☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

アルバム『collage』のこと

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年1月25日付「アルバム『collage』のこと」より)。

 数年前、だいぶ昔に自主制作した“CDアルバム”が懐かしくなり、思い立ってしばらく疎遠になっていた友人に書簡を送り、その友人にも贈ったCDアルバムを一時的に拝借し、複製盤を拵えようと企てた。自主制作したものが手元になく、配った先のみに有するということはしばしばあった。
 我ながら思い立った企てがなかなか名案であったと高を括っていたものの、届いたCDを試聴してみて憮然とした。CDの裏面はカーペットか何かにずっと圧せられていた痕があり、その音は忠実どころの話ではない、無残なほどノイズが混入して聴くに堪えられないものであった。
 何度か盤の物理的な修復を試みたが、元のサウンドを得ることができず、私の“名案”とこのCDは、敗残兵の亡骸の如く物悲しい哀れな事物とさえ感じられ、鄭重に気を遣ってCDを送り主に返送した。

【母校の卒業制作アルバム『collage』】
 そんな余談はさておき、我が母校の音響芸術科の卒業記念アルバム『collage』は、永久無二の存在であるが故、そのような排他的な扱いは一切していない、と自負する。
 千代田工科芸術専門学校の音響芸術科を卒業(1993年)して数ヶ月後、学校からCDが届いた。アルバム『collage』(コラージュ)は、音響芸術科の生徒が1年をかけてレコーディングした自主制作(1992年)のCDであり、マスタリングとプレス工程を終えたそれが卒業後にようやく完成し、ジャケットのパッケージと共に各生徒の所在地に配られたのである。無論、これは商業CDではないため、学校で所有するマスターテープ以外、生徒が所有するCDが唯一の音源であって、reissueは二度とあり得ない貴重な永久保存盤だ。

 うぐいすポップスオーケストラ
 河辺浩市オールスターズ
 河辺浩市とスイングジャイアンツ
 音楽ゼミナールオーケストラ

【アルバムのライナーノーツ】
 CDの内容は、上記の演奏者らによるアメリカンポップス及びスタンダードナンバーである。

01.THE SHADOW OF YOUR SMILE(JOHNNY MANDEL)
02.LOVE STORY(FRANCIS LAI)
03.SLEIGH RIDE(LEROY ANDERSON)
04.THEMES FROM 007 [MEDLEY]
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
05.MOON RIVER(HENRY MANCINI)
06.OVER THE RAINBOW(HAROLD ARLEN)
07.PETER GUNN(HENRY MANCINI)
08.LEROY ANDERSON FAVORITES
  BLUE TANGO
  BELLE OF THE BALL
  SERENATE(LEROY ANDERSON)
09.THE PREACHER(HORACE SILVER)
10.I'M BEGINNING TO SEE THE LIGHT(DUKE ELINGTON)
11.THAT'S A PLENTY(RAY GILBERT/LEW POLLACK)
12.SWANEE(STEPHEN-COLLINES FOSTER)
13.THEMES FROM 007 [MEDLEY]*
  THE JAMES BOND THEME(MONTY NORMAN)
  FOR YOUR EYES ONLY(BILL CONTI)
  LIVE AND LET DIE(PAUL McCARTNEY)
  GOLD FINGER(JOHN BARRY)
*音ゼミ履修学生らによる目黒公会堂でのライブ・レコーディング。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様