☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

ダブリンとU2

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年11月8日付「ダブリンとU2」より)。

 リットー・ミュージック社の月刊誌『SOUND&RECORDING MAGAZINE』の“1987年5月号”が私にとってバイブルであることを、当ブログ「ノイマン製のマイクへの憧憬」で触れました。

 今年は特にこの本を開いたように思います。――今年の初頭、そろそろ自宅スタジオのコンピュータを入れ替えようと思っていた矢先、東日本大震災。自宅の重い機材が台から滑り落ちてバラバラになっていた様を見た時、自分が積み上げていったものなど、こうしていとも簡単に崩壊するのだ、ということをまざまざと見せつけられた気がしました。皮肉にもなんとなく重い腰であったリニューアル計画は、私自身の今年の大テーマとなって果敢に進行し、それは大いに出費したけれども、やって良かったと振り返ることができました。もちろん、文献としての『SOUND&RECORDING MAGAZINE』“1987年5月号”が役に立ったわけです。

 先日紹介した、“SOUND INN”スタジオについても、この本によって存在を知りました。“音響芸術科”では、制作もしくは演奏する意味での空間、すなわちスタジオやホール、シアターは極めて重要なのだと耳にタコができるくらいに覚え込まされ、都内における良質なスタジオや劇場を挙げるとするならば…といった主旨でSOUND INNは常にリストアップされていたし、カザルスホールなどもよく聞かされていました。

 ところで、この“1987年5月号”の中で、U2が取り上げられています。今読んでみると、ダブリンの街で出逢った彼らが、後にウィンドミル・レーン・スタジオで多くのアルバムをレコーディングしたことが文章から窺えるわけですが、私は当時、U2などアイルランド系のバンドにはまったく縁がありませんでした。

 しかし、彼らのサウンド(それに近いもの)は、当時自分がよく観ていたプロレスの、プロレスラーの入場曲などに多大な影響を及ぼしていたことを、今更ながら気づくのです。つまり、彼らのサウンドを非常に間接的に聴いていて、身体に入り込んでいた――。

 こうして私の連関が過ぎるのも、すべてジョイスの文学から来ている。より深遠に。不可解に。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真