スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2010の投稿を表示しています

漱石山房にたたずむ

東京はうららかな日和だった一昨日、今年9月24日に開館したばかりの――とは言いつつ、それから2ヵ月以上経過しているが――「新宿区立漱石山房記念館」(新宿区早稲田南町)を訪れることができた。  振り返れば2年前の秋、新聞の記事を見て、記念館の整備計画途中で発見された屋敷の礎石が、没後改築された屋敷(1920年)のものであることが分かった云々(当ブログ「漱石山房の香り」参照)をきっかけに、今年秋(漱石生誕150周年)の開館をどれだけ待ち望んでいたことか。この2年の歳月は実に感慨深いものであった。
 ところで、津田青楓が大正7年に描いた「漱石先生閑居読書之図」で見るような、木造屋敷及びその庭風景は、ここにはない。いや実際には、館内に漱石山房が復元され、記念館の窓ガラスからその特徴的な和洋折衷の平屋建ての外観がうかがい見ることができるのだけれど、あの山水画風の絵の中の長閑な風景は、あくまで津田青楓の虚構の世界であって、エッセンシャルなセザンヌの濃厚さが色めき立ったものである。しかし、庭には、「猫の墓」が遺されていた。石塚、あるいは猫塚と言いかえていい。  これは、漱石の次男である夏目伸六氏の著書の『猫の墓』(文藝春秋新社)の装幀写真で見られるのと同じものであり、もともとは形として石塔であった。夏目家で飼われていたペットの供養塔(九重塔)は1920(大正9)年に建てられていたものの、昭和20年の空襲で損壊。現在遺っている「猫の墓」は、昭和28年に残石を積み直して再興したものだという。ちなみにもともとの供養塔の台石には、津田青楓の描いた猫と犬と鳥の三尊像が刻まれていたらしい。
§
 それはいつの頃だったのか――。正岡子規が漱石と、夏目坂のある早稲田から関口を歩いた“田園風景”を今、ここでそれらしく想像することはひどく難しい。私はこの日、原町一丁目から弁天町に向かう外苑東通りを歩いて記念館を訪れた。この外苑東通りの両側の趣が、今ではすっかり都会的に洗練されてしまっているけれど、それでもなんとか、空間の雰囲気と呼べるものは慎ましやかな感じがあり、決して嫌いではない。  かといって昔ながらの風情があるとか、お洒落なショップが建ち並んでいるという極端さはなく、言うなればかなり地味な通りなのだが、もし、長きにわたって住まいを構える場所として考えてみたら、案外こんなところがいいのでは…

細川家の至宝

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月28日付「細川家の至宝」より)。

 一昨日、東京国立博物館の特別展『細川家の至宝―珠玉の永青文庫コレクション―』を観覧しました。
 あいにくの曇り空で、博物館を出る頃には霧雨が降り続いていましたが、素晴らしい文化財の数々をしっかり堪能しました。
 端的に言えばこれは、「永青文庫による旧熊本藩主・細川家に伝来した文化財コレクション」なのですが、これらを蒐集した細川護立という人の、叡智と言っていい人力に感銘を覚えました。
 護立が初期に蒐集したという白隠慧鶴のコレクションなどは、個人的にとても興味を持ちました。慧鶴の画に圧倒されるのですが、どこかユーモアがあって、それは護立の心にも通じると思うのです。
 それから、大分・宇佐神宮所蔵の「能面 深井」。立ち止まってしばし見入ってしまうほど、美しさの奥にある情念のようなものを感じます。利休の茶道具の数々については、じっくり見たかったのですが、何しろ観覧者が多くて傍で落ち着いて見ることができなかったので、ちょっと後悔しています。
 私は大名・細川家についてはまったく不勉強で、永青文庫について何も知りませんでした。ですが、これはちょっと歴史として調べてみたいし、永青文庫へも機会をさぐって訪れたいなあと思います。
 東京国立博物館へは、今年の1月13日以来に訪れましたが、本館前のユリノキには、あの毛細血管のような枝から緑葉が繁茂していて、冬のユリノキとは趣を変えていました。恩賜公園にある藤の花もまだ小ぶりといった感じで、今年の春の異常気象の影響があるように思いました。
 あいにく今日はカメラを持たず。
 ところで、上野駅の書店にて、手に取って立ち読みしたものの、買い損ねた本、ペンブックスの『千利休の功罪』は後日、是非買いたい本です。ペンブックスのシリーズはどれも欲しい(笑)。手に取って読みやすいサイズでありながら、カラーなのでビジュアルも豊か。昔の、宝島社のシリーズに似ていると言えば似ています。

チェス!チェス!チェス!

