☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

八角の塔の花火

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年9月7日付「八角の塔の花火」より)。

 特別展で展示されていた乾板写真群の中には、1901年(明治34年)に東京帝大の北京城調査団に同行した、写真技師・小川一眞の写真が数多くありました。

 例えば、3枚の写真を併せてパノラマにした、太和門、太和殿などは圧巻です。セピア色であるとは言え、被写体の建造物が頗る精緻に描写されており、小川一眞の写真技術が窺い知ることができます。

 小川一眞は20代の頃に下岡蓮杖の養子である下岡太郎次郎に写真技術を教授されたそうで、この20代から30代にかけては、幾多の写真技術に関連した実験的試みを実践していたようです。

 さて、私が国博でそれらの写真を拝見している最中、懐かしいものを見たような気がしました。

 頤和園の「仏香閣(佛香閣)」。万寿山に建てられた八角三層の塔ですが、もちろんこれも1901年の調査時に小川一眞が撮影したもの。

 私はこれを、子供の頃、何かで見たような気がしたのです。

 そう、花火。玩具の花火。スーパーかコンビニか、あるいは遠出して町のオモチャ屋かどこかで買ってきた中国製の花火の中に、「八角の塔」の花火が混じっていた…。

 この「八角の塔」の花火が面白かったのです。――最初は塔の形にはなっていません。火をつけると、緑色で亀の甲羅のような形をしたものがシュルシュルシュルっと回転して、火花を放ちます。ちょうど“ガメラ”が空を飛ぶ時のように。そして火薬が切れ、火花が消えると、スコッと甲羅が上に伸び、「八角の塔」が出来上がるのです。

 子供の時分には、それが日本に馴染みのない中国のどこかの塔だとしか考えず、何の違和感もなかったのですが、中国製の花火セットを買うと、パッケージの裏側に“花火の遊び方”なる説明書きがありました。その活字がひどくデタラメで、いいかげんな日本語で注意事項が列記されているので、そうした誤字脱字に笑った記憶があります。――ともかく、あの時の「八角の塔」は、どう考えても「仏香閣」だと、私は確信しました。

 もし今もどこかで、そのカラクリ花火が存在するのだとしたら、是非買ってきてもう一度あのカラクリを楽しみたいものです。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真