☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

暗がりのあかり チェコ写真の現在展

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年8月6日付「暗がりのあかり チェコ写真の現在展」より)。

 昨日、銀座の資生堂ギャラリーにて開催されていた写真展『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』を観ました。8日日曜日まで開催とのことで、何とかぎりぎり間に合ったという感じです。

 “チェコ”と聞くと私はチェコのカラフルな文房具を思い浮かべるのですが、以前どこかのデパートで、ミニノートか何かの文房具でチェコのブランド品を見たような気がします。それ以来私は、それらの極彩色的感覚を“チェコカラー”と勝手に命名したりしました。

 それよりもっと前には、自室の引き出しの中の、ダ・カーポやナット・キング・コールなどのCDアルバムが積まれた一番底に、『学生との対話 三島由紀夫』(2枚組・新潮社)というCDが入っていて、三島由紀夫が1968年10月3日、早稲田大学で「国家革新の原理」という題で講演を行った際の録音ですが、この講演の中で三島が“チェコ”を口にしています。

 『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』では、10人の写真家の代表作が並んでいました。
 インドジヒ・シュトライト、アントニーン・クラトフヴィール、イヴァン・ピンカヴァ、トノ・スタノ、ミハル・マツクー、ヴァーツラフ・イラセック、ウラジミール・ビルグス、ルド・プレコップ、テレザ・ヴルチュコヴァー、ディタ・ペペ。

 実は私は、トノ・スタノ(Tono Stano)の“Sense”が間近で見たかったのです。

銀座・資生堂ギャラリー
 14年前、私がまもなく20代半ばに差し掛かる頃、書店で見つけた『THE BODY 写真における身体表現』(ウィリアム・A・ユーイング著・美術出版社)という分厚い本を、羞恥心をかなぐり捨てて買って読み、その中に美しいゼラチン・シルヴァー・プリントを見つけました。それが“Sense”でした。

 美しい表情の女性の顔から胸、そして腰から脚にかけての裸身の細く柔らかなラインが白、それ以外の領域がすべて黒という単純な構図で、あまりにも単純なため、ヌードというよりも何かのPictogramにも見えるモノクロームの写真ですが、よく見ると女性は黒地のコートを着ていることがわかります。その本の中では、写真の題が「感覚」と訳されていました。

 10人の写真家の代表作は、inspirationをimprovisationで写真に切り取らず、とても入念に、緻密に計算をしてavant-gardeとしています。

 「暗がりのあかり」とはいったいどういうことを指しているのでしょう。前衛に対するあかりなのか、暗がりに対する前衛なのか――。

 こうした小さな写真展が、東京のど真ん中で催されたということも不思議な気がします。トノ・スタノのあの審美的な“Sense”が、それでも尚チェコを薄暗く紐解いているのだすれば、我々日本人には計り知れない、不気味なあかりに見えてくるかもしれません。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様