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月19日付「チェス!チェス!チェス!」より)。
 以前より関心があったチェスを、“四十の手習い”に準じて始めてみようと思い立ち、『新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門』(ボビー・フィッシャー著、東 公平訳、河出書房新社)を買って貪り読んでいます。
 この本を知るきっかけとなったのは、ウェブサイト「神を待ちのぞむ」さんの「雑記帳」というコーナーの中にある、チェスに関するページです。Google検索でこのサイトを発見し、拝読させていただいたのですが、とにかく1冊の本に値する情報量で、チェスを始めようとしている私にとっては、言わばそのポータルサイトとなりました。
 『新装版 ボビー・フィッシャーのチェス入門』はある種の学習プログラムを用いていて、知らず知らずのうちにチェスを理解していく、という仕組みになっています。これがとても読みやすく面白い。
 私は将棋の経験があるので、チェスはそれに近いだろうと思っていましたが、確かに近いとは言え、当然ながらまったく別物という感じがしました。それぞれの駒の役割の違いによって、将棋の局とはだいぶ異なる、という意味です。むしろ将棋よりも奥深い、という第一印象を得ました。
 とにかく、チェスの見習い初心者がここに旅立ちました(笑)。

高瀬川

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月14日付「高瀬川」より)。

 先月末の、京都の話。
 駅のインフォメーションブースでなにげに、京都国立博物館「長谷川等伯」のチラシを手に取って眺めていると、そう言えば京都の国博はまだ拝観したことがない、ということに気づき、それが頭の中を掠め始め、ホテルに帰って後でも、しばしそのチラシを眺め続けたりしました。
 長谷川等伯と言えば、「松林図」の切手のことを思い出します。
 小学校高学年の頃、“切手クラブ”に所属していた私は、よく友達と切手交換などをして遊びましたが、国宝「松林図」の図柄の切手は、切手関連の入門書に度々登場する有名な切手でした。あの頃(昭和50年代後半)はけっこう、切手を集めている子供が多く、少なからず知識はあったはず。「見返り美人」は高価だとか、前島密の名前とか。
 さて、切手の話や長谷川等伯のことはともかく、私はまだ九州と京都の国博に足を運んでいないのです。ところが京都の国博は、平常展示館の建て替え中で、2013年まで平常展示館が拝観できないようなのです。うーん。
 やはり国博を隅から隅まで堪能するには、平常展示館を見なければならないわけで、2013年とは私にとっては気の遠くなるような先の話(笑)。どうやら、次回の京都旅行で国博へ、とはいかないようです。
 先月末の旅行の話題で、4月10日のブログでは、銀閣寺を訪れたところまで書きました。が、私はその後も歩き続け、“哲学の道”に沿って散策し、法然院のあたりを通り過ぎ、永観堂のあたりも通り過ぎ、南禅寺の境内を歩いた後、琵琶湖疎水に沿ってさらに歩き続け、神宮通を抜け、三条通に出、地下鉄三条京阪駅まで歩きました。つまり、同志社大から三条京阪までの距離です。
 翌日は、京都市役所前駅で降り、寺町通にある鳩居堂で文房具を買い、四条河原町まで散策。さて、2日間で何キロ歩いたのでしょう!
 作家・平野啓一郎さんの短篇小説で『高瀬川』というのがあります。高瀬川は三条のあたりを、鴨川と平行して流れる小さな川です。
 本当は先斗町など何の用事もなかったのですが、確認したかった。高瀬川を。
 小説『高瀬川』は、精緻な自然主義文学を意識した“恋愛小説”である、と敢えて大雑把にとらえておいて、私個人が巨視的に散読し続けたいと思っている小説の一つです…

