☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

いソノてルヲ先生の思い出

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年8月23日付「いソノてルヲ先生の思い出」より)。

 2011年7月、雑誌界の大御所であった『ぴあ』が休刊となった。その最終号には創刊号の復刻版という粋な計らいの付録があり、私はこちらの方に惹き付けられた。この“映画・演劇・音楽の総合ガイド誌”月刊『ぴあ』創刊号(8月号)は、1972年7月発売となっているから、すなわち私が生まれたおよそ1ヶ月後に発売されたということであり、随分昔のように感じられる。いずれにせよ雑誌『ぴあ』は、いくつかまとまった時代の日本を駆け抜けた、長きにわたる寵児であった。

 そのぺらぺらな創刊号のページをめくっていって、ふと、“いソノてルヲ”先生の活字を発見した。
 ――思い出が蘇ってくる。毎週月曜の午前、5階にある教室で「アメリカン・ポップス」の講義授業が行われた。講師はいソノてルヲ先生で、太いフレームの眼鏡をしていた印象が今でも記憶に残っている。先生は毎週、自身のラジオ番組をカセットテープに録って持参し、それを聴講資料として流して、アメリカン・ポップスの歴史とジャズの素晴らしさを教えてくれた。

 創刊号の中にあったのは、「白樺湖高原音楽祭」である。ここで司会をしておられたのが、いソノてルヲ先生だ。

 ◎白樺湖高原音楽祭
 7月29日(土) 2時~9時
 7月30日(日) 2時~9時
 7月31日(月) 2時~9時
 場所 長野県白樺湖池の平ホテル・レイクランド(小雨決行)
 料金 1200円(前売) 1500円
 ■(出演者)
 29日 宮間利之とニュー・ハード/佐藤充彦がらん堂/沖至四重奏団/稲垣次郎とソウル・メディア/高木元輝トリオ/ジョージ川口とビッグ4/南里文雄/松本英彦/川崎燎クインテット/サミー/後藤芳子
 司会 いソノてルヲ/行田ヨシオ
 30日 渡辺貞夫クインテット/日野皓正クインテット/菊地雅章クインテット/ジョージ大塚クインテット/鈴木宏昌トリオ/山下洋輔トリオ/笠井紀美子/後藤芳子
 司会 いソノてルヲ/行田ヨシオ
 31日 高田渡/なぎらけんいち/ガロ/シュリークス/小野和子/加橋かつみ/RCサクセション/石川晶とカウント・バッファロー/はっぴい・えんど/モップス/三上寛
 司会 落合恵子
 問合せ先
 T・C・P
 文化放送販促部

 別のページのジャズ喫茶の欄には、自由が丘の「5スポット」が紹介されていた。5スポットはいソノてルヲ先生がオーナーの人気ジャズ喫茶だった。

 ■5スポット(自由が丘)
 7月20日(木) チック・コリア
   25日(火) 北村英治クインテット
   29日(土) 森寿男とブルーコーツ
   30日(日) 日野皓正セクステット
 この他を除く毎夜
 「ハウス・カルテット」
 岸田恵二(d)
 井野信吉(b)
 渡辺香津美(g)ETC
 時間 PM6・00~・・00
 料金 200円より

*

 先生のラジオが流れている間、贅沢にも教室はたちまちジャズ・スポットとなった。あいにく真っ昼間の上野で、校舎ビルの窓からは隣の下谷一丁目アパートが見えるだけである。しかしそれでも心地よい、ふくよかな気分になった。
 その時の講義の中身は忘れてしまった。が、先生に教えられてマヘリア・ジャクソンのBOX CDを買った。先生は1999年に亡くなられたが、私は勝手にそのBOX CDを先生の形見だと思っている。先生の肉声だけは、今も何故か忘れていない。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様