☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

いソノてルヲ先生の思い出【補遺】

※以下は、拙著旧ホームページのテクスト再録([ウェブ茶房Utaro]2011年8月26日付「いソノてルヲ先生の思い出【補遺】」より)。

 月曜の講義は午前午後を通して比較的閑暇であったため、だいたいアメ横界隈をぶらりと散歩し、上野駅の「更科」という食券前払い制の立ち食いソバ屋でカレーライスを食って、ホームで帰りの電車を待つ――というのがその頃の私の“定番”の日常になっていた。ちょうど小劇団立ち上げに携わっていた頃であったし、学校帰りに地元の稽古場へ向かう、という選択肢もあったが、私は敢えてそうしなかった。

 最初のうちは、学校での勉強のすべての内容は、当然演劇活動に関して強固な礎となるはずと確信していた。が、東京と地元との地理的な隔たり、とかくそれは文化圏の差異であるとか価値観の違い、あるいはプロとしての仕事の考え方などで、メンバー間の相違があった。
 初めこそ微細な差異であっても、やがてそれは大きな違和感となり、疑念へと変容する。気がつけば小劇団は地元色が強くなっていき、私の考え得る本分――学校で学んだこと――はほとんど活かされなかった。従って、手持ちの[千代田ノート]を稽古場に持ち込むことは、心理的な軋轢を生むだけで、かえって不条理となり、学校帰りに稽古場に向かうことは自分の中で御法度とするしかなかった。

*

 西村潔監督の映画『ヘアピンサーカス』(1972年作品)などといったものを、もし10代の中頃までに観て知っていたならば、私は目の前にいるいソノ先生に、菊地雅章さんや笠井紀美子さんのことを、授業を離れた何らかの機会で訊いたであろう。それは後年における後悔のうちの一つの例に過ぎない。90年代の音楽シーンがどうなるとか、どんな職探しをすればよいか、といったたぐいのことを先生から聞き出すのではなく、単に自分が『ヘアピンサーカス』が大好きで、そしてあのクールでジャズ界の印象派とも言えるサウンドを生み出した菊地さんについて、一ファンとして深く敬意を表すと共に、その思いの丈をいソノ先生に聞いてもらうことができたかも知れないのだ。

 自ら筆記した2年分の[千代田ノート]が今でもバインダーに残っている。調べてみると、聴講の色合いが強かった「アメリカン・ポップス」の講義の筆記は、たった1枚しかなかった。
 その部分には、〈ゴスペル・ミュージック〉という括りで、「マヒリア・ジャクソン“ゴスペルの女王”」と記されている。いソノ先生が黒板に書いたものを写したのではなく、先生のラジオ番組の中の語りを耳に頼ってメモしたために、“マヒリア”になってしまったのだろう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真