スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

☞最新の投稿

宮坂静生氏の『母なる地貌』

岩波PR誌『図書』2月号掲載の随筆で俳人・宮坂静生氏の「母なる地貌」を読んだ。最初は何気なく読み始めたのだけれど、これは、と感極まった。言葉としての感動がそこにあったのだ。私は日本人として、その随筆に鏤められた日本語の繊細な感度や質感、日本の国土や歴史との複層的な絡み合いに酩酊し、しばし体を震わせながらこの随筆を読み返さざるを得なかった。たいへん美しい詩情豊かな文章である。 §
 「母なる地貌」。ここに記してある主題をより良く味わうために、一旦は、自前で用意した日本地図を机上に開くべきだ。  日本という国土の、その地形地理の具合の粛々たる浪漫あるいは情念に身を委ねることは、文学を味わうことと密接な関係にある。そう思われないのであれば、日本語の本質的な美しさや情理のきらめき、思慕の哀感を決して味わうことはできないであろう。私が用意したのは平凡社『世界大百科事典』の日本地図である。[日本の周辺・海流]という区分で日本列島全体を眺めてみた。しばし時間を忘れて見入る――。むろん、中国大陸や朝鮮半島との海洋を隔てた“一連なり”の、その悠久なる蜜月にも、浪漫や情念として込み上げてくるものがある。
 まずは北緯40度の男鹿半島の位置を視認する。そこは日本海の東側である。序で、北緯30度の屋久島(鹿児島県の大隅諸島)と中之島(鹿児島県のトカラ列島)の位置を見る。こちらは東シナ海の東側。北緯40度より北は冬が長く、奄美大島から沖縄諸島より南は夏が長いと、宮坂氏はこの随筆の冒頭で述べている。  次に、地図の[長崎県]の区分を開く。五島列島の福江島の、北西に突き出た三井楽半島。そこにある柏崎の港。《最澄や空海ら遣唐使が日本を離れる最後に風待ちした港》と称した宮坂氏は、そこを《茫々たる》と表現した東シナ海の性格を叙情的にとらえ、海の果て――強いて言えば遣唐使の難破船――に思いを馳せる。《茫々たる》とは、広辞苑によると、「ひろくはるかな」さまなこと、「とりとめのない」さまなこと。しかしそれ以外にもこの言葉からは、一抹の暗さや不穏さが感じられてならない。
 ところで、「地貌」(ちぼう)とはどういう意味か。宮坂氏は「母なる地貌」の中でこう書いている。 《風土ということばは格好が良すぎる。どこでも通用する景観を指すだけに個別の土地が抱える哀感が伝わらない。むしろそこにしかない人間の暮らしを捉…

証明という感触

企てが始まる。 [Dodidn*]は企ての始まりだ、ということを漠然と意識する。自分がこれから何を仕出すのか、好奇心と期待に満ちた高揚感を覚える。

「学校法人 千代田学園
千代田工科芸術専門学校 音響芸術科
卒業証明書申請発行に関するメモ」

 以下は、自ら書き綴った雑文メモの中身である。

【2012年4月10日】
 あるシーズン、学校見学会などといったこの分野関係の広告を見るたびに、その活発な生徒募集の営業活動に対し、実体を失った我が母校の名が無いことに翻って、私はひどく羨ましく思った。これは紛れもなく感傷のたぐいである。
 私は千代田工科芸術専門学校の卒業生である。卒業生が“在校生”の瑞々しい活動を、「今」という現在の内側で垣間見ることができないのは、しごく無念であるし、何のための卒業生であるかとも思う。すべてが感傷のたぐいであるけれど、この感傷から逃れようとは思っていない。何故なら、そこで出合ったことを忘れてしまってはならないという別の思いがあるからで、それが自身の原動力となっている。いい加減にしてはならない。今こそ目を見張る必要がある。

 さて、胸の内でよぎる何か小さな不安のようなものから、自分自身の記憶が摩耗していく恐れも加味して、一つこれは自分という山の頂に、旗印を立ててみようという気になった。第三者から見れば非常に馬鹿げたことだが。

 実体を失った学校ではあるが、東京は台東区の千束に、千代田学園の学生事務センターがあるという。私はここと連絡をして、自分自身の卒業証明書を発行してもらう旨を企てた。
 誤解を恐れずに言うと、本当にそこが千代田学園の事務センターであるかどうかの証明と、自分自身がそこに在学していたことを裏付ける確固たる証拠品を残すための2つの意味があった。もちろん手元には、当時(1993年)手渡された卒業証書が残っている。これに加えて今、卒業証明書を改めて発行してもらうことで、私と学校との社会的関係を結びつけ、民事再生手続“以後”の学校との関わり合いを新たに持ったことを認識できるのではないか、と考えた。
 そうして、事務センターに電話連絡。卒業証明書申請手続きに関する詳細を聞いた。その上で実際に証明書申請のための書類を作成。

【2012年4月11日】
 必要な書類と発行手数料等を添付して郵送。

【2012年4月15日】
 事務センターより…