☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

レコードを買う

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2004年2月7日付「レコードを買う」より)。

 初めてCDプレーヤーを買ったのは、中学1年か2年の頃。わざわざ秋葉原まで足を運び、6万くらいで買ったNEC(?)の据え置きタイプ。もう18年以上前になるのだが、なんと去年まで、部分的に故障していたにもかかわらず現役だった。
 イジェクトを押してもトレイが開かず、指でこじ開けていたが、さすがに指にマメが出来ても開けることができなくなったので、処分した。(別にこれ1台でCDを聴いていたわけではない。驚く事なかれ。)お役目ご苦労さん。

 中学1、2年に最初のCDを買ったとなると、それ以前は当然レコード。地元には、3、4件めぼしいレコードショップが点在していた。イトーヨーカドー内のレコード店舗はよく出入りした。レジの置かれたガラス張りのショーケースには、レコード針とレコードクリーナーがある。店舗奥は、カセットテープと8トラ。店内の雰囲気は、今のCDショップとはまるで違う。
 私がよく買うのは、シングル盤で、アルバムはほとんど買わなかった。ビーチボーイズの旧譜アルバムのジャケットに目を奪われたこともあったが、買うには至らなかった。それでも当時、勇気を出して思い切って買ったのが、谷村新司の『伽羅』というアルバム。「浪漫鉄道」という曲のシングル盤は持っていたのだが、彼のラジオ番組での宣伝文句に載せられて、アルバムの方も買ったのだ。

 欲しいレコードがあると、電車を乗り継いで、デパートのレコード店に行くこともあった。レコードを買うということは、私にとってそういうことだった。FMラジオを聴き、雑誌「FMレコパル」を購読し、気に入った曲があったらレコード店に足を運び、レコードを「探す」。
 余談。CDのPP袋は、真新しく綺麗なのがほとんどである。だがあの頃のレコードを包んでいたPP袋は、埃と手垢にまみれ、薄汚れていた。レコードを探す際、いつも指先が灰色になり、それがいやだったことを覚えている。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真