スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2008の投稿を表示しています

☞最新の投稿

90年代のフェティシズム―スピリチュアル・ヴァイブスとトリス

今宵は、酒と音楽と恋の話で妄想したい――。こんなテーマが、野暮で冗長でありふれた戯言すぎることを私はよく知っている。それでも尚、このテーマから背くことができないような気がする。好きな音楽、好きな酒、そして熱い恋の話。どう転び回って語り尽くしたとしても、それは陳腐極まれり――なのだけれど、もはや逃れることが不可能なようだ。酒場の片隅で友人にとうとうと語るというより、むしろ、踊り子達が退けた深夜の裏通りか何かで、ぽつりぽつりと雨が降り出した挙げ句、にわかに思い出して呟き始める過去の記憶のようなもの。網膜に映った一瞬一瞬の、そんな蒼茫たる調子の無益な話だと思って、潰せる時間があるのなら是非読んでいただきたいと願う。
§
 酒と音楽と恋に関して、まったくの個人史的な眺望から、“90年代”の10年間を振り返ってみたのだった。すると、前半の5年間は演劇活動にどっぷりと浸かり、後の5年間は、音楽活動で喘ぎ苦しんだ、という2本立てとなる。そのうちの後半のいずれかの頃、酒の本当の旨味というものをようやく知り始めた――ということになるのだろうか。ここで敢えて述べておくけれども、クリエイターにとって酒と音楽と恋とは、常にそれぞれが雑多に連動し、切り離せないものであるということを、確信を持って私は言いたいのである。  閑話休題。どちらかというと、後半の5年間の方が、心理的にも泥沼であったなということを思い返す。しかしながら、これら10年間をいくら振り返ってみても、客観的な「幸」と「不幸」を判断することはできないのだ。また、そんなレッテルを貼ってみたところで、ものの数秒で価値観はたちまち変わり、やはりすべて「不幸」であったと投げ遣りに思いかねないのだけれど、見方を変えれば、すべて「幸」であったとも思えるのである。決して不幸せな時間が長くは続いてはいなかった、と信じられる10年間であった、とも言える。だから、その手のレッテル貼りの判断は、よした方がいい。
 私が90年代に出会った音楽などは、すべからく自身の創作活動の肥やしとなっていたことは確かだ。ところで、ぴょこりと90年代半ばに現れた、一組のユニット、竹村延和(Nobukazu Takemura)氏とヴォーカリストの野中紀公子さんの「スピリチュアル・ヴァイブス」(Spiritual Vibes)に対しては、ある種の偏見とジェラシーと怨…

漱石の『草枕』

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2008年2月12日付「漱石の『草枕』」より)。
 『草枕』読了。漱石初期の小品で、何気ない自然の描写が冴えている。修辞の手本になった。「羊羹」の描写と含蓄が漱石らしく頗るいい。さほど好きでなかった羊羹が好きになってしまうほど。『草枕』では、そうした造形描写を丁寧に推し進めて、本質的な内面を極端に暈かしている。  〈20世紀を代表するものは汽車だ〉と強く断定した書き手の心情は、これからの世界が物質至上主義、資本主義経済などが極度にまで発展し、人間社会が大きく変革せしめられ、歪んでいく、退化する、ということへの警告と皮肉であろうか。しかし、主人公が東京を離れ、熊本の奈古井にまで旅をすることができたのも、また汽車のおかげである。その歪み始めた都会生活から逃れるためには、やはり汽車が必要であったのだ。ともあれ、明治の「芸術論」≒漱石の芸術論が浮き彫りになった文学であろう。  先の『草枕』における現代文明の歪みも旨みも、21世紀初頭は数珠つなぎであって、故に人情に揺れ動かされるのも現代文明の宿命である。そこに日本国土の一部分が加わるから、見る者はそれを叙情的という。
 ミレーの「オフィーリア」である。私にとってオフィーリアと言えば、シェイクスピアのそれではなく、夏目漱石『草枕』のオフィーリアである。  あっと思った。湖に浮かぶ女の死体。なるほど、ある種の美的官能は感じられるし、漱石が関心を寄せたのも頷ける。  それにしても、後景の植物の描写は凄まじい。美しい死の女性を描くため、ミレーはその高揚感を存分に揮発させるため、抑制的に繊細な後景を描いた。ぢりぢりと自己抑制し、官能を意識しながら、地味な作業に没頭した形跡。そして死の女性の描写の完成へと移り、自身をも快楽に耽ったのではなかったか。そんなふうに感じてならないのだ。
 さて、そこに「東京」がある。現代において、そこに超高層ビルがあろうとなかろうと、私の東京を見る眼は、もはやメルヘンチックな、遊園地の中の、少し頽廃したオブジェや絵画のようなものであり、その懐古趣味を含んだ江戸川乱歩の小説の世界である。それはそれでまたいい。何かそこに新しいものがあるという感覚は消えてなくなり、オルゴールの奏でる微細な音色にも似た、アヴァンギャルドとアナーキーがあるだけだ。…