☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

ポートピア連続殺人事件

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年2月15日付「ポートピア連続殺人事件」より)。

【パソコン・ゲーム『ポートピア連続殺人事件』】
 小学5年生頃、夢中になったゲームがあります。
 『ポートピア連続殺人事件』。

 8ビットパソコンのPC-6001で当時このアドベンチャーゲームを楽しみました。若い人でもこのゲームの名前だけは聞いたことがあるかも知れません。近年、モバゲーでもReissueされたようですが…。

 サラ金会社の社長「やまかわこうぞう」が、密室となっていた自宅マンションで死体となって発見された、というところからスタートするこのゲームは、自分が刑事(=ボス)となって部下の「まのやすひこ」(=ヤス)を引き連れ、事件を推理し、犯人を逮捕するというのが目的で、シューティングゲームとはまったく毛色の違うアドベンチャーゲームというジャンルの中でも、国内では一、二を争うヒット作だったのではないでしょうか。

 当時有名だった『ミステリーハウス』と同様、コマンドを入力し、事件の謎を解いていきます。ここでは詳しく説明しませんが、〔ほんだな しらべろ〕とか〔みなと いけ〕、〔したい みろ〕といった感じで入力すると、部下のヤスが行動しそれに応えるので、それを総合的に推理して、犯人を捜し出すまで捜査し続ける、というかたちになります。

 個人的には、後々ゲーム界に燦然と登場する『ドラゴンクエスト』よりも衝撃的で――もちろん原作者は同じ堀井雄二さんですが――雑誌か何かの情報を掴んで買ったのではなく、たまたま足を運んだ“マイコンショップ”のPC-6001のコーナーに置かれていたゲームソフトを手に取り、偶然それを買ってみてプレイしたところがとんでもなく面白かった、というのが『ポートピア連続殺人事件』の第一の感想です。なんといってもパッケージが怖かった…。

【パッケージ裏】
 このゲームを友達と二人でプレイし、何ヶ月も悪戦苦闘して、推理に行き詰まり、ほとんど諦めかけていた頃に、ひょんな拍子でコマンド命令がうまくいき、ようやく真犯人に口を割らせた時の喜びの瞬間。長く難しい宿題を終えたある種の達成感がありました。

 ある時、別の友人がPC-6601を買ったというのを聞いたので、このゲームを貸したところ、不運にもついに小学校卒業という時節を迎えて返ってこず、事実上、その友人に『ポートピア連続殺人事件』をプレゼントしてしまいました。それからというもの、長らく、私の頭の中でこのゲームの妄想が続きました。

 そうして2002年、オークションのアイテムにこのゲームが挙がっていることを知ると、矢も楯もたまらず、気を入れて入札作戦を展開したところ、なんとかそれを入手することができたので、今現在このゲームはひっそりと押し入れの中に眠っています。再びプレイする日はあるのか否か…。

※当ブログ「『ポートピア連続殺人事件』の時代」はこちら

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」