スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

漱石山房にたたずむ

東京はうららかな日和だった一昨日、今年9月24日に開館したばかりの――とは言いつつ、それから2ヵ月以上経過しているが――「新宿区立漱石山房記念館」(新宿区早稲田南町)を訪れることができた。  振り返れば2年前の秋、新聞の記事を見て、記念館の整備計画途中で発見された屋敷の礎石が、没後改築された屋敷(1920年)のものであることが分かった云々(当ブログ「漱石山房の香り」参照)をきっかけに、今年秋(漱石生誕150周年)の開館をどれだけ待ち望んでいたことか。この2年の歳月は実に感慨深いものであった。
 ところで、津田青楓が大正7年に描いた「漱石先生閑居読書之図」で見るような、木造屋敷及びその庭風景は、ここにはない。いや実際には、館内に漱石山房が復元され、記念館の窓ガラスからその特徴的な和洋折衷の平屋建ての外観がうかがい見ることができるのだけれど、あの山水画風の絵の中の長閑な風景は、あくまで津田青楓の虚構の世界であって、エッセンシャルなセザンヌの濃厚さが色めき立ったものである。しかし、庭には、「猫の墓」が遺されていた。石塚、あるいは猫塚と言いかえていい。  これは、漱石の次男である夏目伸六氏の著書の『猫の墓』(文藝春秋新社)の装幀写真で見られるのと同じものであり、もともとは形として石塔であった。夏目家で飼われていたペットの供養塔(九重塔)は1920(大正9)年に建てられていたものの、昭和20年の空襲で損壊。現在遺っている「猫の墓」は、昭和28年に残石を積み直して再興したものだという。ちなみにもともとの供養塔の台石には、津田青楓の描いた猫と犬と鳥の三尊像が刻まれていたらしい。
§
 それはいつの頃だったのか――。正岡子規が漱石と、夏目坂のある早稲田から関口を歩いた“田園風景”を今、ここでそれらしく想像することはひどく難しい。私はこの日、原町一丁目から弁天町に向かう外苑東通りを歩いて記念館を訪れた。この外苑東通りの両側の趣が、今ではすっかり都会的に洗練されてしまっているけれど、それでもなんとか、空間の雰囲気と呼べるものは慎ましやかな感じがあり、決して嫌いではない。  かといって昔ながらの風情があるとか、お洒落なショップが建ち並んでいるという極端さはなく、言うなればかなり地味な通りなのだが、もし、長きにわたって住まいを構える場所として考えてみたら、案外こんなところがいいのでは…

証明という感触

企てが始まる。 [Dodidn*]は企ての始まりだ、ということを漠然と意識する。自分がこれから何を仕出すのか、好奇心と期待に満ちた高揚感を覚える。

「学校法人 千代田学園
千代田工科芸術専門学校 音響芸術科
卒業証明書申請発行に関するメモ」

 以下は、自ら書き綴った雑文メモの中身である。

【2012年4月10日】
 あるシーズン、学校見学会などといったこの分野関係の広告を見るたびに、その活発な生徒募集の営業活動に対し、実体を失った我が母校の名が無いことに翻って、私はひどく羨ましく思った。これは紛れもなく感傷のたぐいである。
 私は千代田工科芸術専門学校の卒業生である。卒業生が“在校生”の瑞々しい活動を、「今」という現在の内側で垣間見ることができないのは、しごく無念であるし、何のための卒業生であるかとも思う。すべてが感傷のたぐいであるけれど、この感傷から逃れようとは思っていない。何故なら、そこで出合ったことを忘れてしまってはならないという別の思いがあるからで、それが自身の原動力となっている。いい加減にしてはならない。今こそ目を見張る必要がある。

 さて、胸の内でよぎる何か小さな不安のようなものから、自分自身の記憶が摩耗していく恐れも加味して、一つこれは自分という山の頂に、旗印を立ててみようという気になった。第三者から見れば非常に馬鹿げたことだが。

 実体を失った学校ではあるが、東京は台東区の千束に、千代田学園の学生事務センターがあるという。私はここと連絡をして、自分自身の卒業証明書を発行してもらう旨を企てた。
 誤解を恐れずに言うと、本当にそこが千代田学園の事務センターであるかどうかの証明と、自分自身がそこに在学していたことを裏付ける確固たる証拠品を残すための2つの意味があった。もちろん手元には、当時(1993年)手渡された卒業証書が残っている。これに加えて今、卒業証明書を改めて発行してもらうことで、私と学校との社会的関係を結びつけ、民事再生手続“以後”の学校との関わり合いを新たに持ったことを認識できるのではないか、と考えた。
 そうして、事務センターに電話連絡。卒業証明書申請手続きに関する詳細を聞いた。その上で実際に証明書申請のための書類を作成。

【2012年4月11日】
 必要な書類と発行手数料等を添付して郵送。

【2012年4月15日】
 事務センターより…