☞最新の投稿

『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション

イメージ
前号に引き続き、今回は第61号。振り返れば、当ブログの2011年7月に初めて『洋酒天国』を紹介した(「開高健と『洋酒天国』」)のを思い出す。それより数年前から個人的にこの雑誌を蒐集していて、当時は25冊ほど手元にあったかと思われる。まさかそれから、9年の歳月を経て全号(第1号から第61号まで、合併号が1冊あるので全60冊)を入手し、ブログですべて紹介しきるとは、まったく想像していなかった。まことに珍奇なことである。
 途中、何度も蒐集をあきらめ、全てを掻き集めることは到底不可能――とも思われた。昭和の古い時代の稀覯本であるがゆえ、入手は困難を極めた。その度に、温厚な個人蒐集家の方々の協力に救われた。  こんなこともあった。それは数年前のことだが、「全号を所有している」というご高齢の男性の方とメールでやりとりをしたのである。何部かお譲りいただけないだろうか、と私は図々しく懇願してしまったのだけれど、その方からこういう返信があった。いや、本当に申し訳ないのだが、私にとってこの雑誌には若い頃の懐かしい想い出が詰まっています。どうかお察し下さい――。  『洋酒天国』は昭和を生き、今も生き続けている“珍本・豆本”に違いないのである。本日は、昭和31年4月の第1号から39年2月の第61号まで、およそ8年間駆け抜けた伝説の雑誌の、フィナーレである。
§
 壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第61号は昭和39年2月発行。昭和39年(1964年)と言えば、何と言っても東京オリンピックである。この年の上半期は、オリンピックに向けて準備に追われた各業界のせわしさが印象的だ。  開会式は10月10日。それに合わせ、この年は様々な形で新しいものが誕生した。関連した事柄をおおまかに列挙してみる。  国鉄の列車指定席の予約システムがコンピュータ化(マルス101)。国産の半導体式電卓(早川電機工業のCS-10A)が世界で初めて発売。日本人の海外への観光渡航が自由化。山梨県で富士スバルライン(富士山有料道路)開通。東京・羽田に羽田東急ホテル開業。営団地下鉄日比谷線開業。ホテルニューオータニ、東京プリンスホテル開業。気象庁の富士山レーダー完成。東京モノレール開業。神奈川県川崎市によみうりランド開園。大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅・梅田駅間が開業。東海道新幹線開業。静岡県の熱海峠か…

うとうととエリック・シューマン

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年1月1日付「うとうととエリック・シューマン」より)。

 明けまして、おめでとうございます。
 日頃よりUtaroのブログ&ホームページをご覧いただいている方々には感謝いたします。本年もご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 年末におけるちょっとした社会現象に思えて興味深かったのは、ツイッターでの紅白歌合戦実況ツイート。
 紅白の生中継を時々刻々伝えていた一般の方々が非常に多く、ここ10年以上それを観ていない私でも、つい釣られて〈ちょっとオンしてみようかな〉と思ったりしたほど。番組よりも熱狂的ですらありました。

 それはそうと、個人的には、年末の大掃除がまったく捗らず――というより時間に余裕がなく匙を投げてしまって――しないわけにもいかないので、正月明けには大掃除を…という煤払い厄払いの効果がまるでない状況に陥りそうなのですが、つい今朝方、意味もなく机の引き出しを開けると、買ったことをすっかり忘れていたCDが数盤出てきたりして、思いがけず聴いてみようという気になったりしています。

 そのうちの1枚が、バイオリニストのERIK SCHUMANNとピアニストのHENRI SIGFRIDSSON(ヘンリ・ジークフリードソン)のアルバム『PROKOFIEV・Violin Sonatas』。
 プロコフィエフの「ヴァイオリン・ソナタ」で、2008年にエリック・シューマンが来日しリサイタルを催した際に買ったもの。当時の自分の日記にはこう書いています。

〈朝食を摂らずに9時前に(ホテルを)チェックアウトし、上野駅に向かう。雨は降っておらず、むしろ青空が垣間見える。10時半、いつものカレーライスを食べ、その後、地下鉄・日比谷線に乗り東銀座駅で降りる。徒歩にて万年橋を渡って浜離宮朝日ホールに到着。11時半開演。エリック・シューマンのヴァイオリンリサイタルである。
 あまりの心地良さに眠気を何度も誘われたが、どうにか無事演奏が終わる。13時半。まだ20代なのにワビサビの利いた枯淡の奥深い音色。情趣たっぷりで若々しい軽快感とうまく融合されている。
 しかしこの日の私はあまりにも体調が悪すぎた。考えてみればスケジュールが過密すぎたのだ。眠気どころか頭痛がひどくなって、上野駅に戻るまでが重々しく辛かった〉
(2008年8月29日の自著日記より)

 その日は疲弊していたために、開演前のたっぷりとした時間を使って周囲を散歩することも、あるいは喫茶店でコーヒーを飲むことさえできぬほど“動きたくない”という本能が働き、会場近くのベンチでずっと座っていた、と覚えています。

 さてそのリサイタルで聴いたのが「ヴァイオリン・ソナタ」であったかどうかどうしても思い出せず、調べてみると、やはりプロコフィエフではなくブラームスのヴァイオリン・ソナタやサン=サーンスの曲などでした。アーティストの若い頃の演奏が生で聴けるというのは、それだけで贅沢なのですが、エリック・シューマンは特に刮目すべきアーティストです(本音は秘密にしておきたいのですが)。

 何かと縁故あるプロコフィエフの「ヴァイオリン・ソナタ」を今宵は聴いて、うとうととしながら良い初夢をみることとしましょう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

左卜全と心霊写真