☞最新の投稿

ライオンミルクさんのフォンドボー

イメージ
【Lionmilkのアルバム『Depths Of Madness』】  2度目の緊急事態宣言下の定点観測――。ウイルス感染拡大防止の重大局面として、切迫したただならぬ様相とは言えども、既に政治は愚鈍化(政治家が愚鈍化)し、地球全体が愚鈍と化してしまっている。おおよそ、人間の知的な感覚(=知性)の後退期とも思えなくもない。社会は度重なる抵抗と服従による災厄の、右往左往の日々が続いている。言うまでもなく、コロナ禍である。人々の先々の展望は、10メートル先の針穴を見るようにとらえづらい。  ところで私が最近、聴き始めてから意識的に“定着”してしまっている海外の音楽がある。モキチ・カワグチさんのLionmilk(ライオンミルク)名義のアルバム『Depths Of Madness』(ringsレーベル/Paxico Records/2018年)である。モキチ・カワグチさんは、アメリカ・ロサンゼルス出身の日系アメリカ人ビートメイカーで、アルバム自体は、自由気ままな、少々ゆったりとした、エレクトロ系の人工的な解釈によるジャズとフュージョンの、言わば“fond de veau”(フォンドボー)のようなサウンドである。これを私は毎夜聴くことにより、多少なりとも、不穏な日々の精神安定剤となり得ている。 §  彼と彼の音楽について、ringsレーベルのプロデューサーの原雅明氏による短い解説にはこうある。 《ロサンゼルス生まれの日本人キーボード奏者モキチ・カワグチは、ニューヨークの名門ニュースクール大学でジャズ・ピアノを学び、Lionmilk名義ではシンガーソングライターでありビートメイカーでありマルチ奏者でもある多彩な顔を見せる。この才能豊かな24歳の音楽、本当に要注目です》 (『Depths Of Madness』ライナーノーツより引用) 【月刊誌『Sound & Recording Magazine』2019年12月号より】  月刊誌『Sound & Recording Magazine』(リットーミュージック)2019年12月号には、ロスのウェストレイク・ヴィレッジにある彼のプライベート・スタジオでのインタビュー記事が掲載されていた。  私はそれを読んで知ったのだけれど、彼の所有するエキセントリックなローファイ機材(ヴィンテージのエレピ、チープなリズムマシン、宅録用

EXPO'85回顧録・其の二

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年3月2日付「EXPO'85回顧録・其の二」より)。

 「EXPO'85回顧録・其の一」からの続き。

 “しおり”の中の班編成と係分担。6人で1グループとなり、班長、副班長、保健係、記録係、生活係、時計係とそれぞれが担当するようになっています。直筆を見ると、私自身は「保健係」になっていました。

 ある意味、きめ細かいと言えばきめ細かい係分担ですが、副班長の役割とか生活係、時計係の役割とはなんでしょうか。

 一人でできる…。

 と言ってしまえば身も蓋もない話ですが、そこは中学教育ならではの、集団行動の学習のためのものです。

 見学コースの書き込みでは、以下のようになっていました。

①みどり館(所要時間:45分、見どころ:バイオ星の旅)
②サントリー館(所要時間:40分、見どころ:世界最大スクリーン)
③電力館(所要時間:30分、見どころ:エレクトロガリバー)
④TDKふしぎパビリオン(所要時間47分、見どころ:アニマルシンフォニー)
⑤ダイエー館(所要時間20分、見どころ:くつろぎの場)

 私のグループの計画としては、人気の高い「電力館」をメインとし、他は時間のある限り見て回るといった方針で、会場と同時に一目散に「電力館」に向かうはずだったのですが、実際は、会場に着いた途端、その会場の雰囲気と人混みに圧倒され、バスターミナルから一番近かった「ダイエー館」を先に見学してしまいました。

 その後はみどり館を見学。そしてサントリー館(燦鳥館)は確か人が多すぎて入れず、TDKふしぎパビリオンに入った記憶も薄い。無論、メインディッシュのはずの「電力館」見学は、実現できなかったと記憶しています。

 出発当日を迎えるまでの、ホームルームでの“しおり”を活用したグループ編成と書き込み。どこを見学するかを討議したグループ会議。学年集会での見学における注意事項など。

 結局のところ、私にとっては、“行く前”がワクワクドキドキして楽しく、リュックにおやつや雨具を買い揃えて準備し、当日を待つ喜びの方が大きかったというわけです。

 さて、中学1年生を終える春、学級では1年の思い出を綴る文集を作成しました。当時としてはまだ目新しかった、担任が渾身を込めて作ったワープロ文集でした。

 私がその時書いた作文を、最後に載せておきましょう!

【中学1年時の作文】

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

拝啓心霊写真様

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

人生ゲームと約束手形