☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

アルバム『collage』のこと

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年1月25日付「アルバム『collage』のこと」より)。

 数年前、だいぶ昔に自主制作した“CDアルバム”が懐かしくなり、思い立ってしばらく疎遠になっていた友人に書簡を送り、その友人にも贈ったCDアルバムを一時的に拝借し、複製盤を拵えようと企てた。自主制作したものが手元になく、配った先のみに有するということはしばしばあった。
 我ながら思い立った企てがなかなか名案であったと高を括っていたものの、届いたCDを試聴してみて憮然とした。CDの裏面はカーペットか何かにずっと圧せられていた痕があり、その音は忠実どころの話ではない、無残なほどノイズが混入して聴くに堪えられないものであった。
 何度か盤の物理的な修復を試みたが、元のサウンドを得ることができず、私の“名案”とこのCDは、敗残兵の亡骸の如く物悲しい哀れな事物とさえ感じられ、鄭重に気を遣ってCDを送り主に返送した。

【母校の卒業制作アルバム『collage』】
 そんな余談はさておき、我が母校の音響芸術科の卒業記念アルバム『collage』は、永久無二の存在であるが故、そのような排他的な扱いは一切していない、と自負する。
 千代田工科芸術専門学校の音響芸術科を卒業(1993年)して数ヶ月後、学校からCDが届いた。アルバム『collage』(コラージュ)は、音響芸術科の生徒が1年をかけてレコーディングした自主制作(1992年)のCDであり、マスタリングとプレス工程を終えたそれが卒業後にようやく完成し、ジャケットのパッケージと共に各生徒の所在地に配られたのである。無論、これは商業CDではないため、学校で所有するマスターテープ以外、生徒が所有するCDが唯一の音源であって、reissueは二度とあり得ない貴重な永久保存盤だ。

 うぐいすポップスオーケストラ
 河辺浩市オールスターズ
 河辺浩市とスイングジャイアンツ
 音楽ゼミナールオーケストラ

【アルバムのライナーノーツ】
 CDの内容は、上記の演奏者らによるアメリカンポップス及びスタンダードナンバーである。

01.THE SHADOW OF YOUR SMILE(JOHNNY MANDEL)
02.LOVE STORY(FRANCIS LAI)
03.SLEIGH RIDE(LEROY ANDERSON)
04.THEMES FROM 007 [MEDLEY]
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
05.MOON RIVER(HENRY MANCINI)
06.OVER THE RAINBOW(HAROLD ARLEN)
07.PETER GUNN(HENRY MANCINI)
08.LEROY ANDERSON FAVORITES
  BLUE TANGO
  BELLE OF THE BALL
  SERENATE(LEROY ANDERSON)
09.THE PREACHER(HORACE SILVER)
10.I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT(DUKE ELINGTON)
11.THAT'S A PLENTY(RAY GILBERT/LEW POLLACK)
12.SWANEE(STEPHEN-COLLINES FOSTER)
13.THEMES FROM 007 [MEDLEY]*
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
*音ゼミ履修学生らによる目黒公会堂でのライブ・レコーディング。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」