☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

誘惑は螺旋階段のように【補遺】

 スパムは尽きない。果てることがない。現代地球上の電子メール通信のほとんどが、スパムである。
 いつの頃からか、私のメーラーの迷惑フォルダに毎日届くようになった“ロマンチックな”スパム。ただ単にそれらが「言葉」の、艶めかしい作文であるだけなら話は別だが、もしこれらを信用して、その先何らかの実質的な被害を被るのであれば、自尊心を傷つけられた災難、あるいはそれ以上ということになるのだろうか。送りつけてくる相手はまったく未知数なのだが、信用してしまった人達の実態もまた未知数ではないか。

 こんな長いサブジェクトのスパムが届いた。
《以前のメールは読んでいただけましたか?数字にするといやらしいですから書きませんが普通のサラリーマンの年収くらいはひと月にお渡しする分としてご用意できます》

《慰謝料生活▼どうしてそんなに用意するかって…会社の重役で経済的に豊かなことだけが自慢だった夫に捨てられただけの悲しい女ですからできることです…あまり深く考えないで下さい。そんなことより…見ず知らずの女を抱けますか?抱けないとおっしゃられても私は困ってしまいます…勝手に抱かれるつもりでメールしましたが、大事な配偶者がいらっしゃるとか、恋仲の女性を裏切ることができないとおっしゃるのでしたらお返事はいりません。よかったら一言だけでもお返事ください。何卒よろしくお願い致します》

 既に気づかれた方もいると思われるが、これまで紹介したいくつかのスパムの作製者は、ほぼ同一人物=同一作者であろうと思う。空想癖があり、ロマンチスト。言い換えれば、ハーレクイン・ロマンスの読み過ぎ。そういったロマンス小説に没頭した形跡が、文体の中に充満している。

《支援します※冷やかしではありません▼正直に申し上げますが、過去に色んな男性の方とメールをしたり待ち合わせの約束をさせていただいてきましたが結局お会いできずに終わる状態が続いています。先日知り合った男性の方はお電話で互いに自己紹介をし、私は現在社長代理であるという肩書きをお伝えした上でお相手に支援させていただくという条件で翌日に待ち合わせのお話までしたのに、当日になってみたら約1時間待ちぼうけ…前日に教えて頂いたお電話番号にかけてみてもずっと話し中のままでしたからきっと私は残念ながらその男性に騙されたのでしょう。その証拠に、それ以降その方からの御連絡はありませんでした。どうしてそんなことされるんでしょうね…私だったら絶対にそんなことはしません…失礼ですがあなたはお会いできる方でしょうか?まだこちらのサイトに登録があるということは期待してもよろしいのでしょうね…繰り返し申し上げますが私は本気で冷やかしではない方を探していますがあなたは大丈夫ですか?》

 年齢幅、職業は広いが裕福で資産家。夫が他界して遺産があるか、離婚して慰謝料の蓄えがある。いや、夫の存在はここではどうでもよく、その冷めた関係から逃れたく、男の肉体を求める淑女。
 これまでのスパムを読んでいくと、ほぼそういった女性像の型が浮かび上がってくる。無論、これらのプロフィールは現実離れしている。サラリーマンの年収分をひと月にお渡しする、とは無茶苦茶である。

 読み手としては、その無茶苦茶感を次回に期待してしまう。とは言いながらも、それだけの裕福な淑女らが、ちまちまとキーを打ち、セックスフレンド募集サイトに登録し、男からの返事を待つ、という裕福とはかけ離れた生活臭が感じられ、どうもそこがちぐはぐで面白みがない、と思える。
 もし現在にアルフレッド・ヒッチコックが生きていたならば、インターネットの電子メールをモチーフに使って、それこそ高級な紳士淑女が縺れ合う、度肝を抜くサスペンス映画が作られたであろう。

 こうして日常的に本来読まれずに捨てられていくだけのスパムも、一通り目を通していくと陳腐なロマンスに出合ってなかなか読み応えがある。陳腐であるが故に。ちょっとした暇つぶし、国語力の学習にもなる。もしこれらが突然届かなくなってしまったら…幸いなのか否か。しばし考え込んでしまうかも知れない。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー