になるが、個人的に関心があったにもかかわらず、手を付けられずにいた映画は他にもある。佐野史郎さん主演の石井輝男監督の『つげ義春ワールド ゲンセンカン主人』である。  鈴木清順監督の三部作について書き連ねる前に、かの時代(1912年~26年の大正時代のあたり)の日本人の文化やセクシュアリティ、風俗について、ある程度知識が必要ではないか――という考えで、そうしたことに関連した文献を調べ始めた。ところがこれが困ったことに、大正期の一般大衆の文化やセクシュアリティに関する書物等は、全く茫々たる湖沼(あるいは内海)と化しており、原書自体が存在していることも多々あって、いったいどこから手を付ければいいのか、逆にペンを書き進めることができずに、窮地に立たされてしまったわけである。  「ペンを書き進めることができず」という言い方は、調べのメモに限った話であって、半ば比喩である。ドラフト以降は「文字を打ち込むことができず」というのが正しい表現になる。  そんなことはともかく、いわゆる「大正浪漫」(これは「大正ロマン」としてもいいし、「大正ロマネスク」と言い換えてもかまわない)に括られる、大正期のセクシュアリティと風俗に関しては、その様態なり様式なりを、江戸東京学の観点で鋭角的に絞らざるを得なくなった。しかも「大正浪漫」という観念の通奏低音は、現代にいたるまでその仔細が伸びていて、枚挙に暇がない。  昭和の戦後から今日の令和にいたっても、その和洋折衷の文化的素地が、気づかぬところで社会的な影響を及ぼしていることがあり、あらためて驚かされる。その一種の現象が、近年においては、大正期を描いた吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』ブームとしてにじみ出ている。  近年――という括りを解いてしまえば、幼児や子ども向けのお菓子のパッケージに、その「大正浪漫」の文化が面々と受け継がれていることに気づくだ

伴田良輔『眼の楽園』―インコと女の子

イメージ
【伴田良輔『眼の楽園』より、ある女の子の貼紙をデジタル画像化】  いつか死ぬまでに、本気で会いたいと思っている大師匠の文芸作家・伴田良輔氏の名著の数々を綴っている私の趣味周辺においては、世の中のデカダンスも喜劇に過ぎず、キザなアフォリズムの一句を吐く紳士の“社会の窓”が、思いがけず開けっぴろげであることにも当人が気づかないような、そんな無垢なる滑稽さの哀憐に思いを馳せ、鋭敏に物事に触覚するようになった次第である。次第に。次第に。  ある事ない事を詰め込んだヴィジュアリズム文芸の極めつけ『眼の楽園』(河出書房新社)が、まさに私の座右の銘となって、全神経の触覚を可能な限り機能させてくれる。そう、私は鍛えられているのであった。 「社交と礼儀」 に続いて今回が2回目である――。 ➤インコをさがす女の子 《×月×日 マンションから駅に向かう途中の電信柱に、「インコをさがしています。きいろとくろとあおとくろのインコです。どうかさがしてください」と手書きの貼紙。「こまったな はやくかえってきて」という吹き出しのついた自画像が、困ったという感じがにじみ出ていて、じつにイイ。ついキョロキョロとあたりを見回して、インコではなく、その女の子をさがす目付きになってしもた》 (伴田良輔著『眼の楽園』「謎の奇音」より引用)  本に掲載されていたその写真を、私が勝手気ままにキャプチャーしてシェイプ化し、鮮明なるテクスト&イラストに仕立てたのが、上の画像である。まさかその子も、自分の描いた貼紙が当時、伴田氏の所有する禍々しいカメラで写真に撮られ、ある事ない事を詰め込んだヴィジュアリズム文芸本『眼の楽園』に掲載されるとは、思ってもみなかっただろう。  ましてやそれから30年後、再びその貼紙が、こうしてデジタル・キャプチャーされ、堂々とウェブ上に晒されるとは、思ってもいなかったはずだ。今となってはその子も、四十に手の届くくたびれた《大人》になっているに違いない。そうであるけれども、伴田氏が言うのとは裏腹に、その子が果たして、“女の子”だったかどうかさえ分からないではないか。  ただし、本に掲載されていた写真の下部が、もしかすると、絶妙にトリミングされていて、おそらくそこに、これを描いた子の名前なり電話番号なりの個人情報が書かれてあって、なんとかジュンコちゃんとか、なんとかエツコちゃんとか、なんとかマユ

