☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

櫻の園という時代〈一〉

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年7月14日付「櫻の園という時代〈1〉」より)。

 「震災(東日本大震災)の影響」という言葉をここでは軽々しく使いたくないのだけれども、去年末から念頭にあった、春先にかけて自分自身の中でやろうとしていたこと、考えていたこと、心の流れにあったもの、そういったものがどうも分断された――気がして、もう一度そのあたりの日付の日記やブログを読み返して、自分が何を考えていたかを整理する状況が続いています。もちろん、3.11以降、新たにやり始めてやり遂げたこともいくつかあるけれども。

――今年の1月のこと。

 ブログ「白の絆」で書いた旧友への、“20年ぶりの”年賀状は、自分が描いていた思惑から大きく外れて、しばし懐かしい中学時代を旧友に「語ろう」と準備していた思念が頓挫し、“音信不通のまま”の現実を受け入れざるを得なくなった顛末ですが、私がそこで「語ろう」と準備していたのは、旧友のお姉さんについてでした。

 旧友Tのお姉さんは、当時の母校演劇部の2つ先輩で、母校の演劇部の歴史始まって以来、初めて男子が入部した(私の他数名の男子)時の部長でした。

 女子の演劇部員に混じった我々男子数名は、(当然ながら)むしろ冷遇されていましたが、部長だけは我々男子に優しく接してくれたのです。

 「白の絆」にある1991年の旧友Tからの年賀状画像には、一部、ぼかしがあるのがわかると思いますが、そのぼかしの中身は、実はTの姉が挨拶文を書き加えてくれた部分なのです。願わくば、20年ぶりにTと再会することを実現させ、さらにはかつての“部長”が現在どうしているか…その消息をじっくり聞き出すこと、それが私の希望でした。

 その最後の年賀状をもらった頃、私はある映画を鑑賞しました。中原俊監督の『櫻の園』です。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」