投稿

6月, 2011の投稿を表示しています

☞最新の投稿

映画『犬神家の一族』の美と愛

イメージ
【1976年公開の映画『犬神家の一族』の広告】  ふと、感慨に耽る。私にとって映画を観ることとは、いったいどんな意味があるのか。  それは、最たる嗜好品(=materials)とのふれあいであり、寵愛の対象であり、幻影なるものへのフェティシズム的な憧憬である。この世の美しいもの、不可思議なもの、既に存在しないものが記録されたフィルムを通じて投光され、スクリーンに映し出される。そこでは多く、人間ドラマが繰り広げられる。人々の活動的な絢爛豪華さと弱肉強食、愛憎、醜悪、汚穢といったものまでがスクリーンに投影=顕在化されると信じて已まない。  こうした自身の映画狂――cinéphile(シネフィル)について語るのに、わざわざ仰々しい形容を用いなければならないのは、日本映画の巨匠・市川崑監督の代表作を紹介するためだけにあらず、それが私にとって、映画というものとの出合いを決定付けた、記念すべき作品であるからに他ならない。むろん、その作品は、極私的な映画狂云々など語らずとも、燦然と輝く芸術的至宝であることは、言うまでもない。1976年に公開された市川崑監督の日本映画『犬神家の一族』(角川春樹事務所第一回作品)が、それである。 ➤市川崑の映画的萌芽 《信州財界の一巨頭、犬神財閥の創始者、日本の生糸王といわれる犬神佐兵衛が、八十一歳の高齢をもって、信州那須湖畔にある本宅で永眠したのは、昭和二十×年二月のことであった》 ――という文章で、横溝正史の小説は始まっている。彼――犬神佐兵衛の生い立ちを記した「犬神佐兵衛伝」なる書物の中味が真っ先に叙述され、そこで那須神社の神官・野々宮大弐との深い関わり合いにとどまらず、大弐の妻の晴世とその一子・祝子、さらに祝子の子である野々宮珠世の事柄が示され、生涯正室をもたなかった佐兵衛の子である松子、竹子、梅子の3人の娘の系図も始めに明らかとなる。  次いで、それぞれの3人の娘が産んだ子、すなわち佐兵衛からすれば孫に当たる佐清、佐武、佐智という登場人物も、小説では最初に紹介されている。すなわちこの『犬神家の一族』の物語は、他界した犬神佐兵衛の“遺産相続”をめぐる一家の内紛内情を露わにした、恐るべき血みどろの“連続殺人事件”が主題であり、この事件の解明に首を突っ込まざるを得なくなったのが、名探偵・金田一耕助なのであった。  しかし、市川崑監督が描きだした映

「誰が為に」ということ

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年6月28日付「『誰が為に』ということ」より)。  再び、ブログのエッセイ 「伽藍の夏」 との連関。  ――臨時の若い女性の研修先生と仲良くなった私とその友人は、学校からさほど遠くない二三離れた村の、研修先生の住む農家に、ある日曜日に狙いを定めて、電車に乗って遊びに行ったのです。「家の近くの古墳を見せてあげるよ」という先生の言葉にときめいて。  先生にとっては、子供に向かって“うっかり”口にしてしまったその発言を、撤回するわけにはいかなかったのです。我々はなんの躊躇もなく、その村の隣町にまでやってきて、先生を電話で呼び出し、目印の場所まで軽トラックで迎えに来てもらう、ということを取り付けました。  研修先生の実家でしばし休憩した後、目的の古墳を見学するため、いわゆる古墳の“管理者”の方に連絡をしてもらい、少し歩いたところにある古墳の、鍵の掛かった門戸を開けてもらい、先生と一緒にそのなんとか古墳を見学したのでした。  私自身は内心、あまりに想像していた古墳よりも小さくてがっかりした…。何と言っても頭の中で描いていたのは、“STAMP ALBUM”と記された自前の切手コレクションのなかにある、「高松塚古墳」の婦人像、男子像、青竜の三種の切手を見て知った、あの高松塚のような極彩色とも言える壁画のある古墳。それに比べて目の前で見ている古墳は、奥行き3メートルもないような穴蔵で、壁画などどこにも見当たりませんでした。  それから数ヶ月後、研修先生が学校を去って行く時、最後のホームルームで大粒の涙を流した姿を見て、私は、自分が何を取り間違えていたかに気づきました。研修先生の、なけなしの、「誰が為に」という体当たり精神。私はこの思い出を、一生忘れまいと思ったのです。  今日付の朝日新聞朝刊の記事「記者有論」で編集委員の小滝ちひろさんは、【原発と高松塚 生かせなかった教訓】と題して、高松塚古墳の壁画劣化事故に対する文化庁とその関連組織の失敗、失策、そして福島原発事故の収束責任のある政府と東電の同じ失敗の教訓について述べています。  「誰が為に」「何を為すべきか」  いま高松塚の切手を眺めてみると、壁画の茶褐色の模様が妙に厳かに、切手そのものの

