☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

私のラジオの思い出

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年8月17日付「私のラジオの思い出」より)。

 中学生時代、仲間達を募って“ミニFM放送”というちっぽけな電波を飛ばして、「ラジオ番組ごっこ」をして遊んでいました。

 『サウンドレコパル』という月刊誌に、夏場の海水浴場ではミニFM放送局というのがあって、夏季限定で開局してラジオ番組=DJを放送していて、海岸に行けばそれを聴くことができる云々の記事が載っていました。仲間内でそれをやってみようと思い立ち、自宅のラジカセにFM用のトランスミッター(送信機)を据え付け、外部端子にはマイクロフォンも装着し、DJをやりながらカセットテープの音楽を流すという「ラジオ番組ごっこ」です。

 電波といっても微弱な電波のため、実際に半径100メートル程度しか飛びません。しかしそれでもラジオはラジオです。

 これがはまりにはまって、いろいろな番組名や番組企画を考えては、中学生時代のおよそ2年半くらい継続して、毎週土曜の午後に確実に「放送をしていた」のです(受験勉強もろくにせず)。仲間のレギュラー陣の他、普段遊んだりしないクラスメイトもゲストとして飛び入り参加させては、強引におしゃべりをしてもらって、日頃の生活の話題や学校での珍事件などをネタにしてトークを楽しみました。これらの放送を別のラジカセでエアチェックしたりして、けっこう番組ライブラリーのカセットテープが貯まったものです。

 今日の午後、先週の大掃除を済ませた後のレコーディング部屋に、37度近い室温で汗を大量に掻きながら、新しいデスクを組み立てて、とりあえずそこにアナログミキサー、Mackieの「1604-VLZ3」仮置きしました。これにより、分断されていたエフェクター類は1箇所にまとめることができました。

 7年近く使用していたRolandのVS-1824CDをいよいよサブ卓とし、メインをこの1604-VLZ3に切り替える理由の中には、アナログかデジタルかといったような次元の話を飛び越えて、卓のモジュールには物理的なトリムやEQやAUXがやっぱり欲しいという回帰論が結論としてありました。無論、良質な卓でなければならないけれども。

 Pro Toolsのような箱庭的な一つの考え方があり、もう一方でやはりベーシックな、ある意味クラシックなやり方を残していきたいという気持ちがあって、それは単なる気分の問題ではないのです。“音響芸術”というエンジニアやクリエイターとしての領分を考える時、何かロジックには起こし得ない経験的な感覚の多様性を無視したくないと思いました。私にとっての経験的な感覚の多様性とは、まさに中学時代の「ラジオ番組ごっこ」におけるラジカセの使い方であり、昨年の12月のブログでも触れた、ブルーノートのルディ・ヴァン・ゲルダーが1本のモニタースピーカーでステレオ音源を操るといった奇々怪々なるテクニックも、言ってみれば経験的な感覚の多様性であると私は確信しています。

 話が前後しますが、今や『サウンドレコパル』や『FMレコパル』といった気の利いた雑誌がないのなら、やはり新聞のラジオ欄をそれに呼応させるしかありません。なかなかどうして、新聞のラジオ欄でありながらけっこう役に立ちます。しかしそこに、大人向けのグッとくる番組やミュージックが果たしてどれだけあるのかと言えば、なんとなく言葉が詰まる思いがします。

 そんな中、インターネットで「サイマルラジオ」というのを発見。どうもこちらの方が、より往年のラジオの味が染み入っている気がします。(※ここでラジオを聴くには、Windows Media Playerが必要です。)

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」