☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

いソノてルヲ先生の思い出

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年8月23日付「いソノてルヲ先生の思い出」より)。

 2011年7月、雑誌界の大御所であった『ぴあ』が休刊となった。その最終号には創刊号の復刻版という粋な計らいの付録があり、私はこちらの方に惹き付けられた。この“映画・演劇・音楽の総合ガイド誌”月刊『ぴあ』創刊号(8月号)は、1972年7月発売となっているから、すなわち私が生まれたおよそ1ヶ月後に発売されたということであり、随分昔のように感じられる。いずれにせよ雑誌『ぴあ』は、いくつかまとまった時代の日本を駆け抜けた、長きにわたる寵児であった。

 そのぺらぺらな創刊号のページをめくっていって、ふと、“いソノてルヲ”先生の活字を発見した。
 ――思い出が蘇ってくる。毎週月曜の午前、5階にある教室で「アメリカン・ポップス」の講義授業が行われた。講師はいソノてルヲ先生で、太いフレームの眼鏡をしていた印象が今でも記憶に残っている。先生は毎週、自身のラジオ番組をカセットテープに録って持参し、それを聴講資料として流して、アメリカン・ポップスの歴史とジャズの素晴らしさを教えてくれた。

 創刊号の中にあったのは、「白樺湖高原音楽祭」である。ここで司会をしておられたのが、いソノてルヲ先生だ。

 ◎白樺湖高原音楽祭
 7月29日(土) 2時~9時
 7月30日(日) 2時~9時
 7月31日(月) 2時~9時
 場所 長野県白樺湖池の平ホテル・レイクランド(小雨決行)
 料金 1200円(前売) 1500円
 ■(出演者)
 29日 宮間利之とニュー・ハード/佐藤充彦がらん堂/沖至四重奏団/稲垣次郎とソウル・メディア/高木元輝トリオ/ジョージ川口とビッグ4/南里文雄/松本英彦/川崎燎クインテット/サミー/後藤芳子
 司会 いソノてルヲ/行田ヨシオ
 30日 渡辺貞夫クインテット/日野皓正クインテット/菊地雅章クインテット/ジョージ大塚クインテット/鈴木宏昌トリオ/山下洋輔トリオ/笠井紀美子/後藤芳子
 司会 いソノてルヲ/行田ヨシオ
 31日 高田渡/なぎらけんいち/ガロ/シュリークス/小野和子/加橋かつみ/RCサクセション/石川晶とカウント・バッファロー/はっぴい・えんど/モップス/三上寛
 司会 落合恵子
 問合せ先
 T・C・P
 文化放送販促部

 別のページのジャズ喫茶の欄には、自由が丘の「5スポット」が紹介されていた。5スポットはいソノてルヲ先生がオーナーの人気ジャズ喫茶だった。

 ■5スポット(自由が丘)
 7月20日(木) チック・コリア
   25日(火) 北村英治クインテット
   29日(土) 森寿男とブルーコーツ
   30日(日) 日野皓正セクステット
 この他を除く毎夜
 「ハウス・カルテット」
 岸田恵二(d)
 井野信吉(b)
 渡辺香津美(g)ETC
 時間 PM6・00~・・00
 料金 200円より

*

 先生のラジオが流れている間、贅沢にも教室はたちまちジャズ・スポットとなった。あいにく真っ昼間の上野で、校舎ビルの窓からは隣の下谷一丁目アパートが見えるだけである。しかしそれでも心地よい、ふくよかな気分になった。
 その時の講義の中身は忘れてしまった。が、先生に教えられてマヘリア・ジャクソンのBOX CDを買った。先生は1999年に亡くなられたが、私は勝手にそのBOX CDを先生の形見だと思っている。先生の肉声だけは、今も何故か忘れていない。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真