『ムンメル』のこと

イメージ
【フランシス・ヴェスティン著/北沢杏子・文『ムンメル』】  手前味噌でたいへん恐縮なのだけれど、Utaroの性教育に関するスペシャル・サイト [男に異存はない。包茎の話。] のアクセス数が、ここのところ継続して伸びてきている。更新の頻度がゆるめなのにもかかかわらずである。  そもそもこのサイトを開設したきっかけは、自分自身のセクシュアリティに関する教養の無さを補充(補習)するためであり、教養の無さの根源のところに――おそらくそれほど的外れな見解ではないと思われるが――日本の公教育の現場において、性教育がほとんど発達していなかった時代(世代)の受け手だった側面がある。  今日の時代は果たしてどうであろうか――。各学校の裁量に任されているといった感じで、どこの町で暮らしていても、公平に質の良いセクシュアリティ教育がおこなわれているとは、とても言えないのではないか。つい先日、 「おうち性教育」 に関するトピックを更新したけれど、世界の中で日本は、性教育(包括的セクシュアリティ教育)の後進国であることをあらためて自覚しなければならないだろう。 ➤『ムンメル』のこと  では逆に、性教育が発達している国はどこですか? と聞かれたら――以前なら、スウェーデンと答えただろう。いろいろと各国の実情を調べていくと、今ではオランダ――を挙げるのが的確かも知れない。  ――そう、ここでは、ある一冊の本を掲げたい。  スウェーデンの作家(社会活動家でもある)フランシス・ヴェスティン(Frances Vestin)と、ドイツ出身の写真家ホルスト・テューロスコルピー(Horst Tuuloskorpi)による性教育のための本“Mummel―en ny människa”(1970年刊)は、訳者・清原瑞彦氏らの日本語口訳を北沢杏子氏が文章化し、かつて涙ぐましい努力をして国内で1975年に出版されたその日本語版『ムンメル―なぜ子どもを生むのか』(アーニ出版)というタイトルで知られている。  88年には“悲願の”というべき改訂版(無修正版)が出た後、今でもこの本は、性教育のための著名な一冊として、ごく普通に流通されている。ちなみに70年代当時、この本の原書は、スウェーデンとデンマークの、“高校生の性教育のための副読本”であった。  いま私は、この本が幸いにして国内で出版された価値について――つまり、私

シノゴの伴田良輔―ふくよかな「休暇論」

イメージ
【伴田良輔著『愛の千里眼』のエッセイ「休暇論」】  アーネスト・ヘミングウェイの『移動祝祭日』(“A Moveable Feast”)の本を開くと、こんな文章がある。 《もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だからだ》 ――。なんとも風雅で、頽廃的な妖しさすら漂う。実にヘミングウェイらしい文言である。  そんなようにして風雅に、見事に若い頃、フランスに放浪し、「その後の人生」をそれらしく生き抜いている人物がいる。我が愛しの作家・伴田良輔氏のことだ。もはや私にとって彼という人物は、ある意味における生涯の友、あるいは「運命の人」なのかも知れない。全くもって妖しげな刊行物のロジスティックスに迷い込み、それでいながら心地良く伴田良輔ワールドのひだに官能を覚える――。こうして私はまた、伴田氏のたぐいまれなる感性の鉱脈を探検し、ひとりでほくそ笑むのであった。 ➤文豪の略歴比較  私はある日、おもむろにコーヒーを味わいながらキーボードをたたき、こんなものを作図してみたのだった。タイトルは「文豪の略歴比較」。  『日はまた昇る』や『誰がために鐘は鳴る』で知られる文豪ヘミングウェイの略歴と、『愛の千里眼』や『眼の楽園』といった著書で性のアフォリズムを貫いた、セクシュアル文豪作家兼文学者――日本を誇る伴田良輔氏――の略歴とを、比較検討してみようというわけである。 《シカゴ近郊生れ。1918年第1次大戦に赤十字要員として従軍、負傷する。'21年より'28年までパリに住み、『われらの時代』『日はまた昇る』『男だけの世界』などを刊行。その後『武器よさらば』、短編「キリマンジャロの雪」などを発表。スペイン内戦、第2次大戦にも従軍記者として参加。'52年『老人と海』を発表。ピューリッツァ賞を受賞。'54年、ノーベル文学賞を受賞。'61年、猟銃で自裁》 (ヘミングウェイ『移動祝祭日』の略歴より引用) 《1954年京都生まれ。十代の頃より世界各地を旅する。ピアニスト、宝石デザイナー、レーサー、定食屋経営、いけ花師範などを志すが、いずれも果たせず編集者に。趣味はフランスでおぼえた球技ペタンク。『独身者の科学』(河出文庫)により突如、ユニークなライターとして登場した》 (伴田良輔『

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

高校で学んだ「清光館哀史」

鈴木清順『夢二』に挑んだ十九歳の投光

恐怖の心霊写真ふたたび

リルケの駆け落ち話