投稿

9月, 2009の投稿を表示しています

☞最新の投稿

チャップリン映画の麗しき追憶―『モダン・タイムス』考

イメージ
39年前の1981年7月29日の夏――。映画評論家の水野晴郎氏が名口調で映画を解説するテレビ番組『水曜ロードショー』を、その日、まだ小学生だった私が、夏休みの最中で“観ていたかも知れない”という仮説をもとに、当時放映されたチャールズ・チャップリン監督の映画『モダン・タイムス』(“Modern Times”)をもう一度追体験するべく、ごく最近、それを観たのだった――。番組のテーマ曲である高らかなニニ・ロッソのトランペットを聴きながら、少年時代の映画三昧の日々が思い起こされる(当ブログ「水曜ロードショー―少年は夜の映画に花開く」参照)。
 チャップリンの映画を観たのは、本当に久しぶりで、いったい何年ぶりとなるのだろうか。在りし日の『水曜ロードショー』の懐かしみと、溺愛するまでにチャップリン映画に傾倒していた少年時代への追憶とが相まって、それは実に感慨深いものであった。  あの頃、各局が放映する年間の一定量の映画コンテンツの中で、チャップリン映画“連作”というのは、いわゆる、大衆が好む“プログラム・ピクチャー”だった。そのことが反映して、私が幼少期から少年時代にかけて、どれだけチャップリンの“活劇”を観る機会があったか――。思い起こせば、何と贅沢な、貴重な映画三昧の日々であったか、ということである。むろん、チャップリン映画のそれぞれの作品の、それぞれのシーンが生々しく甦ってくるのだけれど、それだけではなく、彼のマイムのリズムとテンションというものが映像を通じて、私の身体にも宿って連動し、その体内記憶を保有したまま、今も尚そのアクションの発動が、身体から立ち起こることがあるのである。それくらいあの頃、チャップリン映画にこだわってよく観ていたのだった。
§
 アメリカ・カリフォルニアのミューチュアル社で製作された頃の作品、すなわち1916年以降のチャップリン作品群に登場する、愛すべき“紳士”=放浪者チャーリーは、まさしくスラップスティックな存在でありながら、演じたチャップリンが若かったせいか、まだどこか未成熟な品格ゆえの、利己主義的なえげつなさを醸し出すアクションが垣間見られた。ハリウッドのファースト・ナショナル社における1918年以降の作品から『偽牧師』(“The Pilgrim”1923年)あたりになると、そうしたえげつなさは徐々に消えてなくなり、チャーリーの愛くる…

読書の秋に思うこと

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2009年9月23日付「読書の秋に思うこと」より)。
 来週は広島へと旅行するので、ここ数日間、スーツケースの中の荷物を用意したり整理したりして旅の空想に浸っています。
 いわゆる随筆集の小冊子である岩波書店発行の『図書』は、私の旅のお供をする必須アイテムになっていて、電車の中で随筆を読んだり、岩波書店の新刊・既刊の目録から欲しい本を探したりして、旅先の書店へ駆け込む重要な情報源なのです。
 私が個人的にインターネットを利用し始めてもう10年以上経過していますが、インターネットが読書に与えた影響ははかりしれません。
 例えば、一つの本を読んで何かしらの着眼点を発見し、メモをとる。インターネットがなかった時代(学生時代)では、ここでしばらく――いや、とんでもなく長い時間――メモはメモのまま沈滞してしまう。ところが、ネットがあるとそこで沈滞せずに検索をかける。すると新たな発見があり、別の本や人物に着眼してしまう。モノと人との情報が次々と繋がっていくので、発見は際限がなくなる。結果、読む本が何倍も増えていくのです。
 私が最近読み終えた本、村山富市・佐高信著『「村山談話」とは何か』(角川書店)の中で、〈穂積五一が主宰する至軒寮〉という記述に目が止まりました。私はここで「至軒寮」に興味を持ったのです。あの「村山談話」が生まれる背景には、当然、村山富市という人の生い立ちと経歴が底流としてあるわけですが、彼がその至軒寮にいた、というのであれば、そこでどんなことを吸収したのだろう、という興味と関心が生まれます。
《東大教授で憲法学者の上杉慎吉が大正時代に創立した私寮…》
《穂積五一が引き継ぎ、寮長となった…》
 至軒寮は今の新星学寮ですが、「天城山心中」だとか「穂積精神」「アジア」などといったキーワードに次々と繋がっていきます。こうなると、単純な興味の発端はやがて複雑細分化していく“調べ”となり、興味と欲求が尽きるまで、枚挙にいとまがありません。
 言葉の繋がりはモノや人との繋がりである、ということを考えると、読書における小さな叡智は、紙一重で毒にもなり幸福にもなるのではないでしょうか。

