☞最新の投稿

プディング妄想そしてプリン三昧

イメージ
芸能人の不倫ほど、食えないものはない。見苦しく、おぞましく、その非難の惨状を取り繕うのに必死な当事者は、家庭人としての体裁と社会への扉があっけなく閉じられようとする瞬間に、己の貧相と終始向き合わざるを得なくなる。  そうした人間の醜さゆえに不倫という。またそれが、仰々しくも侘びの沙汰――出会ってしまったが為の逃れられぬ恋慕――の身の上に生じた不倫であれば、どこか文学的で暗がりの野良猫の徘徊にも似た悲哀が感じられ、人間は所詮善人ではなく、そうした愚かな過誤を一生のうちにふと一度か二度、犯しかねないものである――という諸説入り乱れる含蓄と啓蒙に富んだ、近世の西洋人の警句のたぐいを思い返したりして、例えばまた、そういう調子の映画(堀川弘通監督の映画『黒い画集 あるサラリーマンの証言』)を観たりして、人生の破滅的な断罪やら教訓を反面教師的に心に打ち付けることができるのだけれど、その不倫の現場が――とあるビルディングの地下駐車場の“多目的トイレ”となると――あまりに異様な、とても文学的と称するわけにはいかなくなるのである。
 ここでいう文学とは、純文学のことである。つまり、“多目的”=multi-purposeの意味を履き違えた異形の不倫というよりは、単にお互いが、“もよおして遊ぶ”キュートなフェティシズムの乱遊に興じていたに過ぎなかったのではなかったか。この性癖には、近世のインテリジェンスな西洋人も、言葉を失って頭を抱えてしまうであろう。
 不倫。あちらこちらの小学生がついつい、学校でこんな不謹慎な話題を持ち出しかねなかった。「あのさ、多目的トイレでフリンって、結局、トイレで何すんの?」――。彼らは思春期の余りある好奇心をたえずくすぐられている。性欲の快楽に関する疑問に、半ば騒然とする心持ちを抑えつつも、おもむろに図書室へ行って、厳かに古びた国語辞書を手に取るに違いないのであった。また知性ある女子は、そんな男子の興味本位な話題にはつゆほども関心を示さないふりをしつつ、家に帰ってから、その漠然としたモヤモヤ感を払拭しなければならなかった。その最適な所作として、自身の勉強机の隅に置かれた国語辞書(誕生日に買ってもらったりしたことを思い出しつつ)を、開くであろう。――フリン。そこにははっきりとこう記されているのだ。 《既婚者が、別の相手と性的関係を結ぶこと。【類】密通・姦通・…

歌えず~春なのに


 1982年、小学4年生だった私が、ピアノを弾く少女に淡い恋心を抱く話は既に書いた(「赤毛のアンと少女の話」参照)。実は私が歌心に目覚めたのも、ちょうどその頃のことで、その恋と歌との関係は一蓮托生なものであった。

 音楽の授業が始まるや否や、先生がその少女に、
「ピアノを弾いてごらん」
 と言って、彼女がベートーヴェンを弾く。
 それはまだ学校の校庭に木蓮の花が咲いている頃であろうか。それとも3階の音楽室の窓から澄みきった富士の山が見える頃であろうか。児童用のオルガンの匂いが強烈な、真紅の防音壁が印象深いその広い音楽室に彼女の音が響き渡る。
 それから、先生は私に向かって、「あれを歌ってくれないか」というので、私は前に一度独唱したことのある「約束」を、皆の前で歌った。「約束」は、その当時、俳優の渡辺徹さんが歌った大ヒットシングルであり、先生は渡辺徹さんが通った高校の担任先生でもあったのだ。私は先生の喜ぶ顔が見たくて、それを歌った――。

 やがて、その少女が転校してしまうと知った時、私はひどくショックを受けた。なんとか彼女が去る前に自分の気持ちを伝えようと、何をすべきかを考えた。――そうだ、彼女のために歌を歌おうと。

 ちょうどその頃ヒットしていた柏原芳恵さんの「春なのに」が相応しいと私は思った。「春なのに」は、10代の若者が経験する失恋の歌である。私は必死にその曲を練習した。今度は先生のために歌うのではない、自分の好きな、別れゆくあの少女のために歌うのだという気持ちは、熱い本能のようなものとなって昇華していった。

 だが問題は、いつそれを歌うのだ、ということだった。
 すっかり頭の中が硬直していた私は、先生がまた「歌ってくれないか」と言ってくれるのをひたすら待ち続けた。そのチャンスが訪れるのは、例の如く音楽の授業の冒頭であろうから、常にその曲が歌えるよう万全の態勢でいた。しかしチャンスはなかなか訪れない。

 「春なのに」の、イントロのストリングスが授業中ずっと頭の中で鳴り響いていた。もういつでも構わない、今でもいい。先生が自分の肩を叩いて、教壇に立つよう指示してくれればいいのだ。私はそこで緩やかに「春なのに」を歌い出す。目を瞑り、少女の顔を思い浮かべる。そしてサビの部分で席に座っている少女に視線を注ぐ。そうして私の中の「春なのに」は完成する。すべてが終わる。この一幕を、私は演じてみたかった――。

 まだ桜の花を見ない頃、少女は遠い町へ去って行った。私はとうとう歌うことができなかった。

 もしかすると、もし仮にそれが実現していたら、少女の目の前でそれを歌ってしまっていたら、もうその時で歌うのをやめていたかもしれない。歌に対する思いが途切れてしまったかも知れない。陳腐な話では、あるが。

 まだ私は花を見ない。芽吹かんとする花たちの、幼少の姿を見ているに過ぎないのだ。歌はそれほど、大きい。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

人生ゲームと約束手形

高校で学んだ「清光館哀史」

拝啓心霊写真様