☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

「大阪」とリヒテルの謎にまつわる話

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2010年12月28日付「『大阪』とリヒテルの謎にまつわる話」より)。

 高校修学旅行の記憶の中に、「大阪の新世界の界隈を歩いた」――があります。が、修学旅行は姫路・金比羅・萩・山口・広島に行って、大阪を訪れた公式記録はありません。

 ――休憩のためにバスを降りる際、ここは賑やかなところだから十分気をつけるように…と引率の教師に含み笑いをされて、さて何のことかと思ったのですが、要するに風俗店には入るな、という意味だったようで、新世界商店街での休憩時間はものの数十分で終わった――という記憶。

 その記憶自体が非常に曖昧なうえ、卒業アルバムにある修学旅行旅程表には、東京から新幹線で姫路へ、姫路から姫路城へはバスの運行路線となっており、その記憶とはまったく食い違います。

 自分の記憶が不正確で、公式の旅程表が正確である、という可能性が高いにしても、どうも自分の記憶を捨てきれません。仮に、何らかの理由で旅程計画が急遽変更され、実は新幹線を大阪で降り、大阪からバスで姫路城へ向かったとも考えられ、卒業アルバムには当初の計画の旅程表がそのまま掲載された、という可能性もないわけではありません。

 ともかく、私にとって濃厚すぎる大阪への連想・連関は、この奇妙な記憶と“大阪万博”への憧憬以外、他にないのです。

 閑話休題。

 ムラヴィンスキーをWikipediaで調べると、注目すべき文面がありました。

《レニングラード・フィルは1958年に初来日を果たすが、ムラヴィンスキーは病気のために同行できなかった。1970年はムラヴィンスキーに出国許可が下りず(表向きは急病とされる)、代役でスヴァトスラフ・リヒテルが初来日している。1973年になってリヒテルの代役としてようやく初来日が実現した》

 先日紹介した、大阪万博開催に伴ってのフェスティバルホールでの催し物の中に、レニングラードフィルの演奏会があります。公式ガイドでは「エフゲニ・ムラビンスキー、アルビド・ヤンソンス指揮」と書いてありましたが、Wikiの文面が正しければ、この予定は覆ったことになるのでしょうか。また、1970年のリヒテル初来日は、予定にあった9月の演奏会のことではなく、7月のことになるのでしょうか。

 ネット上における“大阪万博”に最も詳しいサイト[EXPO'70]でもレニングラードフィルの演目の細部については触れられておらず、この時点では謎のままです。

 さらにネットを調べていけば、案外簡単に事実が明らかになるかと思いますが、敢えて私はこれ以上調べるのをやめておきます。

 こうして考えてみると、必ずしも史実として残る公式記録が正しいとは限らず、場合によっては記憶の残り滓のようなものの方が実は正確で真実であったりもする。

 一人のピアニストが、初めて訪れる東洋の地で、何を最初に見聞し、感じたか。それはひ弱なヒグラシの鳴き声ではなく、もしかするとエネルギッシュなクマゼミであったかも知れない。その方がなんとなくリヒテルらしいとも思えるのです。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー