☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

巧妙なるリバーサル

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年9月21日付「巧妙なるリバーサル」より)。

 「Pro Tools 9」導入に伴う“自宅スタジオリニューアル”を数ヶ月計画で行っていた([Dodidn*]実験コーナー参照)関係で、25年来の良き教科書である「サウンド&レコーディングマガジン」(リットーミュージック)の最新号並びに90年代の所蔵バックナンバーをこの間に徹底して読み返していた経緯があって、特に1985年頃の音楽シーンに個人的興味がそそられています。

 山下達郎氏のアルバム『POCKET MUSIC』は私の中で(思い入れとしては)別格なのですが、坂本龍一氏が手掛けた映画サントラ『子猫物語』の軽快なリズム、そして「科学万博つくば'85」住友館の立体映像のサントラ「空に会おうよ」のB面となっているプロローグ曲なども、いかにもその時代らしいsyntheticなコンピュータ・ミュージックで心地良い。単調で平板すぎるこれらのサウンドに対し、かつては冷ややかであったものの、逆に今では価値観が変化して巧みに様々なジャンルのリズムパートに取り入れられていることはご承知の通りです。ともかく今、私の密やかなマイブームなのです。

 ところで思い起こせば、つくば博・住友館の70mm立体映像『大地の詩』は、まったく個人的な記憶として、所有する『とびだせ!EXPO'85 SCiENCE LAND』(リイド社)という書籍の中で一際印象深いものとなっていました。“GAEA”というフレーズが附された女の子(エリカ)と犬(ボゾ)の微笑ましいコダックフィルム系天然色写真。

 実はこの立体映像『大地の詩』の一部音声が聴けるウェブサイトを発見し、つくば博のある種独特な臨場感に時空を超えて浸ることができました。実際に現場で何時間もかけてパビリオンを回った当時の記憶よりも、こうした書籍やその他のメディアを閲覧している方が、遙かに濃厚で面白く、衝撃的でもあります。

 そう言えば以前、もう9年ほど前になりますが、つくば博ファンサイトのオーナーの方と、書簡を交わす機会があって、私自身が所有していた僅かなつくば博関連のグッズを、その方にほとんど譲った、ということがありました。

【『つくば科学万博クロニクル』表紙】
【画像処理して反転した表紙】
 実はその方を含めグッズマニア数名が資料提供されているつくば博関連の出版本があります。洋泉社MOOKの『つくば科学万博クロニクル』がそれです。

 ところがこの書籍は致命的な欠陥があります。装幀及び書中の掲載写真が裏焼き状態となっており、その博覧会会場の空撮写真が“反転”してしまっているのです(左上の画像が実際の製本のミス装幀で、右上は私自らが正しい製版を模して画像処理したもの)。

 もしかすると装幀写真の裏焼きにまったく気づかれない読者も多いのでは、と思うほど、ある意味奇跡的に目立たない失敗製版なのですが、当然、その写真を見るとパビリオンの配置が東西にわたって反転しているため、正式な資料としてのパビリオンマップの機能を果たしていません。無論、遠景の筑波山も地形が真逆。

 この書籍は非常にトリビアな情報も詰まっていて読んでいて面白いのに、肝心なつくば博のスケールとなるはずの全体像が編集スタッフにまったく理解されていなかったということになり、それがとても残念でなりません。

 まさかこのトリビアなミスが、実は昭和の科学偏重や安全神話を皮肉った“目立たない”巧妙なる意図的な印刷であった、わけではないでしょう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー