☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

桜が咲いていた

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年4月7日付「桜が咲いていた」より)。

【下鴨神社の桜】
 先週の3月30日と31日、京都へ遊びに行きました。
 この時期、関東ではずっと曇り空あるいは雨といった天候で、東京以北ではまだ桜など咲いていなかった…。4月直前にこんな寒い朝を迎えて出発するとは思ってもみませんでした。

 何はともあれ、その日の京都は晴れ。もくもくとした白い雲に青空なんて、「旅行の度に雨に降られる」経験が多い私にとっては、願ってもなかった幸運でした。

 さて、京都へ行くと必ず目にするのが、バス停に群がる観光客らの人だかり。子供の頃、真夏の庭に角砂糖を1個置いて、無数のアリが群がる様子を楽しんだことがありましたが、それによく似ています。

 のんびりと気ままに楽しむ旅ならば、バス停に並んでバスを待つくらいの余裕があるのですが、今振り返ってみると、先週はとてもせっかちな旅でした。やはり「旅行の度に雨に降られる」経験が染みついてしまったせいか、雨が降らないうちにどこそこへ行かねば…という気持ちに駆られた、のかもしれません。この日の予報ではどう転んでも雨は降らないというのに。

 地下鉄に乗って今出川駅を降りました。京都御所と同志社大に面した今出川通を歩き、下鴨神社へ。

 途中、古書店が何軒かあったようですが、何故か気分的に寄り道ができない(笑)。本当に馬鹿げているけれども、雨が降るのではないかという強迫観念が脇目を振らずに足を速めるのです。

 糺の森を脱け、相生社の前に来ると、立派な桜の木に出合いました。

 学生の頃は「春」=4月が大嫌いでした。

 なにかと生活が変化するし、教室も変わり、先生も替わる。親しくなった友人と別れ、また新たな友人と付き合わなくてはならない。正直、そんなことがしんどい、辛い、億劫だと思っていました。

 それなのに、桜は咲いている。

 随分と時間がかかって、私はようやく桜と向き合えるようになったと感じています。桜色の花はなんとも素敵です。

 旅の続き「銀閣の謎」

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真