スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2004の投稿を表示しています

☞最新の投稿

伴田良輔の「震える盆栽」再考

作家でありセクシュアル・アートの評論家でもある、伴田良輔氏の様々な文筆作品に目を通す機会が多かった私は、その最初に出合ったショート・ショート作品「震える盆栽」の妖しげで奇怪なる感動が今でも忘れられない。それはもう、かれこれ27年も前のことになるのだった。  この「震える盆栽」については、当ブログ「『震える盆栽』を読んだ頃」(2011年2月)で書いた。いずれにしても27年前の“異形の出合い”がなければ、その後私はセクシュアル・アートへの造詣を深めることは無理であったろう。敢えてもう一度、この作品について深く掘り下げてみたくなった。あの時の、邂逅のエピソードからあらためて綴っていくことにする。
§
 「震える盆栽」を初めて知った(初めて出合った)のは、90年代初め。私はその頃上野の専門学校に通っており、まだ20歳になったばかりの時である。  ある日、授業の合間に学校を抜け出て、入谷方面へと散歩に出掛けた。交差点近くの所に来て、小さな書店を見つけたのだった。暇つぶしにこれ幸い、とその店に駆け込んだのだけれど、今となっては、その場所も、店の名前もまったく憶えていない。――ちなみに後年、鬼子母神(真源寺)のある入谷におもむいて、この書店をしらみつぶしに探したことがあったが、見つからなかった。既に閉店していた可能性もある。  私は、ありとあらゆる理由を考えた末に、結局、あの書店はもともと狐なるものが経営していて、ある日忽然と消えてしまったのだ、と信じて已まない。そういえば店主は、細い目をしていたような――。
 閑話休題。さて、その書店に入ったはいいが、真っ昼間で他のお客は誰も居なかったのだった。だから店内はしーんと静まりかえっていた。この狭い空間に、店主と私二人きり。何かUSENのBGMくらいかけておいて欲しい…。雰囲気としてはとても堪えられそうになかった。そう思ってしまったのは、なんとも若気の至りであった。
 若気の至りほど感覚的に懐かしいものはない。今の私なら、そういう小さな商店に足を踏み入れて、場の悪い空気にさらされたとしても、何ら平気。何のためらいもなく居続けるに違いない。え、客は私ひとりですが、なにかそれが問題でも?――。店主に話しかけられようが何だろうが、ずっと居座り続けるに違いない。尤も、長い時間読みたくなるくらい面白い本がそこにあれば、の話だが。  年を取…

ラ・ギャラクティカのこと

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2004年「ラ・ギャラクティカのこと」より)。
 私はプロレスが好きだった。今でこそ見る機会がなくなったが、相当プロレスにのめり込んでいた時代があった。
 プロレスが格闘技と合わせ鏡になる以前のプロレス――いわゆる「昭和のプロレス」――が、私は好きだ。  すなわち、女子プロレスである。神取忍の時代でもなければ、クラッシュギャルズ全盛時代やビューティペアの時代でもない。  小柄な白覆面レスラー「ラ・ギャラクティカ」のことである。私は不意に、ラ・ギャラクティカのことを思い出した。おそらく彼女は、南米人ではなかったか。
 日本におけるラ・ギャラクティカの最大のライバルといえば、ジャガー横田だろう。  ジャガー横田は、昭和56年2月25日、王者・ジャッキー佐藤を破り、第29代WWWA世界選手権者となる。その後、ジャガー横田は、ベギー・リー、ダイアン・ホフマン、ジュディー・マーチン、モンスター・リッパー、デビル雅美らの挑戦を退ける。  さらに、ウェンディー・リヒーター、マスクド・ユウを破り、通算7度のWWWA世界王座防衛に成功する。
 昭和58年5月7日、神奈川・川崎体育館にて、ジャガー横田は、WWWA世界選手権並びに、髪切り・覆面剥ぎデスマッチ(女子では初)として、ラ・ギャラクティカ戦を迎える。ジャガーが負ければその場で髪を切り、ギャラクティカが負ければ、覆面を脱がなければならないのだ。
 しかしジャガーは、強敵ギャラクティカに破れる。王座を失い、髪も切られる。ギャラクティカは、白覆面を流血の赤に染め上げ、ジャガーとの死闘を見事なまでに演じた。
 翌月には、再びジャガーとギャラクティカが相対峙。そしてジャガーが王座に返り咲くわけだが、この後、女子プロレスの時代は、若手だったクラッシュギャルズ(長与千種とライオネス飛鳥)が台頭し、極悪同盟・ダンプ松本らとの日本人対決が主流となっていく。いわゆる「クラッシュ・ブーム」だ。  つまり、「日本人対外国人」というイデオロギーの構図は、ジャガー横田売り出しの千両役者となった、ラ・ギャラクティカあたりの試合が晩年期となり、以後、外人レスラーが日本国内において、大きな選手権試合に名を連ねる機会は激減する。出稼ぎ外国人女子レスラーは、大きな檜舞台を失ったことになる。
 何…