☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

スティーブンからの連関

※以下は、拙著旧ブログのテクスト再録([Kotto Blog]2011年11月01日付「スティーブンからの連関」より)。

 “遅読”もここに極まれり――。ジョイスの『若い藝術家の肖像』。第五章のところでふらふらと文章を行ったり来たり読み返し、これは聖書が必要だなと気づき、聖書(新改訳・小型本)を買い求めつつ、エルヴィス・コステロのCDを聴いたりし、そうしたアイルランドの空気感を悦楽すべく寄り道を何度もするので一向に読み終わらないといった状況。この間にも丸谷才一先生の文化勲章受章のニュース。86歳の先生の笑顔は恵比須様のようでまったく励みになります。

 さて、めくるめく連関。

 まずは“スティーブン“繋がり。

 今年の春、松平健さん主演の舞台『アンタッチャブル』に出演していた俳優・齋藤桐人さんは、私の母校(千代田学園)の一つ先輩(俳優・伊東孝明さんと同期)で、同じ芸術専門課程卒業の後輩としてファンなのですが、彼が在籍中に出演した舞台ミュージカル『金髪のジェニー』(1992年・シアターアプル)のスティーブン・フォスターもアイルランドの血を受け継いでいます。

 いソノてルヲ先生の解説によれば、初期のミンストレル・ショー(Minstrel Show)の曲はスコットランドやアイルランドのメロディーが多かったそうです。ミンストレル・ショーなのに何故?と思うわけですが、『ジム・クロウ』という作品から黒人音楽を取り入れ始めたらしいのです。『金髪のジェニー』の中でジム・クロウを演じたのが、齋藤桐人さん。

 母校恒例だったいわゆる卒業記念公演としてのミュージカルで、スティーブン・フォスターの音楽をやるという当時の母校のセンスは素晴らしいもので、私の中ではかなり濃厚な思い出となっているのですが、やはりそれが(今更ながらではあるけれども)個人的な触媒としてジョイスの文学に繋がっていくというのは、ごくごく自然な感じがします。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真