☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

暗がりのあかり チェコ写真の現在展

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年8月6日付「暗がりのあかり チェコ写真の現在展」より)。

 昨日、銀座の資生堂ギャラリーにて開催されていた写真展『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』を観ました。8日日曜日まで開催とのことで、何とかぎりぎり間に合ったという感じです。

 “チェコ”と聞くと私はチェコのカラフルな文房具を思い浮かべるのですが、以前どこかのデパートで、ミニノートか何かの文房具でチェコのブランド品を見たような気がします。それ以来私は、それらの極彩色的感覚を“チェコカラー”と勝手に命名したりしました。

 それよりもっと前には、自室の引き出しの中の、ダ・カーポやナット・キング・コールなどのCDアルバムが積まれた一番底に、『学生との対話 三島由紀夫』(2枚組・新潮社)というCDが入っていて、三島由紀夫が1968年10月3日、早稲田大学で「国家革新の原理」という題で講演を行った際の録音ですが、この講演の中で三島が“チェコ”を口にしています。

 『暗がりのあかり チェコ写真の現在展』では、10人の写真家の代表作が並んでいました。
 インドジヒ・シュトライト、アントニーン・クラトフヴィール、イヴァン・ピンカヴァ、トノ・スタノ、ミハル・マツクー、ヴァーツラフ・イラセック、ウラジミール・ビルグス、ルド・プレコップ、テレザ・ヴルチュコヴァー、ディタ・ペペ。

 実は私は、トノ・スタノ(Tono Stano)の“Sense”が間近で見たかったのです。

銀座・資生堂ギャラリー
 14年前、私がまもなく20代半ばに差し掛かる頃、書店で見つけた『THE BODY 写真における身体表現』(ウィリアム・A・ユーイング著・美術出版社)という分厚い本を、羞恥心をかなぐり捨てて買って読み、その中に美しいゼラチン・シルヴァー・プリントを見つけました。それが“Sense”でした。

 美しい表情の女性の顔から胸、そして腰から脚にかけての裸身の細く柔らかなラインが白、それ以外の領域がすべて黒という単純な構図で、あまりにも単純なため、ヌードというよりも何かのPictogramにも見えるモノクロームの写真ですが、よく見ると女性は黒地のコートを着ていることがわかります。その本の中では、写真の題が「感覚」と訳されていました。

 10人の写真家の代表作は、inspirationをimprovisationで写真に切り取らず、とても入念に、緻密に計算をしてavant-gardeとしています。

 「暗がりのあかり」とはいったいどういうことを指しているのでしょう。前衛に対するあかりなのか、暗がりに対する前衛なのか――。

 こうした小さな写真展が、東京のど真ん中で催されたということも不思議な気がします。トノ・スタノのあの審美的な“Sense”が、それでも尚チェコを薄暗く紐解いているのだすれば、我々日本人には計り知れない、不気味なあかりに見えてくるかもしれません。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」