マーク・ロコと聖者サント

イメージ
※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2009年9月20日付「マーク・ロコと聖者サント」より)。
 かなりブログの内容がプロレスに染まってきています。それも初代タイガーマスク中心。懐かしい入場曲を思い出してみたり、その頃読んだ本を敢えて入手して貪り読んだり、とにかく執拗なまでに初代タイガーマスクに固執して、彼が活躍していた頃を思い出そうとしています。
 もちろん私が初代タイガーのファンであることは言うまでもありませんが、プロレスにのめり込んだきっかけとして、そのアイドルとして、タイガーマスクを追うことで自分の忘れていた子供時代の記憶を思い出したかったからです。
 昭和58年(1983年)の8月、タイガーマスクが事実上の引退をして、佐山聡に戻った。素顔をあらわした。タイガーマスクはもう見ることはできないのかというファンの未練と寂しさ、そして何故彼は引退してしまったのかという疑問、さらには佐山聡に期待すること、そういう一緒くたになった思いが、プロレス・アルバム『TIGER MASK Forever』の中に詰まっているような気がします。
 さて、このアルバムの中で、私が小学生の時分に見て、とても好きだった写真が2カットあります。
 左の写真は、サミー・リー時代にイギリスで闘うはずだったマーク・ロコとの対戦告知記事、右の写真は、シルバーのマスクを被ったエル・サントとのツーショットです。マーク・ロコは初代ブラック・タイガーであることは言うまでもありません。エル・サントとのツーショットの方は、どういう経緯でそれが実現したのか私はわかりません。うーん、もう一度コミック『プロレススーパースター列伝』を読めばわかるかも(笑)。

毒ガスの島

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2009年9月4日付「毒ガスの島」より)。
 つい何ヶ月か前に、朝日新聞朝刊の記事で、広島県竹原市の瀬戸内の島、「大久野島」について知りました。かつては“毒ガスの島”と呼ばれていた島です。
 そうして私は毒ガス島について興味を持ち、今月末、大久野島に行く旅行を計画しました。母方の実家が広島なのですが、私自身は高校の修学旅行以来、原爆ドームと平和記念公園を見ておらず、もう22年ぶりとなります。今回は“戦争”を旅行のテーマにして、大久野島と広島市内を歩くつもりです。
 まずは大久野島周辺区の地形図(2万5千分の1)を買い求め、武田英子著『地図から消された島 大久野島毒ガス工場』(ドメス出版)を読了しました。これで大久野島の地形に沿って、かつてはどのような施設が配置されていたかがわかります。さらに本を読んで大久野島における軍事史、戦前では多くの近隣住民がこの島で従事したこと、そして毒ガス傷害を負った被害者の経過のこと、国や自治体関係の補償問題などを大まかに知ることができました。
 8月15日付の私のブログで紹介した、岩波現代文庫の戦争関連書籍10冊。そのうち、『戦後日本の大衆文化史―1945~1980』と『ルポ 戦後縦断―トップ屋は見た』を抜かした8冊を先月購入しました(その2冊を抜かした理由に他意はありません)。
 それから、村山富市・佐高信著『「村山談話」とは何か』(角川書店)も購入。旅行の前にすべてを読めるわけではありませんが、近代の戦争史については、学習しておきたいと思っています。