積み木遊び

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月14日付「積み木遊び」より)。
 3年ほど前に買っておいたPlay poco(プレイポコ)の「積み木」を出してきて、子供さながら遊んでしまいました。
 カメラのオブジェ撮りは、カメラ初心者の方にはお薦めです。被写体が動かず、小さいので、構図や露出を決める修練にはぴったりなのです。
 5年くらい前は、そういう理由でドールハウスなどを撮ったりしたのですが、もっと抽象的なオブジェが欲しいということで、積み木が好ましいと思ったのです。
 Play poco(プレイポコ)の「積み木」は、20.8cm×26.7cmの木箱2つに50ピース入っています。材質はビーチウッド、アフリカンパドック、マホガニーで、たいへん手触りがよく、適度な重さがあり、なんといっても木材のぬくもりが感じられます。製造元はNAKANO(ナカノ)さんで、こうした良質な玩具を扱っている販売店です。この積み木、おそらく今現在は在庫無しかもしれません。
 しかしながら、積み木をオブジェとして写真撮影することよりも、これを使って「遊ぶ」方が、大人である私にとって難しかったかもしれません。
 積み木という玩具は、子供に買い与えるもの――という固定観念を捨て、実際に自分がそれで遊んでみる、遊んでみようと思い立った時、全身や心が、壁にぶち当たって前に行かなくなるのです。
 子供は、瞬時に積み木を手に取り、即興的に何かを組み上げていくでしょう。だが、大人はそういう子供の心を忘れてしまっているので、理屈でそれを拒否しようとします。
 こんなにたくさん違ったピースがあってわからないよ~大きさがバラバラだよ~作りたいものが何もないよ~
 大人がいざそれを使って遊ぼうとすると、つまり積み木を手に取っても、それをどうしていいのか、どう組み上げていったらいいのか躊躇する時間ができます。実際に私がやってみてそうでした。けれどもここが肝心だと私は悟りました。
 即興的に何かを組み上げていくという感性が、大人になると摩耗する、退化するといった感じで、とにかく子供のようにはいきません。ただし、ここでねばってねばって積み木に触れていると、いつの間にか何かがそこに組み上がっていました。私の場合、最初にできたのはお城のような建物でした。
 一旦その壁をぶち破ると、あとは童…

銀閣の謎

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月10日付「銀閣の謎」より)。
 まだまだ京都の話題は尽きません。  同志社大からずっと歩き続け、大好きな“喫茶店休憩”もなく、今出川通に寄り添う鹿ヶ谷疎水道が見えてきて、浄土寺小橋、浄土寺橋、西田橋、銀閣寺西橋、銀閣寺橋を過ぎ、銀閣寺へと辿り着きました。
 生け垣を通り抜け、中門をくぐると、わんさかと観光客。
 まず庭園の写真を撮ろうとしたところ、「シャッターを押してもらえませんか?」と家族連れのお父さんにつかまり、銀閣を背景に、家族が整列。逆光で顔が真っ黒になりはしないかと不安ながら他人のカメラのシャッターを押しました。他人のカメラほど恐ろしいものはない(笑)。へたな写真を撮って一生恨まれそうです。
 気分を取り直して、東求堂前庭をぐるりと回り、東求堂を庭園奥から眺めました。義政にとって、東求堂とは何かと考えてみると、それは人生の最終盤のための、「秘密基地」だったと思うのです。政治の煩わしさから解放され、自分にとって最も心地よい場所、童心に戻れる場所、ではなかったでしょうか。
 私が小学生の頃、自宅の目の前に、電機店の粗大ゴミ置き場のような私有地がありました。そこには壊れた家電製品や梱包用の段ボール箱、発泡スチロールなどが無造作に山ほど溜められていて、子供にとっては格好の遊び場に。秘密基地など簡単に出来ます。
 今思い出すと恐ろしくなるのですが、廃棄された蛍光管なども山積みされていて、それをアスファルトに叩きつけてガシャーンと破裂するのを楽しんだ…。それでいてほとんど怪我をしなかったのだから不思議なものです。
 閑話休題。  3月18日のブログで、昭和47年初版の『学習百科大事典』より、銀閣の写真を載せましたが、私も同じような構図で銀閣を撮ってみました。
 これらを比べてみて、あることに気づきました。銀閣そのものは変化がないのですが、その背後の松の木(?)が無いんですね。百科事典の方の写真では、銀閣の右上に青々とした松の枝葉があるのに、現在の銀閣のそこには、枝葉はありません。
 これはいったい?

