☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

木村さん

 出会い系スパムメールを不特定多数に送りつけるための、そのテクスト(本文)を作成する作者の、意図とその文学的表現能力についてしばし考えることがある。
 他方、ある種の女性像を作り上げ、出会い系に登録する秘密裡の個人的経緯を創作し、ロマンチックな出会いを求めるドラマを捏造したテクストは、我々受け取る側がそれには騙されまいと処理する傍ら、中には、口語のテクストとしてはなかなか読み応えがあるものがたびたびあって、既にそのいくつかのテクストについては、このコーナーで紹介した(「誘惑は螺旋階段のように」参照)。
 さてこれから紹介する、以下の出会い系スパム・テクストは、いよいよ作者の文学的表現能力にも限界が生じて、実在の人物としては支離滅裂、荒唐無稽な女性像を作り上げてしまった作文である。その実際に届いたテクストを全文引用してみる。

1通目のサブジェクトとテクスト

《サブジェクト:西暦1948年生まれ
"【P】花紗音"様からメールが届いています。
【本文】
私が5歳の時ですね?ソビエト、今のロシアのスターリンが亡くなって株価が暴落って覚えてます、何か幼いながら怖い印象がありました。
それにNHKの紅白歌合戦が始まったなんて、それは私も歳を取りますね(笑)
歌で言うと「想い出のワルツ」雪村いづみさんとか、春日八郎さんの雨降る街角とかレコードで母が聴いてましたね。
あの時代の歌って、まだ私の中にあって、今でも思い出してCDで聞いてるんです。
あなたの思い出の曲とかありますか?
父は父で鶴田浩二さんのハワイの夜を聴いてました(笑)懐かしいですよね。
昭和歌謡を聴いて、赤提灯でお食事して当時の事とかお話しませんか?
最近友人が若くなってしまって、私より先輩の皆さん忙しいみたいで、私で良ければ遊んでやって下さい♪》

*
 まず何より冒頭、その女性の5歳時、すなわち1953年(昭和28年)に、スターリンが亡くなり株価暴落で怯える5歳の自分――という日常的活写の自己記憶は到底無理がありすぎる。ふつうの5歳であれば、ソビエト…? スターリン…? スターリンショック…? と口が縺れるだけであり、怯える次元の話ではないだろう。
 そこから話が飛んで、この年テレビ中継が始まった紅白歌合戦に連関して、「想い出のワルツ」、「雨降る街角」、「ハワイの夜」といった音楽の話題。どうもひどくこの女性は5歳頃の自己記憶が鮮明鮮烈らしく、自分の青春時代の歌謡曲などはそうでもないようだ。
 ただし最後の、
《最近友人が若くなってしまって、私より先輩の皆さん忙しいみたいで、私で良ければ遊んでやって下さい♪》
 は、“友人が若くなってしまって”“先輩の皆さん忙しい”と前後がちんぷんかんぷんで意味不明。しかも60歳を過ぎた女性の♪マークピリオドは、得体が知れないものを感じてしまう。

2通目のサブジェクトとテクスト

《サブジェクト:西暦1948年生まれ
"【P】花紗音"様からメールが届いています。
【本文】
私が6歳の時に私の大好きなマリリンモンローがジョーディマジオと結婚して、直ぐに離婚しましたね。
新婚旅行で日本に来て、テレビで見てて、お人形さんみたいだって思ったんです!
それにスポーツの方も、力道山とか木村さんの対決とか思い出しますね、まだテレビなんて普及してなくて、私の家はまだ裕福だったので家にありましたが、近所の人が色々持ってきて、テレビを見せてくれって(笑)あまった、おかずや酒とか持ってきて宴会になってました。
そういう近所付き合いも今では少なくなってきましたね、昔は隣近所の人間を良く知ってたのにね。
それと映画館に行ってダンボを見た記憶があります、6歳の時だから昭和で言うと29年かな?
その時、ゲストさんは何歳位ですかね?先輩か同級生なら知ってると思いますし、年下の方なら、口あんぐりされてるかな(笑)息子の所に遊びに行った時の写真を添えておきますね》

*
 名義上、先のメールと同じ女性である。
 6歳にしてマリリン・モンローのファンとは、よほど当時のニュースが熱狂的であったのだろう。あのモンロー特有の魅惑的な色っぽさが、日本全国の低年齢層の女の子にも美しく感じられて伝播したのかもしれない。
 その大人の色気に敏感な少女が、木村政彦の巌流島対決にも鋭敏であったとは、これまた意外である。力道山の暴力的な張り手を食らい、あっけなく戦意喪失してしまう木村の凄惨な幕切れを、目を背けずに凝視する6歳の多感な少女。そんな少女を想像してみると、異様で怖い。いずれにしてもこの場においてもっと相応しい、甘い話題はなかったのだろうか。

 総じてオッサン臭さがぷんぷんと漂う。しかし、あくまで“花紗音”という六十路を過ぎた女である。
 ウィッグが気になる初老を迎え、それでも尚、恋に燃え紳士を乞う、潤いをとうに過ぎた熟女の肢体。そうして一心不乱に行き着いた、とある出会い系サイトへの登録。もう一度燃えるような恋がしてみたい…ああ、私の張り裂けそうな乳房が男を求めている…。
 その最初の、心を込めた男への夜這いのメッセージが、ソビエト、スターリンの死、株価暴落――。
 羽毛が宙に舞う布団の上で、マッカーシー、フルシチョフ、スプートニク・ショックなんて話題を男と続けかねない女。ああ、私はなんて、紅なのかしらん。あなたの前で、きっと美しい花を咲かしてみせるわ。
 この女性に見合う、“木村さん”のような人物は果たして現れるかどうか――私は絶対現れないと思う。

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」