投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

☞最新の投稿

消えゆく写真

イメージ
【FUJIFILM X-T3で試し撮り。被写体はLEICA IIIc】  元日の午後、手持ちのカメラ(FUJIFILM X-T3、レンズはFUJINON XF18-55mm F2.8-4.0 R LM OIS)でアンティークと化したLEICA IIIc(レンズはCanon SERENAR 50mm F1.9)を被写体に試し撮りをおこなった。ここ数日間続いた日本海側の寒波の煽りで、関東地方は異常なほど冷え込み、ただただ日光が神々しく、温かく、優しさをも醸し出しているかのようで、直接光と間接光に包まれたアンティークの被写体は何か、その機械的な佇まいの中に、微睡んでいるようにも見えた。  しかし一方で、いずれ消えゆくかも知れないアンティークの宿命の儚さもまた、写真という風雅の物悲しさを表している。《所有》とは、実に悲しげな行為なのである。ともあれ、個人的なクラシック・カメラの思い出は尽きることがない。私の記憶は、およそ20年前のウェブへといざなわれる――。 ➤写真とカメラを教示したmas氏  20年前のインターネットがきわめて遠い事象となりつつある、コロナ禍を経た時代の流れ。世相流行の移ろいはともかく、社会生活全般の隔世を感じるのは、私だけであろうか。今こうしてブログに文章を書いていることも、自身のウェブサイトをいくつか構築し、音楽や映像や写真などのポートフォリオを細々と展開しているのも、およそ20年前より私淑していた、mas氏のウェブサイトをお手本にしたものなのである。インターネットとのかかわり方、その作法や流儀について、詫び寂の何たるかまでも教示されたように思える。  20年前、彼に倣ってクラシック・カメラ遍歴(別の鋭い言い方では「クラシック・カメラ・ウイルス」とも言う)にどっぷりと浸かり、写真とカメラによる悦楽の日々を送っていたあの頃が、ひどく懐かしい。  mas氏に関しては、昨年の 「思い出のmas氏―池袋のお馬さん」 やそれ以前に多くテクストを書き連ねているので、ここでは詳しく書かない。  今はネット上に現存していない、彼の旧ウェブサイト[mas camera classica]では、洒脱な文章でカメラや写真についてとくと語られていて、その内容に私も感心したのだった。一部をコピーしてテクストファイルとして記録していたのもとうに忘れ、それをPCのハードディスク内か

証明という感触

イメージ
 企てが始まる。 [Dodidn*] は企ての始まりだ、ということを漠然と意識する。自分がこれから何を仕出すのか、好奇心と期待に満ちた高揚感を覚える。 「学校法人 千代田学園 千代田工科芸術専門学校 音響芸術科 卒業証明書申請発行に関するメモ」  以下は、自ら書き綴った雑文メモの中身である。 【2012年4月10日】  あるシーズン、学校見学会などといったこの分野関係の広告を見るたびに、その活発な生徒募集の営業活動に対し、実体を失った我が母校の名が無いことに翻って、私はひどく羨ましく思った。これは紛れもなく感傷のたぐいである。  私は千代田工科芸術専門学校の卒業生である。卒業生が“在校生”の瑞々しい活動を、「今」という現在の内側で垣間見ることができないのは、しごく無念であるし、何のための卒業生であるかとも思う。すべてが感傷のたぐいであるけれど、この感傷から逃れようとは思っていない。何故なら、そこで出合ったことを忘れてしまってはならないという別の思いがあるからで、それが自身の原動力となっている。いい加減にしてはならない。今こそ目を見張る必要がある。  さて、胸の内でよぎる何か小さな不安のようなものから、自分自身の記憶が摩耗していく恐れも加味して、一つこれは自分という山の頂に、旗印を立ててみようという気になった。第三者から見れば非常に馬鹿げたことだが。  実体を失った学校ではあるが、東京は台東区の千束に、千代田学園の学生事務センターがあるという。私はここと連絡をして、自分自身の卒業証明書を発行してもらう旨を企てた。  誤解を恐れずに言うと、本当にそこが千代田学園の事務センターであるかどうかの証明と、自分自身がそこに在学していたことを裏付ける確固たる証拠品を残すための2つの意味があった。もちろん手元には、当時(1993年)手渡された卒業証書が残っている。これに加えて今、卒業証明書を改めて発行してもらうことで、私と学校との社会的関係を結びつけ、民事再生手続“以後”の学校との関わり合いを新たに持ったことを認識できるのではないか、と考えた。  そうして、事務センターに電話連絡。卒業証明書申請手続きに関する詳細を聞いた。その上で実際に証明書申請のための書類を作成。 【発行していただいた卒業証明書】 【2012年4月11日】  必

過去30日間の人気の投稿

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

人生ゲームと約束手形

『震える盆栽』を読んだ頃

拝啓心霊写真様

寺山修司―三分三十秒の賭博とアスファルト・ジャングル