☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

赤毛のアンと少女の話

 今、私の手元にあるルーシー・M・モンゴメリ原作の日本語版『赤毛のアン』数冊のうち、古い中村佐喜子訳(角川文庫)のそれが、私が少年の頃に親しかった少女の“母親”が熱心に読んでいた訳本――であると推理した後、その他の訳本に目もくれず、私がこれに読み耽った動機について、ここでたわいない雑文を記しておこうと思った。

 その少女の“母親”が、私にとって極めて《懐かしい人》であるという言い方をすると、多少の遠慮を図った回りくどい言い方になるので、ここは素直に心の内を明かさなければならない。つまり、少年時代の私がその少女に恋心を抱き、その家族までも愛し、彼女の母に対して、憧憬と畏敬の念をもっていた、ということであり、これは私がずっと心の奥でしまっていた大切な思い出なのであった。

 当時、私と同学年のその少女は、私の家のすぐ近くに引っ越してきた。小学2年の頃である。彼女は理知的で清楚でいながら、思わぬところで天真爛漫に花開くことがあり、まさに一輪のスミレ花のような女の子であった。校内では勉学も優秀で、ピアノを弾き、友情も厚く、読書家で通っていた。
 一方で毎日、恋心でむず痒くぼんやりとしてしまっていた私は、その頃、雑貨店で買ってきたノートを彼女に幾度もプレゼントをして、彼女の気を惹くことだけは忘れなかった。

 つまらぬ話なので手っ取り早く片付ける。要するに彼女一家は、およそ2年ほどで遠い別の町へ引っ越していってしまった。私の恋心は打ちのめされ、純情っぽく枯れんばかりの涙を流した。どちらが少女か分からぬほどに。ただし、この恋は誰にも気づかれずに済んだ。おそらく、担任の先生以外は。

*

 モンゴメリの瑞々しい英文を、その等価と評していい日本語に訳した中村佐喜子版『赤毛のアン』は、一貫してこんな調子である。

《グリーン・ゲイブルズの十月は美しい。窪地の樺の木は、陽光のような金色になり、果樹園のうしろのかえでは真紅になり、小径の野生の梅も、濃い赤と青銅色のえも云えぬ色合いになった。刈り入れ前の畑もまた輝いている》
(第十六章「悲劇に終ったご招待」より引用)

 その部分のモンゴメリの原文は、こうである。
《October was a beautiful month at Green Gables,when the birches in the hollow turned as golden as sunshine and the maples behind the orchard were royal crimson and the wild cherry trees along the lane put on the loveliest shades of dark red and bronzy green,while the fields sunned themselves in aftermaths》

 私の心中でとても思い出深いあの少女は、いかにしてその品性を子供時代に保っていたのか――について。あるいは、何故彼女は時に天真爛漫となったか――について。これらは、私にとって永遠に知り得ることのできない謎と思われた。美しい花は、花であるからこそ美しいのだ、といったような自然の真理を顧みることは不可能であると思われた。
 だがそれは、まったく思いがけずに、あの《懐かしい人》、すなわち彼女の母親がしたためた古い文集が発見されることによって覆される。彼女の母親の愛読書が『赤毛のアン』であったという事実の発見。そこにこそ、美しい花の秘めたる謎を解き明かす鍵が隠されていたのだ。アン・シャーリィとギルバート・ブライスへの熱情的な想い(その文集の発見の経緯については、私の拙文「埋もれていた文集の中から」に譲る)。

 ともかく、《懐かしい人》の、アン・シャーリィを対象とする、ときめきと心持ちは、自身の子育ての一部となって、娘へと伝播した。母親の理知を遺伝とし、あの少女の天真爛漫さは、まさに彼女がアン・シャーリィであることを示唆している。さらに言えばダイアナの品性すらも兼ね備えていた。いや、それだけではない。彼女一家すべてが、グリーン・ゲイブルズに棲む家族であったのだ。《懐かしい人》は、自身の生きるすべてを、『赤毛のアン』のすべてに見立てていたのではないだろうか。

 無論、当時その登場人物となっていた《少年の私》は、ギルバート・ブライスには到底見立てられることはなかった。何故ならあの少女にとって、そのわずか2年間でありながらも、ギルバート・ブライスとしての少年が別にいたことを、私はよく知っているから。

 こうして冴えない登場人物としての《少年の私》は、32年前の思い出と苦笑しながら、ブライト・リヴァへとぼとぼと歩く以外にない。そして駅へ。
 そうして夢の中で汽車に乗りエヴォンリーを去ろうと思う時、アンが口にした言葉を思い出す。
《God is a sprit,infinite,eternal,and unchangeable,in His being,wisdom,power,holiness,justice,goodness,and truth,》

 これは私にも勇気をもたらす重い言葉である。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様