☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

アルバム『collage』のこと

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年1月25日付「アルバム『collage』のこと」より)。

 数年前、だいぶ昔に自主制作した“CDアルバム”が懐かしくなり、思い立ってしばらく疎遠になっていた友人に書簡を送り、その友人にも贈ったCDアルバムを一時的に拝借し、複製盤を拵えようと企てた。自主制作したものが手元になく、配った先のみに有するということはしばしばあった。
 我ながら思い立った企てがなかなか名案であったと高を括っていたものの、届いたCDを試聴してみて憮然とした。CDの裏面はカーペットか何かにずっと圧せられていた痕があり、その音は忠実どころの話ではない、無残なほどノイズが混入して聴くに堪えられないものであった。
 何度か盤の物理的な修復を試みたが、元のサウンドを得ることができず、私の“名案”とこのCDは、敗残兵の亡骸の如く物悲しい哀れな事物とさえ感じられ、鄭重に気を遣ってCDを送り主に返送した。

【母校の卒業制作アルバム『collage』】
 そんな余談はさておき、我が母校の音響芸術科の卒業記念アルバム『collage』は、永久無二の存在であるが故、そのような排他的な扱いは一切していない、と自負する。
 千代田工科芸術専門学校の音響芸術科を卒業(1993年)して数ヶ月後、学校からCDが届いた。アルバム『collage』(コラージュ)は、音響芸術科の生徒が1年をかけてレコーディングした自主制作(1992年)のCDであり、マスタリングとプレス工程を終えたそれが卒業後にようやく完成し、ジャケットのパッケージと共に各生徒の所在地に配られたのである。無論、これは商業CDではないため、学校で所有するマスターテープ以外、生徒が所有するCDが唯一の音源であって、reissueは二度とあり得ない貴重な永久保存盤だ。

 うぐいすポップスオーケストラ
 河辺浩市オールスターズ
 河辺浩市とスイングジャイアンツ
 音楽ゼミナールオーケストラ

【アルバムのライナーノーツ】
 CDの内容は、上記の演奏者らによるアメリカンポップス及びスタンダードナンバーである。

01.THE SHADOW OF YOUR SMILE(JOHNNY MANDEL)
02.LOVE STORY(FRANCIS LAI)
03.SLEIGH RIDE(LEROY ANDERSON)
04.THEMES FROM 007 [MEDLEY]
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
05.MOON RIVER(HENRY MANCINI)
06.OVER THE RAINBOW(HAROLD ARLEN)
07.PETER GUNN(HENRY MANCINI)
08.LEROY ANDERSON FAVORITES
  BLUE TANGO
  BELLE OF THE BALL
  SERENATE(LEROY ANDERSON)
09.THE PREACHER(HORACE SILVER)
10.I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT(DUKE ELINGTON)
11.THAT'S A PLENTY(RAY GILBERT/LEW POLLACK)
12.SWANEE(STEPHEN-COLLINES FOSTER)
13.THEMES FROM 007 [MEDLEY]*
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
*音ゼミ履修学生らによる目黒公会堂でのライブ・レコーディング。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー