スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2010の投稿を表示しています

☞最新の投稿

伴田良輔の「震える盆栽」再考

作家でありセクシュアル・アートの評論家でもある、伴田良輔氏の様々な文筆作品に目を通す機会が多かった私は、その最初に出合ったショート・ショート作品「震える盆栽」の妖しげで奇怪なる感動が今でも忘れられない。それはもう、かれこれ27年も前のことになるのだった。  この「震える盆栽」については、当ブログ「『震える盆栽』を読んだ頃」(2011年2月)で書いた。いずれにしても27年前の“異形の出合い”がなければ、その後私はセクシュアル・アートへの造詣を深めることは無理であったろう。敢えてもう一度、この作品について深く掘り下げてみたくなった。あの時の、邂逅のエピソードからあらためて綴っていくことにする。
§
 「震える盆栽」を初めて知った(初めて出合った)のは、90年代初め。私はその頃上野の専門学校に通っており、まだ20歳になったばかりの時である。  ある日、授業の合間に学校を抜け出て、入谷方面へと散歩に出掛けた。交差点近くの所に来て、小さな書店を見つけたのだった。暇つぶしにこれ幸い、とその店に駆け込んだのだけれど、今となっては、その場所も、店の名前もまったく憶えていない。――ちなみに後年、鬼子母神(真源寺)のある入谷におもむいて、この書店をしらみつぶしに探したことがあったが、見つからなかった。既に閉店していた可能性もある。  私は、ありとあらゆる理由を考えた末に、結局、あの書店はもともと狐なるものが経営していて、ある日忽然と消えてしまったのだ、と信じて已まない。そういえば店主は、細い目をしていたような――。
 閑話休題。さて、その書店に入ったはいいが、真っ昼間で他のお客は誰も居なかったのだった。だから店内はしーんと静まりかえっていた。この狭い空間に、店主と私二人きり。何かUSENのBGMくらいかけておいて欲しい…。雰囲気としてはとても堪えられそうになかった。そう思ってしまったのは、なんとも若気の至りであった。
 若気の至りほど感覚的に懐かしいものはない。今の私なら、そういう小さな商店に足を踏み入れて、場の悪い空気にさらされたとしても、何ら平気。何のためらいもなく居続けるに違いない。え、客は私ひとりですが、なにかそれが問題でも?――。店主に話しかけられようが何だろうが、ずっと居座り続けるに違いない。尤も、長い時間読みたくなるくらい面白い本がそこにあれば、の話だが。  年を取…

さらに図書室の話

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年10月12日付「さらに図書室の話」より)。

前回は小学校当時の図書室の話を書きました。
 そこで『学習百科大事典アカデミア』の第10巻[国語](コーキ出版)で調べてみると、「図書館」というトピックスがあり、例の本のカテゴリーについて書いてありました。
 この本のカテゴリーのことを「日本十進分類法」(NDC)といい、すべての本を0から9の[類]に分け、番号を付けます。この各類をさらに[綱]として細分化し、10ずつに分けます。さらにこの綱を細分化し、10ずつに分けて、[目]とします。昭和3年に森清という人が「和洋図書共用十進分類法案」として発表したものを定期的に改訂し続けて採用しているようです。
 ではせっかくなので、[類]のみを書き記してみます。ちなみにこれは昭和50年発行の『学習百科大事典アカデミア』に寄るものです。
■日本十進分類法[類] 0類 総記(事典・年かん・図書館・読書についての本) 1類 哲学・宗教(道徳・人間の生き方・考え方・神仏の教えなど) 2類 歴史・地理(日本や外国の歴史・地理・伝記など) 3類 社会科学(教育・国のしくみ・法律のこと・銀行のことなど) 4類 自然科学(数学・自然のこと・医学・天文など) 5類 工学・技術(機械工業・造船・家事など) 6類 産業(農林水産業・交通・通信) 7類 芸術(絵画・彫刻・写真・音楽・劇・スポーツなど) 8類 語学(国語・外国語・文法・文字・作文など) 9類 文学(日本や外国の童話・小説・詩など)
 私の小学校では、この分類をもとにシール(本の背に貼る小さなラベル)に分類番号、著者記号、巻冊記号の数字の判を押し、書棚に整理していました。シールはカラーシールになっていて、[類]の0~9を色分けし、赤は9類の文学、黄色は×類の○×とわかるようになっていたのです。
 もちろん、図書室には「目録カード」もありました。正式には書名目録、著者名目録、件名目録などあるようですが、どのように目録がなされていたかは覚えていません。確かに目録カードの棚は置いてあったのだけれども、小学生の児童が利用する図書室という性質上、この目録カードを覗きにくる児童は、ほとんどいなかったのではないでしょうか。
 我が小学校では、ポプラ社の江戸川乱歩「少年探偵」シリーズの人…

江戸川乱歩と図書室の話

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年10月5日付「江戸川乱歩と図書室の話」より)。

 一昨日、CS放送で『江戸川乱歩「吸血鬼」より 氷柱の美女』を鑑賞しました。
 これはかつてテレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」でシリーズ化されていた、江戸川乱歩の名探偵・明智小五郎が登場する“美女シリーズ”の第一作目で、1977年8月20日放送の90分ドラマです。
 1977年というと昭和52年ということで、私自身は当時まだ5歳です。その頃、このドラマを観たかどうかは記憶にありませんが、この美女シリーズは何度も再放送されているので、小学生で観たのは確実で、私が初めて江戸川乱歩という人を知ったのは、おそらくこのシリーズがきっかけだったかと思われます。
 『氷柱の美女』の内容については、ブログ[レトロな雑記帳]さんの批評が面白いので、そちらにお譲りします。
 私の小学校の母校では、当時(昭和50年代)、図書室の書棚の一角に、ずらりと並んだポプラ社の江戸川乱歩「少年探偵」シリーズが大人気でした。
 もちろん私もこのシリーズの大ファンで、ほぼすべての巻を読み漁りましたが、本の終わりに差し入れている管理用の図書カードには、借りた児童の名前がびっしり書かれていて、大人気のために書棚がガラガラの時が年中あって、おそらくかなり早いペースで図書カードを刷新しなければならなかったと思います。
 ちなみに、私の同級生だった女の子=Yさんの名前が、このシリーズ全巻の図書カードに記されてあって、彼女もまた江戸川乱歩ファンだった文学少女です(中学校で同じ演劇部員となる)。
 話は少し変わりますが、私はこの小学校の図書室の雰囲気や管理システムが大好きでした。
 図書室の管理すなわち本の貸し出しと回収の受付係は児童がやります。小学生の高学年になると、委員会制度があって、図書委員会のメンバーが交代で休み時間に受付係を任されます。
 本を借りる人は、借りたい本に差し込まれている図書カードに学年とクラス、名前を記入し、それを受付に提出します。図書係は必ず提出されたすべての図書カードを学年及びクラス毎に整理(整理箱に分類)しておき、借りた児童が本を持って返す時、自分のカードを整理箱から取って、本と一緒に受付係に渡します。図書係は図書カードの借りた児童の名前の欄に受領判を押し、カード…