☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

映画『力道山』

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年3月2日付「映画『力道山』」より)。

 CSで放送していた『力道山』を鑑賞。

 監督はソン・ヘソン、主演はソル・ギョング、中谷美紀、萩原聖人、藤竜也、武藤敬司。(敬称略) 2006年韓国映画。

 曲がりなりにも“プロレスファン”は、プロレスを扱った劇映画やドラマを見るべきか、見ないで素通りした方がベターか、ということを常々考えさせられます。率直に言って、この『力道山』やダーレン・アロノフスキー監督の『レスラー』などは、前者に値すると思います。

 しかし基本的に私個人は、“プロレス”を劇的に扱うのは「見るに堪えない」と思ってしまう質で、プロレスを描いた他の映画やドラマをほとんど見ていません(尤も“プロレス”を取り上げた作品は少ないですが)。

 いずれにしても、ソン・ヘソン監督の『力道山』は、生身の力道山の半生を描きつつ、その内面(心情)のみを抽出して映像化することに成功していると思います。力道山をあまり良く知らない人が見れば、彼のその破天荒で無頼な人生と人間模様を、肉薄する映像から存分に感知することができるでしょうし、力道山をよく知っている者が見ても、あの時代のプロレスラーの生き様に触れることができるでしょう。

 この映画の優れたところ、見どころについては、Amazonのレビュー欄にある皆さんの批評に同意する部分が多いので割愛しますが、不満な点を敢えて書いておきます。

 この映画に足りないのは、生身の力道山の内面(心情)を極力描こうとする作用が働くあまり、彼が戦後の英雄と称された「プロレスラー・力道山」となっていく外面が、かなり希薄になっている点。それはこの映画のハイライトとなる要素を多分に秘めていたと思うのですが、対シャープ兄弟戦にしても、昭和の巌流島対決にしても、ディテールに凝って欲しいと思いました。(当時のリングのディテールは素晴らしかったけれども!)

 まず気になったのは、本物のレスラーら(それも大物揃い!)をキャスティングしたために、彼らの体格のでかさと力道山の体格が釣り合わなく貧弱に見えたこと。その点で外面としての力道山のオーラが消えています。本物のレスラーを起用するのであれば、無名であっても小柄な選手を用意すべきだったでしょう。

 また彼ら本物レスラーが、当時はまだ無かった(使わなかった)技を用いるので、試合としてのディテールに欠けます。ランニングしてのエルボーバットやブレーンバスター、コブラツイストなどはNGとすべきだったでしょう。サイクロンホイップも微妙ですね(笑)。

 また、力道山が流血して苦しがっている姿も、肉薄しすぎてプロレスではない。全体としてもう少しコミカルに抑えた演技が適切だったと思います。

 最後にもう一つ、「プロレスラー・力道山」が見えなかった大きな要素は、ストーリー的に巌流島対決にスポットを当てすぎ、テーズやデストロイヤーなどの欧米選手の招聘にスポットを当てなかったこと。

 日本人ではない彼が、生粋の日本人の魂を合わせ持ちながら、日本人の文化的復興のために「運動」し、猛烈に日米外交に寄与した「内面の交錯と破綻」こそが、力道山の真の姿ではなかったでしょうか。

 とにかく、人間・力道山を描いた無骨で繊細な映画です。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真