☞最新の投稿

映画『犬神家の一族』の美と愛

イメージ
【1976年公開の映画『犬神家の一族』の広告】  ふと、感慨に耽る。私にとって映画を観ることとは、いったいどんな意味があるのか。  それは、最たる嗜好品(=materials)とのふれあいであり、寵愛の対象であり、幻影なるものへのフェティシズム的な憧憬である。この世の美しいもの、不可思議なもの、既に存在しないものが記録されたフィルムを通じて投光され、スクリーンに映し出される。そこでは多く、人間ドラマが繰り広げられる。人々の活動的な絢爛豪華さと弱肉強食、愛憎、醜悪、汚穢といったものまでがスクリーンに投影=顕在化されると信じて已まない。  こうした自身の映画狂――cinéphile(シネフィル)について語るのに、わざわざ仰々しい形容を用いなければならないのは、日本映画の巨匠・市川崑監督の代表作を紹介するためだけにあらず、それが私にとって、映画というものとの出合いを決定付けた、記念すべき作品であるからに他ならない。むろん、その作品は、極私的な映画狂云々など語らずとも、燦然と輝く芸術的至宝であることは、言うまでもない。1976年に公開された市川崑監督の日本映画『犬神家の一族』(角川春樹事務所第一回作品)が、それである。 ➤市川崑の映画的萌芽 《信州財界の一巨頭、犬神財閥の創始者、日本の生糸王といわれる犬神佐兵衛が、八十一歳の高齢をもって、信州那須湖畔にある本宅で永眠したのは、昭和二十×年二月のことであった》 ――という文章で、横溝正史の小説は始まっている。彼――犬神佐兵衛の生い立ちを記した「犬神佐兵衛伝」なる書物の中味が真っ先に叙述され、そこで那須神社の神官・野々宮大弐との深い関わり合いにとどまらず、大弐の妻の晴世とその一子・祝子、さらに祝子の子である野々宮珠世の事柄が示され、生涯正室をもたなかった佐兵衛の子である松子、竹子、梅子の3人の娘の系図も始めに明らかとなる。  次いで、それぞれの3人の娘が産んだ子、すなわち佐兵衛からすれば孫に当たる佐清、佐武、佐智という登場人物も、小説では最初に紹介されている。すなわちこの『犬神家の一族』の物語は、他界した犬神佐兵衛の“遺産相続”をめぐる一家の内紛内情を露わにした、恐るべき血みどろの“連続殺人事件”が主題であり、この事件の解明に首を突っ込まざるを得なくなったのが、名探偵・金田一耕助なのであった。  しかし、市川崑監督が描きだした映

「ぼだい樹」とよい声の出し方

 たびたびこのブログでも古い百科事典『原色学習図解百科』(1968年学研)の第9巻[楽しい音楽と鑑賞]のことを紹介している。

 この第9巻は音楽に特化した巻で、今でも私の手放せないバイブルとなっている。例えば昔あった“てんとう虫”型のコンパクト・レコードプレーヤー(小型スピーカーと一体になっているプレイヤー)があれば、気軽に幼少時代に聴いたレコードを鑑賞するのだが、もし今一度それらを聴いて、記憶の印象とかけ離れていたりすると、案外幻滅したりして困惑すると思うから、そういう取り組みをすぐさま実行するのは、なかなか気が引ける。

 [楽しい音楽と鑑賞]には、付録のEP盤が6枚あったはずである。それほど遠い昔でない頃に、このレコード群のパッケージを家のどこかで見たような気がする。が、今も家にあるのかないのか、探してみなければ分からない。もしあったとしても、相当傷だらけでノイズの多いサウンドのはずだ。

 とどのつまり、この本で解説されていたシューベルトの「ぼだい樹」が、急に聴きたくなったのである。
 レコードでの演奏者などの情報は、今のところEP盤が手元にないから分からない。ただ、このレコードではどんな「ぼだい樹」であったのだろうか。是非探し出して聴いてみたい。

*

「よい声の出し方」解説ページ
 ところで、本の中の「ぼだい樹」のページでは、「よい声の出し方」という解説が附されていた。いわゆる歌唱の発声法について書かれていて、そのこととレコードの中の「ぼだい樹」とが、歌唱をキーワードにしてどのようなかたちを示しているのか、非常に興味深い。
 「よい声の出し方」の解説自体は、極めて初歩的で、どの音楽教科書にも必ず付随されているような内容である。だから私自身も少年期の頃は見過ごしてきた。見過ごすというよりも、軽視してきたと言っていい。

 そのページの写真が、古めかしい。
 ボンネルのようなニットのワンピースを着た少女が、テニス・ラケットを振り上げている。その横には、アオウエイの口の開け方がイラストで示されている。昔なら、どこの学校の音楽室にも貼ってあったような学習用の画である。
 ここでは5つの要点というのがあって、「正しいしせい」「よい呼吸」「よい口形」「正しい発音」「共鳴」となっている。読んでみると思いがけず詳しい解説になっていて、実践向きだ。無論これらは基本的な発声法であって、あくまで「声」の出し方であり、「歌」の歌い方ではない。学校では「歌」の歌い方は教わらない。

 シューベルトの歌曲集などというのは、歌うにしても鑑賞するにしても、「歌」の美しさと醍醐味を10代の学生に伝えられる絶好の題材と思われるが、私の体験として、「ぼだい樹」をクローズアップして熱心に説いた先生はいなかった。
 「歌」は、音楽的技巧の上に乗っかる歌詞の読解力と意味性と、その人自身に底流する独特のmoment、そして発声と絡まる情緒の音的質感の発露。喜び。哀しみ。憂い。叫び。祈り――。

 自分自身への啓発として、もうこれらを看過できない。いや、聴き逃すまい。

コメント

過去30日間の人気の投稿

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

人生ゲームと約束手形

『震える盆栽』を読んだ頃

拝啓心霊写真様

寺山修司―三分三十秒の賭博とアスファルト・ジャングル