☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

うとうととエリック・シューマン

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年1月1日付「うとうととエリック・シューマン」より)。

 明けまして、おめでとうございます。
 日頃よりUtaroのブログ&ホームページをご覧いただいている方々には感謝いたします。本年もご愛顧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 年末におけるちょっとした社会現象に思えて興味深かったのは、ツイッターでの紅白歌合戦実況ツイート。
 紅白の生中継を時々刻々伝えていた一般の方々が非常に多く、ここ10年以上それを観ていない私でも、つい釣られて〈ちょっとオンしてみようかな〉と思ったりしたほど。番組よりも熱狂的ですらありました。

 それはそうと、個人的には、年末の大掃除がまったく捗らず――というより時間に余裕がなく匙を投げてしまって――しないわけにもいかないので、正月明けには大掃除を…という煤払い厄払いの効果がまるでない状況に陥りそうなのですが、つい今朝方、意味もなく机の引き出しを開けると、買ったことをすっかり忘れていたCDが数盤出てきたりして、思いがけず聴いてみようという気になったりしています。

 そのうちの1枚が、バイオリニストのERIK SCHUMANNとピアニストのHENRI SIGFRIDSSON(ヘンリ・ジークフリードソン)のアルバム『PROKOFIEV・Violin Sonatas』。
 プロコフィエフの「ヴァイオリン・ソナタ」で、2008年にエリック・シューマンが来日しリサイタルを催した際に買ったもの。当時の自分の日記にはこう書いています。

〈朝食を摂らずに9時前に(ホテルを)チェックアウトし、上野駅に向かう。雨は降っておらず、むしろ青空が垣間見える。10時半、いつものカレーライスを食べ、その後、地下鉄・日比谷線に乗り東銀座駅で降りる。徒歩にて万年橋を渡って浜離宮朝日ホールに到着。11時半開演。エリック・シューマンのヴァイオリンリサイタルである。
 あまりの心地良さに眠気を何度も誘われたが、どうにか無事演奏が終わる。13時半。まだ20代なのにワビサビの利いた枯淡の奥深い音色。情趣たっぷりで若々しい軽快感とうまく融合されている。
 しかしこの日の私はあまりにも体調が悪すぎた。考えてみればスケジュールが過密すぎたのだ。眠気どころか頭痛がひどくなって、上野駅に戻るまでが重々しく辛かった〉
(2008年8月29日の自著日記より)

 その日は疲弊していたために、開演前のたっぷりとした時間を使って周囲を散歩することも、あるいは喫茶店でコーヒーを飲むことさえできぬほど“動きたくない”という本能が働き、会場近くのベンチでずっと座っていた、と覚えています。

 さてそのリサイタルで聴いたのが「ヴァイオリン・ソナタ」であったかどうかどうしても思い出せず、調べてみると、やはりプロコフィエフではなくブラームスのヴァイオリン・ソナタやサン=サーンスの曲などでした。アーティストの若い頃の演奏が生で聴けるというのは、それだけで贅沢なのですが、エリック・シューマンは特に刮目すべきアーティストです(本音は秘密にしておきたいのですが)。

 何かと縁故あるプロコフィエフの「ヴァイオリン・ソナタ」を今宵は聴いて、うとうととしながら良い初夢をみることとしましょう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様