京都での散策写真

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月8日付「京都での散策写真」より)。
 先週の京都旅行。  今出川通から路地に迷い込んで、下鴨神社へ向かうために、賀茂川にかかる葵橋を渡るまでの間に、幸神社(さいのかみのやしろ)があります。足を踏み入れたわけではなく、ただ覗き込んだだけです。
 カメラはPanasonicのGF1(ボディはエスプリブラック)。レンズはLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.。
 ここから桝形通を抜けたのですが、なかなか静かで情趣のある界隈でした。  上着のポケットに複写した地図を折り畳んで入れ、カメラを片手に町中をじりじりと歩いていく。直感でシャッターを切り、あまり深追いはせず、別の場所へ移動していく。これが私のいつもの撮り方です。
 下鴨神社を出る頃には、正午を回っていたはずなのですが、なかなか腹が空かない。歩きっぱなし。悪い行動ですね。でも写真に夢中になっていると、昼食を抜いてしまうことがあって、この日の昼食は午後3時を過ぎていました。
 とにかく、旅行先では私自身がビジターであるにも関わらず、よく道を訊ねられます。アジア系、白人の方に。
 その地名がわかれば、地図を広げて指を指す程度のことはできますが、うまく聞き取れないと思うようにはいきません。列車の発着駅などを訊かれるのが一番困る(笑)。地元の人間じゃないし、自分でもよく理解していないのだから…。それにしても本当によく訊ねられます。皆さん、地図を持ち歩きましょう!
 さて、当初のプランでは、今出川通にある喫茶店でコーヒーを楽しむつもりだったのに、歩くのに夢中になって、百万遍から銀閣寺方面へ。
 今出川通にはこんな古い商店があって、思わずシャッターを切ってしまいました。
 京都では古い商店など、星の数ほど点在しますが、自分の中でグッとくる古い商店というのは限られます。その店の看板には、
 電気低温器各種  精密測定器各種  X線装置真空ポンプ  度量衡計量器  京科社科学器械株式会社
 とあります。
 こういう看板…というかこういう古い建物、個人的には大好きです。

桜が咲いていた

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月7日付「桜が咲いていた」より)。
 先週の3月30日と31日、京都へ遊びに行きました。  この時期、関東ではずっと曇り空あるいは雨といった天候で、東京以北ではまだ桜など咲いていなかった…。4月直前にこんな寒い朝を迎えて出発するとは思ってもみませんでした。
 何はともあれ、その日の京都は晴れ。もくもくとした白い雲に青空なんて、「旅行の度に雨に降られる」経験が多い私にとっては、願ってもなかった幸運でした。
 さて、京都へ行くと必ず目にするのが、バス停に群がる観光客らの人だかり。子供の頃、真夏の庭に角砂糖を1個置いて、無数のアリが群がる様子を楽しんだことがありましたが、それによく似ています。
 のんびりと気ままに楽しむ旅ならば、バス停に並んでバスを待つくらいの余裕があるのですが、今振り返ってみると、先週はとてもせっかちな旅でした。やはり「旅行の度に雨に降られる」経験が染みついてしまったせいか、雨が降らないうちにどこそこへ行かねば…という気持ちに駆られた、のかもしれません。この日の予報ではどう転んでも雨は降らないというのに。
 地下鉄に乗って今出川駅を降りました。京都御所と同志社大に面した今出川通を歩き、下鴨神社へ。
 途中、古書店が何軒かあったようですが、何故か気分的に寄り道ができない(笑)。本当に馬鹿げているけれども、雨が降るのではないかという強迫観念が脇目を振らずに足を速めるのです。
 糺の森を脱け、相生社の前に来ると、立派な桜の木に出合いました。
 学生の頃は「春」=4月が大嫌いでした。
 なにかと生活が変化するし、教室も変わり、先生も替わる。親しくなった友人と別れ、また新たな友人と付き合わなくてはならない。正直、そんなことがしんどい、辛い、億劫だと思っていました。
 それなのに、桜は咲いている。
 随分と時間がかかって、私はようやく桜と向き合えるようになったと感じています。桜色の花はなんとも素敵です。