☞最新の投稿

写真小説『サーカスの少年』のこと

イメージ
中学を卒業してからの高校の3年間は、あっという間に過ぎようとしていた。かろうじてその時、まだ17歳だった。私と友人は、あと数ヶ月で卒業という只中に、こんな会話をしたのである。「俺たちって、もうすぐ18歳になるけど、18歳ってさ、もうオッサンだよな」――。
 部屋の中で一瞬、会話が途切れたのを憶えている。17歳と18歳はやはり根本から違うのだということを、友人は溜息を漏らしながら暗い口調でリアルに告げるのだった。  17歳までは子供として扱ってくれる…。が、さすがに18歳ともなると、既にボクたちは、心も体もすり切れて《少年》ではなくなる。虚栄心が強かった《少年》としての今までとは違い、18歳の“オッサン”になるとは、いったいどういうことなのだろうか。  それは漠然とした不安であった。そうした最後の高校生活をやり過ごそうとしていた頃、ミュージシャンで作詞家の松本隆氏がストーリーを創作した、写真小説『サーカスの少年』刊行の“噂”を、どこからともなく耳にしたのだった。やがて、私と友人は、同じ時期に誕生日を迎え、実体としてとうとう18歳という“オッサン”になっていった。そうなると自ら観念し、その事実に屈伏せざるを得なかったのである。
§
 まさに私が、《少年》と訣別を果たした直前の、1990年春。リアリスティックに刊行された『サーカスの少年』(東京書籍)という写真小説の“噂”は、おそらくラジオかなにかで知り得た、些細な話題の一片だったのだろう。  『サーカスの少年』――。モデルから転身し、写真家デビューを果たした安珠氏の純真なるフォトグラフが濃密に収録された写真小説本。松本隆氏が綴った軽いタッチの小説の内容は、そうした風の“噂”で耳にしていたのかも知れなかった。
 ――都会の沿線のとある町。両親を交通事故で失い、ひとりぼっちになった少女“そよぎ”が、学校にも行かず、この町にひっそりと暮らしている。電車の操車場に面した家には、父親がかつて集めていた骨董の古時計があちらこちらにちらばってある。
 ある日、湯船に浸かっていた“そよぎ”は、線路の上の電線が見える天窓から、浴室にいる自分の顔を覗き込む不思議な“少年”と出会う。“少年”は、この町にやって来たサーカス団の一員で、綱渡りの芸の練習のために電線の上を歩いていたのだ。駅の近くの空き地には、サーカス団の巨大なテントが張られ、…

歌えず~春なのに


 1982年、小学4年生だった私が、ピアノを弾く少女に淡い恋心を抱く話は既に書いた(「赤毛のアンと少女の話」参照)。実は私が歌心に目覚めたのも、ちょうどその頃のことで、その恋と歌との関係は一蓮托生なものであった。

 音楽の授業が始まるや否や、先生がその少女に、
「ピアノを弾いてごらん」
 と言って、彼女がベートーヴェンを弾く。
 それはまだ学校の校庭に木蓮の花が咲いている頃であろうか。それとも3階の音楽室の窓から澄みきった富士の山が見える頃であろうか。児童用のオルガンの匂いが強烈な、真紅の防音壁が印象深いその広い音楽室に彼女の音が響き渡る。
 それから、先生は私に向かって、「あれを歌ってくれないか」というので、私は前に一度独唱したことのある「約束」を、皆の前で歌った。「約束」は、その当時、俳優の渡辺徹さんが歌った大ヒットシングルであり、先生は渡辺徹さんが通った高校の担任先生でもあったのだ。私は先生の喜ぶ顔が見たくて、それを歌った――。

 やがて、その少女が転校してしまうと知った時、私はひどくショックを受けた。なんとか彼女が去る前に自分の気持ちを伝えようと、何をすべきかを考えた。――そうだ、彼女のために歌を歌おうと。

 ちょうどその頃ヒットしていた柏原芳恵さんの「春なのに」が相応しいと私は思った。「春なのに」は、10代の若者が経験する失恋の歌である。私は必死にその曲を練習した。今度は先生のために歌うのではない、自分の好きな、別れゆくあの少女のために歌うのだという気持ちは、熱い本能のようなものとなって昇華していった。

 だが問題は、いつそれを歌うのだ、ということだった。
 すっかり頭の中が硬直していた私は、先生がまた「歌ってくれないか」と言ってくれるのをひたすら待ち続けた。そのチャンスが訪れるのは、例の如く音楽の授業の冒頭であろうから、常にその曲が歌えるよう万全の態勢でいた。しかしチャンスはなかなか訪れない。

 「春なのに」の、イントロのストリングスが授業中ずっと頭の中で鳴り響いていた。もういつでも構わない、今でもいい。先生が自分の肩を叩いて、教壇に立つよう指示してくれればいいのだ。私はそこで緩やかに「春なのに」を歌い出す。目を瞑り、少女の顔を思い浮かべる。そしてサビの部分で席に座っている少女に視線を注ぐ。そうして私の中の「春なのに」は完成する。すべてが終わる。この一幕を、私は演じてみたかった――。

 まだ桜の花を見ない頃、少女は遠い町へ去って行った。私はとうとう歌うことができなかった。

 もしかすると、もし仮にそれが実現していたら、少女の目の前でそれを歌ってしまっていたら、もうその時で歌うのをやめていたかもしれない。歌に対する思いが途切れてしまったかも知れない。陳腐な話では、あるが。

 まだ私は花を見ない。芽吹かんとする花たちの、幼少の姿を見ているに過ぎないのだ。歌はそれほど、大きい。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

さようならヨーカドー