福島の原子力

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年6月21日付「福島の原子力」より)。  かつての時代、多くは16ミリフィルムというフォーマットで、文部科学省推薦の科学映画(ドキュメンタリー映画)をたびたび学校の教室で観た経験があります。理科の植物や実験に関するもの、交通安全に関するもの、など。教室を暗幕で覆い照明を消し、映写機からカラカラカラ…と凄まじい音が響く。透過されたスクリーンには古めかしい映画会社のロゴ。映写機やフィルムを観ると興奮する私にとっては、NHKの教育テレビを視聴するよりも遙かに、フィルム映画の映像の真髄に惹き付けられていたのだと思います。  最近、日映科学映画製作所製作の記録映画『福島の原子力』(1977年作品・1985年改訂)を視聴しました。映画館で観れば大迫力であろうシネスコサイズ。戦後における日本の科学技術を、プロパガンダ的に記録映画にしてしまおう、という昭和の風潮が色濃く残り、映画としてはある種の逞しさすら感じます。  6月14日付朝日新聞朝刊「天声人語」でドキュメンタリー映画(フィルム?)『原発切抜帖』(土本典昭監督・1982年作品)が紹介されていたので、Amazonで検索したところ、8月27日にDVD化されるようです。早速予約しました。  さて、同じ「天声人語」で、以下のような文章がありました。 《菅内閣の常套句の「ただちに影響はない」も欺瞞がにおう》  事故当初、枝野官房長官の記者会見の中で、「ただちに影響はない」と彼が言い、その音声が、確かに自分の耳に、脳内に記憶されました。私は直感的にそれを(欺瞞と)感じましたが、様々な意味において、この言葉(音声)は、最も短い科学映画のたぐいであると私は認識しています。すなわち、いま我々が『福島の原子力』を反芻するように視聴するのと同じ目的で、将来の子供達が、学校もしくは家庭で、この最も短い“科学映画”を視聴する姿を、私は容易に想像できるのです。

抜け落ちている責任

イメージ
※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年6月19日付「抜け落ちている責任」より)。  6月の梅雨の蒸し暑い、夜になると喉が渇いて水を飲み干したくなる日々。  学校という場での実体験(あるいは訓練)はないものの、“毎朝10分の読書”が社会人になってから身につき、むしろ小説のたぐいを頗る長く、深く楽しむコツを初めて覚えたのは、もう何年も前に遡らなければなりません。  しかし3.11以来、朝の集中力は小説にはあまり注がれず、朝刊新聞を食い入るように読むようになってしまった。10分はあっという間に過ぎていく。 【朝日新聞朝刊「定義集」より】  先日の朝日新聞朝刊、大江健三郎氏の「定義集」を深読みするためにコピー機で複製し、それをじっくり目を通して、“気になった”文章に赤鉛筆で傍線を引いた――(このやり方については2010年12月31日付ブログ 「ある講義の話」 参照)。  2箇所の傍線の部分を引用してみます。 《いまそれと規模をひとしくする福島原発の事故が起こって、国内の出来事にとどまらず、世界的な放射性物質による影響を(この現在)もたらしているが、その巨大な犠牲に誰が責任をとりうるか、です。自分の経験からいうなら、誰も責任はとらないのではないか?》 《大変な被害を受けたけれども、今度の事故にかんがみて、よくそれを点検し、これを教訓として、原発政策は持続し、推進しなければならない。(中略)それが今日の日本民族の生命力だ。世界の大勢は、原子力の平和利用、エネルギー利用を否定していない。》  後者は朝日新聞のインタビューを受けた中曽根康弘氏の言葉。  偶然ながら、ここ最近のブログの記事にある私の小学4年生の思い出と、彼が第71代の内閣総理大臣になったのは1982年の同じ時期です。小学校の卒業アルバムにもその中曽根氏の顔が印象深く記されてあるのを見ると、まさにそういう昭和の時代――すなわち中曽根氏の個人的信念と政治的格調によってあの一時代を築いたのだなということを想像するのです。  しかしながらそうした時代の勢い、あるいは個人的信念と政治的格調をもってしても、転じて原発事故の責任は一体誰がとるのか、ということと結び付きません。   《巨大な犠牲》 に対

