投稿

1月, 2010の投稿を表示しています

☞最新の投稿

寺山修司が語る音楽とエロス

イメージ
【1983年刊、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』】  個人的にここしばらく文学や演劇に関しては、寺山修司に着目し、その周縁の人々や作品に没頭していたいと思った。ごく最近知り得たのは、寺山修司がエロス(肉欲から通ずる愛。性愛)について述べた言説である。寺山と民族音楽の造詣が深い小泉文夫とが、“対談”という形式で、音楽に係るエロスについてのディスカッションを編纂した、ある書籍の企画があった。1983年刊のサントリー音楽叢書③『エロス in Music』(サントリー音楽財団・TBSブリタニカ)である。  はじめにざっくりと、この本のシリーズ――サントリー音楽叢書――について解説しておく。1982年1月に、最初のサントリー音楽叢書①『オペラ 新しい舞台空間の創造』が刊行された。この本の主なトピックスとしては、ドナルド・キーン、山田洋次、大木正興らによる鼎談「オペラへの招待」や、坂東玉三郎と畑中良輔による対談「オペラVS.歌舞伎」など。同年7月には、第2弾となるサントリー音楽叢書②『1919~1938 音楽沸騰』が出る。2つの世界大戦に挟まれた時代の現代音楽をテーマとし、武満徹、諸井誠、山口昌男らによる鼎談「もうひとつの音楽を求めて」、柴田南雄と高階秀爾の対談「現代への投影」といった内容が盛り込まれている。  ところで詳しい経緯は分からないが、いくら調べてみても、1983年刊のサントリー音楽叢書③以降のシリーズは、見当たらないのである。どうもこのシリーズは、わずか2年の間のたった3冊の出版で打ち切りとなったようだ。  この事情を当て推量するならば、3冊目の『エロス in Music』の内容が、当時にしてはあまりにも、強烈かつ斬新すぎたのではないか――。しかし、その内容が決して的外れなものではなく、かなりエロスの本質に踏み込んだ、音楽との係わり合いについて多様な論客を結集した内容であったことは、言うまでもない。ちなみにこの本の表紙の画は、池田満寿夫氏の作品である。本中にも池田満寿夫と佐藤陽子の二人が、「音楽・絵画・エロス」と題し、随筆を寄稿している。 【本の巻頭を飾る対談「エロス in Music」の寺山修司】 ➽寺山修司とは何者か  では、サントリー音楽叢書③『エロス in Music』における寺山修司と小泉文夫の対談――“音楽の中のエロス”――に話を絞ろう。

ユリノキと土偶

イメージ
※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年1月13日付「ユリノキと土偶」より)。 【東博『国宝 土偶展』】  やや強風の晴天下、昨日は上野の東京国立博物館を拝観しました。  私が上野の学校に通っていた頃など、平日午前の恩賜公園や博物館は、人が疎らであったのに対し、今は平日も休日も関係なくひっきりなしに多くの人が訪れるようです。それでも昨日の午前は、穏やかな散歩日和の公園でしたけれども。  『国宝 土偶展』。  群馬県東吾妻町出土の「ハート型土偶」(縄文時代後期)には、懐かしい思い出があります。  私の小学生時代は、考古学や古生物学に関心を持つ友人が多く、グループで貝塚跡などを掘ったりしていました。ちょうど友人の家の近所が畑になっていて、埋まっている貝の臭気がすごかった。少し掘ると無数の貝が出てきて、土器の欠片が出てきたものです。  ともかくそんなことに夢中になっていた頃、親に連れられて埼玉県のさきたま古墳群を見学しました。  ここの駐車場に古びた売店があって、レプリカの土偶が売っていました。5センチほどの大きさのかわいらしいハート型土偶があったので、お土産にそれを買いました。  子供だった私は、本物の出土された土偶とレプリカとの違いも曖昧でして、家に飾ったハート型土偶は本物なのではないかと悩み始めました。あのお店は、古墳群の傍で、不法に本物を売りさばいているのではないか、私は間違ってそれを買ってしまったのではないか、という子供ながらの妄想(笑)。 【東博にあるユリノキ】  しかしそれにしても、そのレプリカは、精巧であったのだと思います。いつしか友人にあげてしまいましたが。いま、博物館のミュージアムショップで売られているレプリカは、レプリカではなく単なる土産用の模造品といった感じで、あまり精巧ではありません。  このハート型土偶、いったいどういった経緯でこの形状になったのか、あるいは伝承されていったのか。そうした各々の地方に伝播する生産性と手段について、どれほど現在解明されているのでしょうか。

4ビットマイコン

イメージ
※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年1月12日付「4ビットマイコン」より)。 【学研の4ビットマイコンGMC-4】  学研『大人の科学』第24号はマイコン特集号で、付録は「GMC-4」という4ビットマイコンです。定価2,500円なのですが、オークションで出回っているかと思い、先日探したところ、付録実機は組み立て済みの中古本(ほとんど新古本状態)をわずか1,000円で入手することができ、組み立ての面倒も省かれ、なおかつこの値段で入手できたことに、我ながら拍手喝采でした。  ということで、この「GMC-4」をPanasonic DMC-GF1で撮影。  レンズはLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.。それはそうと、このカメラの本体が頗る良い。手に馴染みやすい程々の大きさの筐体。各機能ボタンの合理的な配置。無駄がありません。  4ビットマイコンは、マイコンを知るための、トレーニングキットです。ちなみに私は、Windowsで試せる 「TK-80」のシミュレータ (エミュレータ)も持っています。かつての1980年代のマイコンブームを少年期に体験し、かつ工業高校を卒業した私にとっては、こうしたトレーニングキットが宝物のように思えるのです。

珈琲と私

イメージ
※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年1月3日付「珈琲と私」より)。 【いわしさんのブログ「珈琲と私」より】  昨年だったか、一昨年だったか、個人的にコーヒーについて調べようと思い、ネット上をくまなく検索した。いろいろな書籍にも出合った。ちなみに、コーヒーは私にとって毎日欠かせない嗜好品である。  グーグル検索で偶然、ある一般の方のブログにぶち当たった。  「珈琲と私」(http://iwashi14.exblog.jp)。いわしさんという女性の方のブログで、かなりの頻度で引っ越しをしているという印象を受けた。コーヒーの話題についてはほとんど覚えていない。  コーヒーのことよりも、この人の動向が気になって気になって仕方なく、昨年、頻繁にアクセスさせていただいた。ところが…。  2009年6月21日付でブログの書き込みが止まった。引っ越し時の写真がそこに掲載されているが、それ以前の記事を閲覧することはできなくなった。開店休業状態である。  しかしそれにしても、この1枚の写真を眺めれば眺めるほど、普通の写真には見えなくなる。引っ越し作業によって和室の周辺の荷物は既にどこかへ移動され、畳の上には、ちゃぶ台代わりにされた段ボール1箱、トランジスタラジオ1台、座布団2枚、パンが2種、段ボールの上には日用雑貨の写真が見える紙2枚が敷かれ、その上にカップに注がれたコーヒー2つ、牛乳パック1個、食べ尽くされたヨーグルト1個、封の切っていないクリームパン1個、丸められたアルミホイル。  なんとも物悲しい写真である。  私はこのブログが復活することよりも、この6月21日付の記事と写真が、永遠にここに在り続けてくれることを望む。そして、いわしさんという方がこの後どこへ行き着いて、どんな生活をしているかをずっと夢想していたい。