☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

桜が咲いていた

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月7日付「桜が咲いていた」より)。

【下鴨神社の桜】
 先週の3月30日と31日、京都へ遊びに行きました。
 この時期、関東ではずっと曇り空あるいは雨といった天候で、東京以北ではまだ桜など咲いていなかった…。4月直前にこんな寒い朝を迎えて出発するとは思ってもみませんでした。

 何はともあれ、その日の京都は晴れ。もくもくとした白い雲に青空なんて、「旅行の度に雨に降られる」経験が多い私にとっては、願ってもなかった幸運でした。

 さて、京都へ行くと必ず目にするのが、バス停に群がる観光客らの人だかり。子供の頃、真夏の庭に角砂糖を1個置いて、無数のアリが群がる様子を楽しんだことがありましたが、それによく似ています。

 のんびりと気ままに楽しむ旅ならば、バス停に並んでバスを待つくらいの余裕があるのですが、今振り返ってみると、先週はとてもせっかちな旅でした。やはり「旅行の度に雨に降られる」経験が染みついてしまったせいか、雨が降らないうちにどこそこへ行かねば…という気持ちに駆られた、のかもしれません。この日の予報ではどう転んでも雨は降らないというのに。

 地下鉄に乗って今出川駅を降りました。京都御所と同志社大に面した今出川通を歩き、下鴨神社へ。

 途中、古書店が何軒かあったようですが、何故か気分的に寄り道ができない(笑)。本当に馬鹿げているけれども、雨が降るのではないかという強迫観念が脇目を振らずに足を速めるのです。

 糺の森を脱け、相生社の前に来ると、立派な桜の木に出合いました。

 学生の頃は「春」=4月が大嫌いでした。

 なにかと生活が変化するし、教室も変わり、先生も替わる。親しくなった友人と別れ、また新たな友人と付き合わなくてはならない。正直、そんなことがしんどい、辛い、億劫だと思っていました。

 それなのに、桜は咲いている。

 随分と時間がかかって、私はようやく桜と向き合えるようになったと感じています。桜色の花はなんとも素敵です。

 旅の続き「銀閣の謎」

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様