投稿

1月, 2004の投稿を表示しています

☞最新の投稿

家庭の医学―新赤本のこと

イメージ
昭和50年代初め、私がまだ幼少だった頃、団地住まい(当ブログ「ボクの団地生活」参照)の部屋の片隅で、真っ赤に染まった分厚い本を開いて眺めるのが、私は好きであった。それは、『保健同人 家庭の医学』(保健同人社)という本である。これを通称、“新赤本”と呼ぶ。ネットで情報を共有するのが当たり前になった21世紀の今日においても、各家庭に一冊、この手の医学書が書棚に据え置かれている世帯は、決して少なくないのではないか。  ――昭和50年代初めというと、たいへん古い話で恐縮である。その頃、女性アイドルグループのキャンディーズ(伊藤蘭、藤村美樹、田中好子)の全盛期であり、テレビなど各メディアで大人気・大賑わいだった彼らが、突然解散発表をするのが昭和52年の夏。翌年の春に東京の後楽園球場にて、いわゆる伝説の“ファイナル・コンサート”をおこない、お別れするのだが、まさにその頃、キャンディーズを映していたブラウン管の隣に、我が家ではどういうわけか、分厚く重たい百科辞典が数種、書棚に鎮座していたのだ(当ブログ「新しい造形と美術」参照)。それらに連ねて“新赤本”がそこに、置いてあったわけである。
 もちろん、幼少だったから、字が読めるわけではなかった。“新赤本”を開くと、あらゆるところに図表やイラストがあり、モノクロの写真が掲載されていた。私は主に、視覚に飛び込んでくるそれらを眺めて楽しんでいたのだった。写真などは特に、医学書の特性として省くことのできない、少々グロテスクな被写体が刺戟的だったりするのだけれど、それ以外にも、書籍としての体裁の部分において、例えばレイアウトの軽妙さであったり、色彩の調子がちょっと心理的に心地良かったり、そういう部分でも視覚に飛び込んでくるディテールの情報として、大いに楽しんでいた――ということになる。  こうした体験が結局、幼少期の感覚的な体験の記憶となって、大人になっても忘れられずに残っていて、ごく最近、それが懐かしくなってこの本を古書店から買い求めてしまい、再びあの体験を復号する喜びを味わえたのだった。いったい“新赤本”=『保健同人 家庭の医学』とは、どのような本だったのか、紐解いてみたい。
§
 1954年(昭和29年)に日本で初めて“人間ドック”という検診システムが開発され、その後徐々に、この画期的な新しい検診システムが一般に浸透していった功績が、最も有名…

ラ・ギャラクティカのこと

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2004年「ラ・ギャラクティカのこと」より)。
 私はプロレスが好きだった。今でこそ見る機会がなくなったが、相当プロレスにのめり込んでいた時代があった。
 プロレスが格闘技と合わせ鏡になる以前のプロレス――いわゆる「昭和のプロレス」――が、私は好きだ。  すなわち、女子プロレスである。神取忍の時代でもなければ、クラッシュギャルズ全盛時代やビューティペアの時代でもない。  小柄な白覆面レスラー「ラ・ギャラクティカ」のことである。私は不意に、ラ・ギャラクティカのことを思い出した。おそらく彼女は、南米人ではなかったか。
 日本におけるラ・ギャラクティカの最大のライバルといえば、ジャガー横田だろう。  ジャガー横田は、昭和56年2月25日、王者・ジャッキー佐藤を破り、第29代WWWA世界選手権者となる。その後、ジャガー横田は、ベギー・リー、ダイアン・ホフマン、ジュディー・マーチン、モンスター・リッパー、デビル雅美らの挑戦を退ける。  さらに、ウェンディー・リヒーター、マスクド・ユウを破り、通算7度のWWWA世界王座防衛に成功する。
 昭和58年5月7日、神奈川・川崎体育館にて、ジャガー横田は、WWWA世界選手権並びに、髪切り・覆面剥ぎデスマッチ(女子では初)として、ラ・ギャラクティカ戦を迎える。ジャガーが負ければその場で髪を切り、ギャラクティカが負ければ、覆面を脱がなければならないのだ。
 しかしジャガーは、強敵ギャラクティカに破れる。王座を失い、髪も切られる。ギャラクティカは、白覆面を流血の赤に染め上げ、ジャガーとの死闘を見事なまでに演じた。
 翌月には、再びジャガーとギャラクティカが相対峙。そしてジャガーが王座に返り咲くわけだが、この後、女子プロレスの時代は、若手だったクラッシュギャルズ(長与千種とライオネス飛鳥)が台頭し、極悪同盟・ダンプ松本らとの日本人対決が主流となっていく。いわゆる「クラッシュ・ブーム」だ。  つまり、「日本人対外国人」というイデオロギーの構図は、ジャガー横田売り出しの千両役者となった、ラ・ギャラクティカあたりの試合が晩年期となり、以後、外人レスラーが日本国内において、大きな選手権試合に名を連ねる機会は激減する。出稼ぎ外国人女子レスラーは、大きな檜舞台を失ったことになる。
 何…