福島原発事故を考える

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年6月12日付「福島原発事故を考える」より)。  先日のメディア報道で、福島原発から62キロの福島市内より、放射性ストロンチウムが検出された、ということを知り、ますます深刻な事態が明るみになっていくのを感じます。  特に原発事故に関する知識を得ようと、最近は2冊の本を買いました。一つは、広瀬隆著『FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン』(朝日新書)で、もう一つは肥田舜太郎、鎌仲ひとみ著『内部被曝の脅威』(ちくま新書)。  ほとんどこれまで自分が原発や放射能について無知であり、むしろ原発などは必要悪なものだ、と認識していたことを強く恥じました。この2冊の本を読めば、それが必要悪なのではない、まったく必要のないものだということに、誰しも気づかれるでしょう。  岩波書店『図書』6月号の大江健三郎氏のコラム「親密な手紙」では、人が口にする“ナンボナンデモ!”という言葉がどれほど重い言葉であるかを伝えています。  果たして東電や政府は、福島原発事故に関するこの3ヶ月間の経緯について、総論と各論をもって国民に“国難=非常事態”であることを、ありとあらゆる言語表現を用い、真摯に示す用意があるのかないのか? が問われているはず。  しかしこれまでの対応を見てもわかる通り、原発事故を矮小化し、科学的根拠と洞察に乏しく、放射能汚染という危機的な直面に対して、迷信か錯覚か、あるいは気のせいかの如く扱い、彼らがいよいよ始動しようとしている「安全文化」論という、言葉としても捏造の――履き違えた思想を国民に啓蒙するつもりです。  確かに、日本は、いや世界は、3.11以降また新たなフェーズの時代に突入した。もはやそれ以前に戻ることができない。しかし、“ナンボナンデモ!”…という気持ちです。  事実や真実という難局と向き合わない態度は、いかなる国家であろうと、いかなる市民であろうと、再び過ちを犯し、重罪を積み重ねることになると思うのです。  新藤兼人監督の映画『第五福竜丸』で「死の灰」「ストロンチウム」という言葉が脳裏に刻み込まれます。過去に起きた現実、しかも映画の向こう側の世界ととらえていたことが、こちら側の現在の、“ナンボナンデモ!”になってしまったので

伽藍の夏

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年6月8日付「伽藍の夏」より)。 1992年創作短篇「伽藍の夏」より  私の人格を支えているものとしての根底、それがどうやら、谷崎政彦の存在であった。彼との些事はあまりにも少なすぎた。私の記憶の深いところでは、その少ない思い出を一点に凝縮し、明確にしているにすぎない。結局、彼の存在は、私の「生」における想念の範疇にあったように思われる。私は彼との思い出を、その想念の範疇で育て上げ、大切に守ってきたのである。  彼――谷崎政彦との出会いというものは、しごく凡庸であった。私が山野小学校へ入学した時からの友人であったが、一、二年生までは同じ学級になることがなかったため、それまで会話をしたことがなかった。三年生になって初めて、私と彼は同じ学級になり、友達としての付き合いはここから始まった。が、ここで出会ったことの意味は、むしろ身体的な出会いであり、それ以外の内面性は非常に乏しかった。この年頃の人間関係というのは、実に不均衡なもので、身体的なコミュニケーションから、徐々に精神的な深いコミュニケーションが生まれるという無意識の秩序によって営まれるのではないだろうか。  山野小学校ではその頃、新校舎建築のため、しばらくの期間、プレハブ校舎による授業を行った。それも夏に…。我々三年生は、そのプレハブの蒸し暑い教室の中で授業を毎日受けたのである。室温はどれほどであったろう。顔から脂汗がだくだくとこぼれ、我々が渇望したのは、とにかく水泳の授業であった。先生の話などろくに聞かず、ぼんやりとプールに泳ぐ自分を夢想していたのは、私だけではなかったはずだ。  あまりの暑さでどうかしてしまったのか、我々はその頃、妙な遊びに夢中になった。臨時のプレハブ校舎の北側は常に日陰であったため、雨が降った後も水たまりがあちこち残っていた。六月の梅雨時から水たまりが増えており、私と谷崎は、この比較的涼しい場所で遊べる妙案を思いついたのである。  それは、湿ったところに生えていたコケを引っこ抜いてきて、その水たまりにコケを植え栽培する、という遊びであった。私と谷崎は、毎日のようにここに来てコケの移植を始めた。コケを移し替え栽培するという無意味な作業こそ、私には最高の遊びのように思えた。  現

過去30日間の人気の投稿

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

人生ゲームと約束手形

拝啓心霊写真様

『震える盆栽』を読んだ頃

寺山修司―三分三十秒の賭博とアスファルト・ジャングル