☞最新の投稿

チャップリン映画の麗しき追憶―『モダン・タイムス』考

イメージ
39年前の1981年7月29日の夏――。映画評論家の水野晴郎氏が名口調で映画を解説するテレビ番組『水曜ロードショー』を、その日、まだ小学生だった私が、夏休みの最中で“観ていたかも知れない”という仮説をもとに、当時放映されたチャールズ・チャップリン監督の映画『モダン・タイムス』(“Modern Times”)をもう一度追体験するべく、ごく最近、それを観たのだった――。番組のテーマ曲である高らかなニニ・ロッソのトランペットを聴きながら、少年時代の映画三昧の日々が思い起こされる(当ブログ「水曜ロードショー―少年は夜の映画に花開く」参照)。
 チャップリンの映画を観たのは、本当に久しぶりで、いったい何年ぶりとなるのだろうか。在りし日の『水曜ロードショー』の懐かしみと、溺愛するまでにチャップリン映画に傾倒していた少年時代への追憶とが相まって、それは実に感慨深いものであった。  あの頃、各局が放映する年間の一定量の映画コンテンツの中で、チャップリン映画“連作”というのは、いわゆる、大衆が好む“プログラム・ピクチャー”だった。そのことが反映して、私が幼少期から少年時代にかけて、どれだけチャップリンの“活劇”を観る機会があったか――。思い起こせば、何と贅沢な、貴重な映画三昧の日々であったか、ということである。むろん、チャップリン映画のそれぞれの作品の、それぞれのシーンが生々しく甦ってくるのだけれど、それだけではなく、彼のマイムのリズムとテンションというものが映像を通じて、私の身体にも宿って連動し、その体内記憶を保有したまま、今も尚そのアクションの発動が、身体から立ち起こることがあるのである。それくらいあの頃、チャップリン映画にこだわってよく観ていたのだった。
§
 アメリカ・カリフォルニアのミューチュアル社で製作された頃の作品、すなわち1916年以降のチャップリン作品群に登場する、愛すべき“紳士”=放浪者チャーリーは、まさしくスラップスティックな存在でありながら、演じたチャップリンが若かったせいか、まだどこか未成熟な品格ゆえの、利己主義的なえげつなさを醸し出すアクションが垣間見られた。ハリウッドのファースト・ナショナル社における1918年以降の作品から『偽牧師』(“The Pilgrim”1923年)あたりになると、そうしたえげつなさは徐々に消えてなくなり、チャーリーの愛くる…

大阪万博と万国博覧会

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2004年7月18日付「大阪万博と万国博覧会」より)。

大阪万博再考

 谷口千吉監督の『日本万国博』は私のお気に入りの映画である。さらに最近、大阪万博の大判の写真集を入手したので、その強烈な色彩美とデザインアートを堪能することができた。もう時間を忘れて、食い入るように見てしまう。万国博に寄り集まったスポンサーの広告などは、とくにデザインが洗練されているものが多く、今日的に凝り固まった視覚性を、根底からひっくり返してくれる。色彩による予定調和や安定志向は、時代によって変化するが、過去にさかのぼって色彩を確認していく作業は、写真を撮る者にとって、非常に大事なプロセスだと思う。大阪万博に集結した、ありとあらゆる色彩及びデザインは、まさにその時代背景を象徴し、その時代の予定調和と安定志向を無自覚に表現しているのだ。

19世紀の万国博覧会

 さらに「万国博」にはまっている。東京・上野の東京国立博物館・平成館にて、『世紀の祭典 万国博覧会の美術~パリ・ウィーン・シカゴ万博に見る東西の名品~』という特別展が催された。

○1867年 幕府・薩摩藩・佐賀藩が「パリ万博」に参加。
○1873年 「ウィーン万博」に日本国として参加。
○1893年 「シカゴ万博」に参加 日本の工芸が美術品として評価される。

 会場には西洋・東洋の美術品が展示され、当時の万博会場の一部のような雰囲気で、大変見応えがあった。例えば、パンフレットなどにも紹介されているのだが、シカゴ万博に出品された林喜兵衛・他作の「七宝桜花群鶏旭日図大香炉 (しっぽうおうかぐんけいきょくじつずだいこうろ)」は、絢爛豪華な造形と大胆なデザインを施した名品であるし、岡崎雪声作の「執金剛神立像 (しつこんごうしんりゅうぞう)」などは、実際に間近で見ると、大振りな中に繊細さが秘められていて、強い威圧感のある作品である。私が興味を持ったのは、日本の香箪笥で、その小さな箱に、線と面の文様のアートが凝縮されており、見ていて飽きなかった。また、実用としての役割がアートの領域と絶妙なバランスを取り、その役割が必ずしも希薄ではないのが特徴だ。私の「カメラが好き」というのも、多分似たような理由だからだろう。

万国博とは何か

 万国博とは、科学と結びついた人類省察の空間であり、人と文化の出会いの空間でもある。そしてまた、祭りであり、イベントであり、教育学習に奨励される大きな枠組みである。日本国に特定して言えば、19世紀の万博を生で経験して、良くも悪くも――といった表現は不適切かもしれないが――20世紀1970年の大阪万博に行き着いた。その巨像を〈見る・訪れる〉ために、国家総動員的に体制が張られ、日本人の多くは、日常の何かをねじ曲げ、ねじ曲がったものを黙殺してきた。

 人類とは何か?
 「人類の進化と調和」という箴言的強烈なキャッチコピーを刻み込み、それを踏み絵にしながら、身体の全感覚的な記憶として、《人類》という壮大なテーマをありとあらゆる装置で抽象・具象化していった。言うまでもなく、そこからは諸々のアンチテーゼが派生していく。

  私は世代的に、1985年茨城県つくば市で開催された「科学万博」を体験した。中学校の教育学習の一環であった。中学生であった私は、やはりそこでの、マルチプル・スクリーンのたぐいや立体映像、全天スクリーンに目を奪われ、それ自体が科学の進歩なのだと思い込んだ。21世紀に突入し、そこで紹介された夢の科学は、ほぼすべてが実現化、実用化されているのではないだろうか。

 だがしかし、私が最も好きだったパビリオンは、夢の科学をうたったパビリオンなどではなく、「ダイエー館〈詩人の家〉」であった。今で言う“癒し”のパビリオンである。科学万博としてはかなり異端な存在感を示していた。19世紀の万国博は、物産陳列の現物主義であったが、20世紀の万国博で映像・写真がもてはやされ、現物主義の傾向が薄れた。本物を見る、本質を見るという最も重要な思索探求の手段が、21世紀の博覧会に問われているように思われる。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

さようならヨーカドー

拝啓心霊写真様

人生ゲームと約束手形