☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

シアターグリーン通り

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年6月6日付「シアターグリーン通り」より)。

【南池袋のシアターグリーン通り】
 先々週訪れた目白台を去った後、妙に懐かしくなって南池袋公園の裏手(南側)を散歩しました。現在、南池袋公園は工事中となっていて工事の仕切りで公園は見えなくなっていました。

 90年代半ば、演劇活動で役者をしていたので、南池袋のシアターグリーンは何度か利用したことがあります。そこは若者の小劇団などが利用する小さなスペースです。池袋駅からこの界隈まで、けっこう歩く人でひしめき合うのはその当時も変わりなく、駿台予備校やその他の専門学校が方々にあるため、特に学生が多くたむろする通りなのです。

 シアターグリーンのある通りを「シアターグリーン通り」というらしいのですが、駿台予備校のあたりで南に折れ、反対の通りに差し掛かる角には、かつて、古ぼけた喫茶店がありました。ここでよく舞台の打ち合わせやスタッフと雑談をしたり、“昼飯”をしたりしました。

 記憶違いがあるかもしれませんが、確か、“サンドウイッチの店・シャノン”という店だったように思います。今、その店舗はすっかり改装されて別の飲食店になっています。
 実は今回この界隈を歩いた暁には、この喫茶店に立ち寄って10数年ぶりにコーヒーをいただこうと画策していました。が、見事にその期待は裏切られ、もはや店の残映は自己の記憶にあるだけです。

 そうした記憶も徐々に曖昧になっていくのを感じ、やはり過去について「書く」「書き残す」「写真を撮る」という行動を取る以外、それを防ぐ手立てはないでしょう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」