☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

植物採集のこと〈二〉

 先月、ホームページ上のMessage欄(毎月1回更新)に以下の文章を掲載した。

《「蓬生」(よもぎう)という言葉があります。蓬などが生い茂って荒れ果てた土地のこと。子供の頃はそうした蓬生でいろいろな遊びをしました。
 まるで草餅を作るかの如く、“蓬の葉”をたくさん切り集め、捨ててあった小鍋にそれを入れ、水をたっぷり入れて揉みほぐす。蓬の香りが漂い、入れた水がすっかり緑色に変わる。
 ただそれだけのこと。ただそれだけのことのために、私は無心になって時間を忘れて蓬生の中を戯れていた――。そこが荒れ果てた土地だったなど、露程も感じぬままに。
 そうした頃に私が恋をしていた少女の家が、今も尚、驚くべきことに、“無人の家”として近所に残っています。荒ら屋となり、蓬生となって》

*

【採集したヨモギ】
 先日、そのヨモギを採って遊んだ場所に実際に行ってみて、植物採集の真似事、一つばかりヨモギを切ってきたのだが、どうもこれが心許ない。

 まず何より、そうした荒れ地に自ら踏み込んで、そこは荒れた土地で人が寄り付かぬ殺風景な場所――という大人の忌避的な観念がどうしても拭いきれない。子供の時分のような、自由な空間としての黄金郷に立った、あのときめいた感覚は、もう戻ってこない。そこに在るすべての雑草が、何か特別な宝物のように見えていた童心には到底戻れないことを感じた。極めつけは、自分が切り取った草が、果たして本当にヨモギであるかどうか、躊躇するばかりで、そこからそれを遊びに結びつける爽やかな気分には到らなかった――。

 それを持ち帰った後、本を開いてみて、どうやらそれがヨモギであることをなんとか信じられるふうに落ち着いたのだが、もやもやとした疑いがまったく晴れたわけではなかった。

《よもぎ(艾)Artemisia Vulgaris L. var. indica Maxim.
山野ニ普通ノ多年生草本。茎ノ高サ60-90cmニ達ス。葉ハ互生シ、羽状ニ分裂シテ裏面ニ白毛ヲ密生ス、香気アリ。夏秋ノ候、茎梢ノ枝上ニ管状花ヨリ成ル淡褐色小形ノ頭状花ヲ穂状ニ綴ル。春日新苗ヲ採リ、草餅ノ料ト成ス。又もぐさヲ製スルニ用フ。民間薬トシテ其效用多シ。島地ニ産スルモノ、時トシテ太ク、杖ト作スニ足ルモノアリ》
(牧野富太郎著『牧野 日本植物圖鑑』(北隆館)より引用)

 植物分類学者の牧野富太郎を知ったのも、K先生の植物採集がきっかけであった。その頃はポプラ社の児童向け伝記全集で読んで、彼の凄まじい書斎を写真で見たりしたのを憶えている。私がいま所有している北隆館の『牧野 日本植物圖鑑』は昭和15年のもので、函がボロボロである。しかし、どんな植物図鑑よりも写実的表現で尖鋭で、もう手放すことができないでいる。
 日頃、何か心を動かす植物に出合った時、それを写真に記録しておき、牧野図鑑で調べるようにしている。なるべく早く調べることが大切で、そうしなければその時出合った植物は、自分にとって縁遠くなってしまう。

 ところで、牧野氏の『植物一日一題』(ちくま学芸文庫)の「蓬とヨモギ」を読むと、本来、蓬はアカザ科のハハキギ(ホウキギ)のことでヨモギではない、源順『倭名類聚鈔』で蓬を与毛木(ヨモギ)としているのがそもそもの間違いだった、といったことが書かれていた。当然ながら、『牧野 日本植物圖鑑』でもヨモギは艾(ガイ)となっている。だから私のMessage欄でも、「蓬生」に対応して“ヨモギの葉”と書くべきであったのだ。

 K先生の男らしく力強い声で、「よし、今度の日曜は植物採集だぞ。面白い野草の話をしてやる」といった言葉が、牧野図鑑に宿ってしまっている。少年時代の思い出は、年を重ねる毎に芳醇としてくるようである。

※追記(2016.06):本文に〈所有している北隆館の『牧野 日本植物圖鑑』は昭和15年のもの〉と書いていますが厳密には、初版ではなく昭和17年再刷発行版であることが分かりました。訂正いたします。ちなみに所有する図鑑の頒布番号は10913号となっています。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真