☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

筑波山神社での写真

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年3月8日付「筑波山神社での写真」より)。

【男体山コマ展望台付近にて】
 筑波山の男体山の頂上をケーブルカーで登るには、中途、「筑波山神社」の境内を通り過ぎなければいけません。

 1981年の春であったか、小学3年生(8歳)だった私は、学年の遠足で筑波山に登っています。この時往路は女体山にあるロープウェーで登り、徒歩で男体山へ、頂上の「コマ展望台」のレストランで昼食、そして復路はケーブルカーで降り、筑波山神社にてクラス毎の記念写真撮影、という行程でした。

 当時、小学校では、学校行事の際のスナップ写真は、撮影された厖大な写真サンプルの中から欲しい写真(大抵は自分が写っている写真)を選択し、その枚数分だけ写真代を払うという仕組みでした。神社での記念写真は間違いなくプロのカメラマンが撮影していますが、各場所での児童のスナップ写真もかなりうまい具合に(ほぼ全ての児童がどこかで必ず写っているように計算されて)撮られているので、地元の写真屋さんのプロが同行して撮ったのかも知れません。押し入れにしまい込まれていたフォトアルバムには、この時の筑波山遠足の写真が十数枚ほど貼られていました。

【今回撮影した筑波山神社の石段】
 先週、筑波山神社を訪れたとき、本殿の手前にある急斜面の石段で、当時の記念写真が撮られたことを憶えていたので、同じような構図で自分も撮ってみました(Olympus E-P2で撮影)。

 こうして二つの写真を見比べてみると、非常に面白いのです。

 まず気づいたのは、1981年当時にはなかった、本殿の真鍮製の鐘。色ツヤからしてかなり新しいものと思われます。それから、石段上の欄干が比較的新しいこと。“筑波山神社”という赤い字が加えられており、より格調高く感じられます。

【1981年の遠足で撮影】
 石段の一つ一つはまったく当時のままのようで、最前段の石組の割れ具合もそのままです。当たり前の話ですが今の方が苔生していて、かなり古びた印象です。

 ところで、この画像からは判別できないと思いますが、記念写真の方の、つまり古い方の欄干には、“東京新吉原 山田喜久次郎”と記されています。欄干を寄進した人物――と受け取るべきその人物は一体誰なのか?

 調べたところ、それは明治から昭和にかけての浅草の興行師であることがわかりました。出身が茨城県の常陸、ということで合点がいきました。『鉄砲喜久一代記―明治・大正・昭和を駆け抜けた快男子』(油棚憲一著・福昌堂)という本があるようです。何か非常に面白い人物であるような気がします。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー