☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

蛙の夜回り

土浦市営球場の手動式スコアボード(卒業アルバムより)
 春の高校野球のシーズンでメディアは沸き立っているが、野球音痴の私には、“野球”(あるいは“Baseball”)と聞いてあまり心ときめくものがない。そんな私でも時には、ある種の懐かしさが込み上げてきて、新聞の地方版に載った高校野球関連の記事に眼を躍らせたりすることもある。極めて希なことだが――。

 昨年の3月。茨城大会の会場となっている「土浦市営球場」に関する記事。スコアボードが、手動式から電光表示式に新装された、という小さなニュースであった。詳しく読めばなんと、その解体費用も含めた新装費用は1億7千万円だという。土浦市のどこにそんなお金が…と一瞬声を上げそうになったが、高校野球の裏事情についてはよく知らない。主催者側すなわち方々の野球連盟から、

「あんな古ぼけたスコアボードじゃ困る。ナウじゃない」
「いい加減デジタルにしろ」

 と、ひどい剣幕で怒鳴られたのかどうか、これは私の勝手な想像だが、市営の野球場なのだから、やはり費用の出所は土浦市民の財布なのであろうか。土浦市長がたんまり額の脂汗を垂らしながら、ささ、お立ち会い、四六のガマでござーい。たらーりたらりと…とやったとかやらないとか、それも私の勝手な想像である。

 この土浦市営球場に私が行ったのは、今からもう20年以上前のこと。夏の高校野球の県大会で、母校の試合の応援のために、バスを数台借り切って遠足いや遠征に出向いたのだ。

 母校の試合の方はさっぱりで、勝って泣いて喜んだためしがなく、むしろ真夏にかき氷でも食いながら、ひんやりとしたバスで遠足気分を味わえたことの方が記憶にあり、実際、応援など二の次三の次であった。

*

 しかしそれにしても、母校の応援歌がひどすぎた。「蛙の夜回り」という。言わずもがな、カエルをモチーフにした歌であり、カエルの手足の真似をしながら歌うので、17、18歳の多感な高校生としては、羞恥心で苦しみもがく以外何物でもなかった。

《蛙の夜回り ガッコガッコゲッコ ピョンピョン
ラッパ吹くラッパ吹く ガッコゲッコピョン
それ吹けもっと吹け ガッコゲッコピョン
ガッコガッコガーハ ピョンコピョンコピョン
ゲッコゲッコゲーハ ピョンコピョンコピョン
ガッコピョンゲッコピョンガッコゲッコピョン》

応援歌「蛙の夜回り」熱唱写真(卒業アルバムより)
 この歌を真面目に合唱するべく、本番の試合で最高のヴォルテージに持っていくために、母校の新1年生は、いかつい応援団による徹底的な指導を強制的に受け、カエルの振り付けを覚えなければならない。それだけでも恥ずかしさの極みであるのに、これを高校野球での、一般市民の前でさらけ出すのだから羞恥は絶頂を迎える。

 ところがこの歌に関して、私はこれを書く直前まで、大きな勘違いをしていた。つまり、あの時から今日に至るまで私は、てっきりこの「蛙の夜回り」という歌は母校に所縁のある者が(又は学生が)作詩したのだと思い込んでいたのだがそうではなかった。なんと、作詞は野口雨情、作曲は中山晋平ということらしい。厳密には“かわずのよまわり”なのだそうだが、我々が歌った時は“かえるのよまわり”だった。しかも至る箇所で音程を間違えて教え込まれていたことに気づいた(いかつい応援団の音痴が理由)。それこそ羞恥、赤面すべき事柄ではないか。

 作曲家の中山晋平は東京音楽学校出身で、「東京行進曲」「東京音頭」「背くらべ」などが有名である。それはともかく、母校では今でも「蛙の夜回り」を歌い継いでいるのであろうか。少しばかり気恥ずかしいような、誇らしいような――。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真