☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

ポートピア連続殺人事件

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年2月15日付「ポートピア連続殺人事件」より)。

【パソコン・ゲーム『ポートピア連続殺人事件』】
 小学5年生頃、夢中になったゲームがあります。
 『ポートピア連続殺人事件』。

 8ビットパソコンのPC-6001で当時このアドベンチャーゲームを楽しみました。若い人でもこのゲームの名前だけは聞いたことがあるかも知れません。近年、モバゲーでもReissueされたようですが…。

 サラ金会社の社長「やまかわこうぞう」が、密室となっていた自宅マンションで死体となって発見された、というところからスタートするこのゲームは、自分が刑事(=ボス)となって部下の「まのやすひこ」(=ヤス)を引き連れ、事件を推理し、犯人を逮捕するというのが目的で、シューティングゲームとはまったく毛色の違うアドベンチャーゲームというジャンルの中でも、国内では一、二を争うヒット作だったのではないでしょうか。

 当時有名だった『ミステリーハウス』と同様、コマンドを入力し、事件の謎を解いていきます。ここでは詳しく説明しませんが、〔ほんだな しらべろ〕とか〔みなと いけ〕、〔したい みろ〕といった感じで入力すると、部下のヤスが行動しそれに応えるので、それを総合的に推理して、犯人を捜し出すまで捜査し続ける、というかたちになります。

 個人的には、後々ゲーム界に燦然と登場する『ドラゴンクエスト』よりも衝撃的で――もちろん原作者は同じ堀井雄二さんですが――雑誌か何かの情報を掴んで買ったのではなく、たまたま足を運んだ“マイコンショップ”のPC-6001のコーナーに置かれていたゲームソフトを手に取り、偶然それを買ってみてプレイしたところがとんでもなく面白かった、というのが『ポートピア連続殺人事件』の第一の感想です。なんといってもパッケージが怖かった…。

【パッケージ裏】
 このゲームを友達と二人でプレイし、何ヶ月も悪戦苦闘して、推理に行き詰まり、ほとんど諦めかけていた頃に、ひょんな拍子でコマンド命令がうまくいき、ようやく真犯人に口を割らせた時の喜びの瞬間。長く難しい宿題を終えたある種の達成感がありました。

 ある時、別の友人がPC-6601を買ったというのを聞いたので、このゲームを貸したところ、不運にもついに小学校卒業という時節を迎えて返ってこず、事実上、その友人に『ポートピア連続殺人事件』をプレゼントしてしまいました。それからというもの、長らく、私の頭の中でこのゲームの妄想が続きました。

 そうして2002年、オークションのアイテムにこのゲームが挙がっていることを知ると、矢も楯もたまらず、気を入れて入札作戦を展開したところ、なんとかそれを入手することができたので、今現在このゲームはひっそりと押し入れの中に眠っています。再びプレイする日はあるのか否か…。

※当ブログ「『ポートピア連続殺人事件』の時代」はこちら

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様