投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

☞最新の投稿

さだまさしの「軽井沢ホテル」

イメージ
自分の学生時代の頃のことを思い出すのは、身悶えするような切なさを伴う。同じ地べたを踏み歩いてきた幼き頃の自分――というのとは少し感覚が異なって、まったく《異世界》に居た、別人に近い自分に思えるからである。世の受験シーズン、卒業シーズン、そして入学シーズンの話題を聞くようになると、そうした学生時代の過去の一幕を無為に振り返ってしまうのは、大人の悲しい性である。時には思い出さなくいいことまで、余計に思い出してしまうこともあり、記憶とは、泥にまみれた水滴の残滓、という言い方がこの場合は好ましい。
§
 私が中学・高校生だった頃は、夜ともなれば、AMやFMのラジオ番組に夢中になっていて、あちらこちらのラジオ局の、お気に入りの番組に耳を傾けていたように思う。そうしてそこから、情趣ある音楽のそこはかとない世界に迷い込むことが多かったのだけれど、35年前に買ったレコード――さだまさしさんが歌う「軽井沢ホテル」――には、中学校時代の個人的な情念が深く入り込んでしまっていて、いま聴くと、苦くて切ない。そうした切なさの香りは、喜怒哀楽を現実のものとして氷解させ、呼び起こすことにもなるのだった。  35年前の1985年(昭和60年)。私は中学1年生だった。気心知れた小学校の旧友とは離ればなれとなっており、クラスメートの大半はほとんど初めて出会う男女であった。それだけでも多分に、息苦しかった。初めて見る顔に戸惑いを覚えた、と辛い記憶しかない。
 初めての学校、初めての教室、初めての担任に、初めてのクラスメート――。違和感だらけであった。真後ろの席の男子とは、すぐに仲良くなった。しかし、全体の違和感の溝は、なかなか埋まらない。授業が始まっても、なんとなく気持ちが上の空で身が入らないのだった。  落ち着く先を見つけるため、旧友が入部したという演劇部に入った。やはり旧友と部活の中で話をすると、心が和む。しかも演劇部の部長が、何気に美しかったのである。部長は3年生の女子で、なんと聞けば、自分のクラスの、真後ろの席の男子の姉だったのだ。これでいっそう愉快な気分となった。演劇部は居心地が良かった。中学1年の私は、演劇部の部長に仄かな恋をした。
 さださんがパーソナリティをやっていた「さだまさしのセイ!ヤング」という文化放送のラジオ番組(毎週土曜の夜11時放送)を聴いていたのは、その頃のことである…

さらに図書室の話

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年10月12日付「さらに図書室の話」より)。

前回は小学校当時の図書室の話を書きました。
 そこで『学習百科大事典アカデミア』の第10巻[国語](コーキ出版)で調べてみると、「図書館」というトピックスがあり、例の本のカテゴリーについて書いてありました。
 この本のカテゴリーのことを「日本十進分類法」(NDC)といい、すべての本を0から9の[類]に分け、番号を付けます。この各類をさらに[綱]として細分化し、10ずつに分けます。さらにこの綱を細分化し、10ずつに分けて、[目]とします。昭和3年に森清という人が「和洋図書共用十進分類法案」として発表したものを定期的に改訂し続けて採用しているようです。
 ではせっかくなので、[類]のみを書き記してみます。ちなみにこれは昭和50年発行の『学習百科大事典アカデミア』に寄るものです。
■日本十進分類法[類] 0類 総記(事典・年かん・図書館・読書についての本) 1類 哲学・宗教(道徳・人間の生き方・考え方・神仏の教えなど) 2類 歴史・地理(日本や外国の歴史・地理・伝記など) 3類 社会科学(教育・国のしくみ・法律のこと・銀行のことなど) 4類 自然科学(数学・自然のこと・医学・天文など) 5類 工学・技術(機械工業・造船・家事など) 6類 産業(農林水産業・交通・通信) 7類 芸術(絵画・彫刻・写真・音楽・劇・スポーツなど) 8類 語学(国語・外国語・文法・文字・作文など) 9類 文学(日本や外国の童話・小説・詩など)
 私の小学校では、この分類をもとにシール(本の背に貼る小さなラベル)に分類番号、著者記号、巻冊記号の数字の判を押し、書棚に整理していました。シールはカラーシールになっていて、[類]の0~9を色分けし、赤は9類の文学、黄色は×類の○×とわかるようになっていたのです。
 もちろん、図書室には「目録カード」もありました。正式には書名目録、著者名目録、件名目録などあるようですが、どのように目録がなされていたかは覚えていません。確かに目録カードの棚は置いてあったのだけれども、小学生の児童が利用する図書室という性質上、この目録カードを覗きにくる児童は、ほとんどいなかったのではないでしょうか。
 我が小学校では、ポプラ社の江戸川乱歩「少年探偵」シリーズの人…

江戸川乱歩と図書室の話

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年10月5日付「江戸川乱歩と図書室の話」より)。

 一昨日、CS放送で『江戸川乱歩「吸血鬼」より 氷柱の美女』を鑑賞しました。
 これはかつてテレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」でシリーズ化されていた、江戸川乱歩の名探偵・明智小五郎が登場する“美女シリーズ”の第一作目で、1977年8月20日放送の90分ドラマです。
 1977年というと昭和52年ということで、私自身は当時まだ5歳です。その頃、このドラマを観たかどうかは記憶にありませんが、この美女シリーズは何度も再放送されているので、小学生で観たのは確実で、私が初めて江戸川乱歩という人を知ったのは、おそらくこのシリーズがきっかけだったかと思われます。
 『氷柱の美女』の内容については、ブログ[レトロな雑記帳]さんの批評が面白いので、そちらにお譲りします。
 私の小学校の母校では、当時(昭和50年代)、図書室の書棚の一角に、ずらりと並んだポプラ社の江戸川乱歩「少年探偵」シリーズが大人気でした。
 もちろん私もこのシリーズの大ファンで、ほぼすべての巻を読み漁りましたが、本の終わりに差し入れている管理用の図書カードには、借りた児童の名前がびっしり書かれていて、大人気のために書棚がガラガラの時が年中あって、おそらくかなり早いペースで図書カードを刷新しなければならなかったと思います。
 ちなみに、私の同級生だった女の子=Yさんの名前が、このシリーズ全巻の図書カードに記されてあって、彼女もまた江戸川乱歩ファンだった文学少女です(中学校で同じ演劇部員となる)。
 話は少し変わりますが、私はこの小学校の図書室の雰囲気や管理システムが大好きでした。
 図書室の管理すなわち本の貸し出しと回収の受付係は児童がやります。小学生の高学年になると、委員会制度があって、図書委員会のメンバーが交代で休み時間に受付係を任されます。
 本を借りる人は、借りたい本に差し込まれている図書カードに学年とクラス、名前を記入し、それを受付に提出します。図書係は必ず提出されたすべての図書カードを学年及びクラス毎に整理(整理箱に分類)しておき、借りた児童が本を持って返す時、自分のカードを整理箱から取って、本と一緒に受付係に渡します。図書係は図書カードの借りた児童の名前の欄に受領判を押し、カード…