☞最新の投稿

『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション

イメージ
前号に引き続き、今回は第61号。振り返れば、当ブログの2011年7月に初めて『洋酒天国』を紹介した(「開高健と『洋酒天国』」)のを思い出す。それより数年前から個人的にこの雑誌を蒐集していて、当時は25冊ほど手元にあったかと思われる。まさかそれから、9年の歳月を経て全号(第1号から第61号まで、合併号が1冊あるので全60冊)を入手し、ブログですべて紹介しきるとは、まったく想像していなかった。まことに珍奇なことである。
 途中、何度も蒐集をあきらめ、全てを掻き集めることは到底不可能――とも思われた。昭和の古い時代の稀覯本であるがゆえ、入手は困難を極めた。その度に、温厚な個人蒐集家の方々の協力に救われた。  こんなこともあった。それは数年前のことだが、「全号を所有している」というご高齢の男性の方とメールでやりとりをしたのである。何部かお譲りいただけないだろうか、と私は図々しく懇願してしまったのだけれど、その方からこういう返信があった。いや、本当に申し訳ないのだが、私にとってこの雑誌には若い頃の懐かしい想い出が詰まっています。どうかお察し下さい――。  『洋酒天国』は昭和を生き、今も生き続けている“珍本・豆本”に違いないのである。本日は、昭和31年4月の第1号から39年2月の第61号まで、およそ8年間駆け抜けた伝説の雑誌の、フィナーレである。
§
 壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第61号は昭和39年2月発行。昭和39年(1964年)と言えば、何と言っても東京オリンピックである。この年の上半期は、オリンピックに向けて準備に追われた各業界のせわしさが印象的だ。  開会式は10月10日。それに合わせ、この年は様々な形で新しいものが誕生した。関連した事柄をおおまかに列挙してみる。  国鉄の列車指定席の予約システムがコンピュータ化(マルス101)。国産の半導体式電卓(早川電機工業のCS-10A)が世界で初めて発売。日本人の海外への観光渡航が自由化。山梨県で富士スバルライン(富士山有料道路)開通。東京・羽田に羽田東急ホテル開業。営団地下鉄日比谷線開業。ホテルニューオータニ、東京プリンスホテル開業。気象庁の富士山レーダー完成。東京モノレール開業。神奈川県川崎市によみうりランド開園。大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅・梅田駅間が開業。東海道新幹線開業。静岡県の熱海峠か…

STAGE COACH

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年8月18日付「STAGE COACH」より)。

【古い『駅馬車』のサントラカセット】
 『RED DEAD REDEMPTION』というゲームのブログ([R.D.R. Telegram])を新しく開設したのをきっかけに、その西部劇の雰囲気を確かめるべく、ジョン・フォード監督の映画“STAGE COACH”『駅馬車』を鑑賞しました。

 サイト「Red Dead Redemption攻略 Wiki」“Rockstarオススメ西部劇”によると、ジョン・フォード監督の映画は『捜索者』(原題『The Searchers』)が推薦されていますが、『駅馬車』も捨てたものではなく、シナリオも映像も活き活きとしていてまったく古さを感じさせません。
 私はこの映画を、小学生の低学年の頃に“聴いた”のです。

 実はその頃、一番上の姉が南雲堂という会社の英会話のカセット教材を買い、その中に「映画&英会話 サントラカセット+英和対訳シナリオ」という教材が含まれていて、その中身の音源となっていたのが日本ヘラルド映画提供の『駅馬車』でした。私はこっそり姉の部屋からこの教材だけを持ちだし、ずっと自分のものにしていました。
 英語と日本語の両方が書かれたシナリオを読みながら、カセットテープを再生すると、映画の中の登場人物による会話によって、口語の英語が理解できる――といった主旨なのですが、小学生だった私はあまり無頓着でした。ともかく、このテープを何度も聴いているうち、“STAGE COACH”の冒頭の数十分がインプットされ、映像を自ら想像しながら楽しんだものです。
 酔いどれブーン医師のセリフ、

《"Is this the face that wrecked a thousand ships-And burned the towerless tops of Ilium?" Farewell, fair Helen》
《Don't tell me, sir, I know, I know, a familiar name, and an honored name! I never forget a face or a friend. Samples? Hm....Ah! Rye!》

【ウレタン部分に落書きが…】
 などはもうセリフがサウンドとして頭にこびりついて離れません。中盤、ヤキマがスペイン語で歌う歌も覚えてしまい、 何気なく口ずさむこともあったほどです。

 先ほどこの『駅馬車』のカセットテープを保護するウレタンの部分を見たら、
〈駅馬車  ジョン・フォード監督  昭和14年 日本ヘラルド映画〉
 と小学生だった私のマジック筆が書かれてありました。さらに別の箇所には薄く、〈死〉という文字もあったりして、何か相当な影響を受けたのだなと思わず笑ってしまいました。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

左卜全と心霊写真

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話