☞最新の投稿

小学館の学習雑誌の思い出と未来へのファンタジー

イメージ
団塊ジュニアの世代にとって、少年少女だった80年代前半は、様々な意味合いで特別な思いに駆られる時代であったと思われる。LSIゲームの普及、自前でプログラミングが可能なパーソナル・コンピュータが大流行し、子どもたちの遊びのスタイルが劇的に変化した時代。“子どもは外で遊べ”――という大人からの強い要求との衝突、及びその葛藤が、その頃の子どもたちの悩みの種となっていたはずだ。  まず何より、子どもの数が多かった。  ということで言うなれば、確かに、日常的につるんで仲良しになる仲間も多かったのだ。Wikipediaの記述によると、団塊ジュニアは、1971年から1974年までに生まれた世代を指し、73年生まれが210万人と最多であり、それ以前の“団塊の世代”の1949年生まれの270万人よりは、少し少ないとあった。
§
 今の若い人達に、その頃子どもだった団塊ジュニアの、学校と家庭における日常的な情景を想像してもらうことは、決して容易いことではないのかも知れない。  現代のように、手持ちの通信端末で無言でSNSに明け暮れることもなく、自転車を乗りまわした子どもたちが町中の至る所に溢れ、賑やかに声を上げてはしゃぎ、ほとんど空き地のような場所で好きなように遊び、立ち入り禁止の場所を見つけると、むしろ喜んで入り込んで探検を試みた。  見つけてくるものと言えば、壊れたラジカセであったり、ヌードの艶めかしいカレンダーであったり、エロ本であったり、束になって棄てられていた聖書であったり。あるいはそうでないとしても、地域に点々と存在していた小さなショップ(雑貨商)に入り浸り、ちょっとしたお菓子を買い食いしながら、子ども同士のコミュニケーションを楽しんでいたのが日課であったし、それ以外の楽しみがあるわけがなかった。  テレビの中の王様は野球にプロレスにドリフの全員集合。高木ブーがいかりや長介にビンタされてゲラゲラ笑っていた頃。はて、女の子はどうだったのだろう。どんなテレビを楽しんで見ていたのだろうか。ともかく、テレビの中はテレビの中。自分達は自分達。そういう常識で外で遊び回っていたのが常であったし、今の時代と大きく異なるのは、その頃の子どもたちには、大人がまったく介在しない子どもだけの秘密の時間が毎日あった、ということである。
 団塊ジュニアにおける、子どもたちが仲間と落ち合うための唯…

高瀬川

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月14日付「高瀬川」より)。

【南禅寺の桜1】
 先月末の、京都の話。

 駅のインフォメーションブースでなにげに、京都国立博物館「長谷川等伯」のチラシを手に取って眺めていると、そう言えば京都の国博はまだ拝観したことがない、ということに気づき、それが頭の中を掠め始め、ホテルに帰って後でも、しばしそのチラシを眺め続けたりしました。

 長谷川等伯と言えば、「松林図」の切手のことを思い出します。

 小学校高学年の頃、“切手クラブ”に所属していた私は、よく友達と切手交換などをして遊びましたが、国宝「松林図」の図柄の切手は、切手関連の入門書に度々登場する有名な切手でした。あの頃(昭和50年代後半)はけっこう、切手を集めている子供が多く、少なからず知識はあったはず。「見返り美人」は高価だとか、前島密の名前とか。

 さて、切手の話や長谷川等伯のことはともかく、私はまだ九州と京都の国博に足を運んでいないのです。ところが京都の国博は、平常展示館の建て替え中で、2013年まで平常展示館が拝観できないようなのです。うーん。

 やはり国博を隅から隅まで堪能するには、平常展示館を見なければならないわけで、2013年とは私にとっては気の遠くなるような先の話(笑)。どうやら、次回の京都旅行で国博へ、とはいかないようです。

 先月末の旅行の話題で、4月10日のブログでは、銀閣寺を訪れたところまで書きました。が、私はその後も歩き続け、“哲学の道”に沿って散策し、法然院のあたりを通り過ぎ、永観堂のあたりも通り過ぎ、南禅寺の境内を歩いた後、琵琶湖疎水に沿ってさらに歩き続け、神宮通を抜け、三条通に出、地下鉄三条京阪駅まで歩きました。つまり、同志社大から三条京阪までの距離です。

【南禅寺の桜2】
 翌日は、京都市役所前駅で降り、寺町通にある鳩居堂で文房具を買い、四条河原町まで散策。さて、2日間で何キロ歩いたのでしょう!

 作家・平野啓一郎さんの短篇小説で『高瀬川』というのがあります。高瀬川は三条のあたりを、鴨川と平行して流れる小さな川です。

 本当は先斗町など何の用事もなかったのですが、確認したかった。高瀬川を。

 小説『高瀬川』は、精緻な自然主義文学を意識した“恋愛小説”である、と敢えて大雑把にとらえておいて、私個人が巨視的に散読し続けたいと思っている小説の一つです。もちろん、本当にこれが“恋愛小説”であるとは思っていませんが。

【南禅寺の桜3】
 それはそうと、小説の中では、誤って川に落としてしまったペットボトルを呆然とあたふたする登場人物達の描写があって、会話でも〈大阪まで出て、淀川に流れ込んでる〉云々の言葉も出てきます。

 はて? と思い、実際に私はここに訪れたのです。

 確かに、小説を彷彿とさせるラブホテルらしき建物はあった(それだけで十分なのですが…)。けれども高瀬川は――。

 私が訪れた時期の、五分咲き程度の桜の花びらも、高瀬川に散って淀川に流れ込むのだと想像すると、あの小説のスケールはどれほど膨らむのか、はかりしれません。

 ちなみに、ここでの写真はすべて南禅寺境内で撮影しました。

コメント

このブログの人気の投稿

拝啓心霊写真様

YELLOWSという裸体

人生ゲームと約束手形