☞最新の投稿

『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション

イメージ
前号に引き続き、今回は第61号。振り返れば、当ブログの2011年7月に初めて『洋酒天国』を紹介した(「開高健と『洋酒天国』」)のを思い出す。それより数年前から個人的にこの雑誌を蒐集していて、当時は25冊ほど手元にあったかと思われる。まさかそれから、9年の歳月を経て全号(第1号から第61号まで、合併号が1冊あるので全60冊)を入手し、ブログですべて紹介しきるとは、まったく想像していなかった。まことに珍奇なことである。
 途中、何度も蒐集をあきらめ、全てを掻き集めることは到底不可能――とも思われた。昭和の古い時代の稀覯本であるがゆえ、入手は困難を極めた。その度に、温厚な個人蒐集家の方々の協力に救われた。  こんなこともあった。それは数年前のことだが、「全号を所有している」というご高齢の男性の方とメールでやりとりをしたのである。何部かお譲りいただけないだろうか、と私は図々しく懇願してしまったのだけれど、その方からこういう返信があった。いや、本当に申し訳ないのだが、私にとってこの雑誌には若い頃の懐かしい想い出が詰まっています。どうかお察し下さい――。  『洋酒天国』は昭和を生き、今も生き続けている“珍本・豆本”に違いないのである。本日は、昭和31年4月の第1号から39年2月の第61号まで、およそ8年間駆け抜けた伝説の雑誌の、フィナーレである。
§
 壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第61号は昭和39年2月発行。昭和39年(1964年)と言えば、何と言っても東京オリンピックである。この年の上半期は、オリンピックに向けて準備に追われた各業界のせわしさが印象的だ。  開会式は10月10日。それに合わせ、この年は様々な形で新しいものが誕生した。関連した事柄をおおまかに列挙してみる。  国鉄の列車指定席の予約システムがコンピュータ化(マルス101)。国産の半導体式電卓(早川電機工業のCS-10A)が世界で初めて発売。日本人の海外への観光渡航が自由化。山梨県で富士スバルライン(富士山有料道路)開通。東京・羽田に羽田東急ホテル開業。営団地下鉄日比谷線開業。ホテルニューオータニ、東京プリンスホテル開業。気象庁の富士山レーダー完成。東京モノレール開業。神奈川県川崎市によみうりランド開園。大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅・梅田駅間が開業。東海道新幹線開業。静岡県の熱海峠か…

旧東京音楽学校奏楽堂のこと

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年5月27日付「旧東京音楽学校奏楽堂のこと」より)。

 私が所有している古い百科事典に『原色学習図解百科』(1968年学研)というのがあります。幼年時代より親しんでいる百科事典です(百科事典については、このブログでも度々触れてきました)。『原色学習図解百科』の第9巻は[楽しい音楽と鑑賞]で、付録の6枚のEPレコードを聴きながら、クラシック音楽を楽しく学ぶ、という主旨になっていて、今でも私は枕元に置き、クラシック音楽を楽しむため、そして音楽の基礎を振り返るための愛読本としています。

 さて、この本の巻末は「図説音楽年表」で、紀元前から1953年までの“音楽のうつりかわり”つまり音楽の歴史が、子供が読まれても理解できるような図説で解説してあり、大人でも読み応えがあります。

 一昨日、上野公園を散策した際、ほとんど個人的に定番の散歩コースとなっているのが、公園の外れにある奏楽堂の辺り。「旧東京音楽学校奏楽堂」のことですが、木造建築で気品のある建物。

 私が幼年の頃、その図説音楽年表の“近・現代の音楽”のページに、ある楽団と外国人指揮者を写した古びた写真が掲載されていて、なんとなくいつもそれを刮目していたのを憶えています。それが奏楽堂の音楽ホールでの写真だったのです。キャプションには《1904(明治37)年ごろの東京音楽学校の管弦楽団》と記されており、一番手前で髭を生やした外国人男性が腹の前で手を組み、足を交差させているのを見て、子供ながら〈一体この男の人は誰だろう?〉と謎めいた気持ちになっていました。

 アウグスト・ユンケルという人でした。ホームページで同じ写真があるので確認できるでしょう。

 散歩コースで毎回建物を眺めていながら、まだ一度も館内を見学したことがない奏楽堂。ちょっと恐れ多いという思いがあるためですが、今度は必ず入ってみたいと思っています。

 第9巻は私の姉たちも小学校の教材として予習したのか、至る所に青色のマーカーが記されています。奏楽堂の写真の右側にある年表にも、ある西暦に丸がしてあります。

《1910年 ストラビンスキーのバレエ音楽「火の鳥」パリで初演
1914年 第一次世界大戦はじまる》

 の2箇所。もし私が丸を付けるとするならば、

《1902年 ドビュッシーが歌劇「ペレアスとメリザンド」を作曲、印象派音楽を確立する》

 になるでしょうか。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

左卜全と心霊写真

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話