スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

漱石山房にたたずむ

東京はうららかな日和だった一昨日、今年9月24日に開館したばかりの――とは言いつつ、それから2ヵ月以上経過しているが――「新宿区立漱石山房記念館」(新宿区早稲田南町)を訪れることができた。  振り返れば2年前の秋、新聞の記事を見て、記念館の整備計画途中で発見された屋敷の礎石が、没後改築された屋敷(1920年)のものであることが分かった云々(当ブログ「漱石山房の香り」参照)をきっかけに、今年秋(漱石生誕150周年)の開館をどれだけ待ち望んでいたことか。この2年の歳月は実に感慨深いものであった。
 ところで、津田青楓が大正7年に描いた「漱石先生閑居読書之図」で見るような、木造屋敷及びその庭風景は、ここにはない。いや実際には、館内に漱石山房が復元され、記念館の窓ガラスからその特徴的な和洋折衷の平屋建ての外観がうかがい見ることができるのだけれど、あの山水画風の絵の中の長閑な風景は、あくまで津田青楓の虚構の世界であって、エッセンシャルなセザンヌの濃厚さが色めき立ったものである。しかし、庭には、「猫の墓」が遺されていた。石塚、あるいは猫塚と言いかえていい。  これは、漱石の次男である夏目伸六氏の著書の『猫の墓』(文藝春秋新社)の装幀写真で見られるのと同じものであり、もともとは形として石塔であった。夏目家で飼われていたペットの供養塔(九重塔)は1920(大正9)年に建てられていたものの、昭和20年の空襲で損壊。現在遺っている「猫の墓」は、昭和28年に残石を積み直して再興したものだという。ちなみにもともとの供養塔の台石には、津田青楓の描いた猫と犬と鳥の三尊像が刻まれていたらしい。
§
 それはいつの頃だったのか――。正岡子規が漱石と、夏目坂のある早稲田から関口を歩いた“田園風景”を今、ここでそれらしく想像することはひどく難しい。私はこの日、原町一丁目から弁天町に向かう外苑東通りを歩いて記念館を訪れた。この外苑東通りの両側の趣が、今ではすっかり都会的に洗練されてしまっているけれど、それでもなんとか、空間の雰囲気と呼べるものは慎ましやかな感じがあり、決して嫌いではない。  かといって昔ながらの風情があるとか、お洒落なショップが建ち並んでいるという極端さはなく、言うなればかなり地味な通りなのだが、もし、長きにわたって住まいを構える場所として考えてみたら、案外こんなところがいいのでは…

恐怖を煽った『エスパー入門』

最近制作した実験曲「Sammy and Ella」の解説を書くため、中岡俊哉著『ふしぎ人間 エスパー入門』を文献とした。「Sammy and Ella」の曲想はウィジャボードによる“自動書記”(オートマティック・ライティング)がモチーフとなっており、ウィジャボードについては『ふしぎ人間 エスパー入門』の中で紹介されているトレーニング法を参考とした。

 『ふしぎ人間 エスパー入門』は、当ブログ内で何度も紹介している書籍群、かつて一世を風靡した“小学館入門百科シリーズ”本の一つである。
 この本の著者は、心霊研究家として有名な、中岡俊哉氏である。この本の中では“超能力研究家”という肩書きのみになっている。昭和50年代頃では、テレビのワイドショー番組などに多く出演し、心霊現象や心霊写真の解説をされていた方で、エスパーすなわち超能力に関しても著名な人であった(「左卜全と心霊写真」参照)。
 小学館の入門百科シリーズとして発刊された本のリストをよく見渡してみると、当時の子供らが興味を惹いたスポーツ、趣味や娯楽、自然科学などに分類されるかと思われるが、文学と音楽のたぐいが何故か欠落していることにも気づく。それほど、当時の子供らには、文学と音楽は興味を惹かない、人気のないものであったのだろうか。そのあたりの事情はよく分からないが、昭和50年代までに発刊されたテーマには、文学と音楽のたぐいはまったくと言っていいほど見当たらない。
 それはそうと、特に自然科学に類するテーマの場合、さらなる関心を惹き付けるため(発行部数を増やすため)、《謎》や《恐怖》を煽るようなビジュアルとテクストで編集されていた。『世界ミステリーゾーン』と『ふしぎ人間 エスパー入門』はその最たるものとして、物理の超自然現象にスポットを当て、まさに不思議な世界を演出していたとみていいだろう。それらは科学を見立てた非科学の世界であり、その境界線を完全に暈かすことによって、そういった独特の世界を作り出していたのだ。
 中岡俊哉という人は、それを見事に自作自演した才能の持ち主であった。
 当時、小学生であった私はこの『ふしぎ人間 エスパー入門』を読んで、ただちに強い影響を受け、友達らとグループを結成し、超能力のトレーニングを実践しようということになった。しかもそのグループを、“超能力研究会”と命名したりした。
 もち…

時計と時刻の話

時計の話題に絡めて偶然見かけたのだが、Dream5の「音声目ざまし時計」なんていうのは、可愛らしくていい。メンバーの重本ことりさん、日比美思さん、大原優乃さん、高野洸さん、玉川桃奈さんらの声で起こしてくれるのである。さぞかし目覚めの良い朝を迎えるであろう。
 つい陳腐なことを発想してしまうのが私の悪いクセで、これと同じように“ザ・ドリフターズ”5人衆の音声目覚まし時計があったら、こんなふうな音声になるであろう。
●いかりや長介「(ダミ声で)8時だよ!…今日も1日いってみよぉー!」 ●加藤茶「あらやーねーまだ寝てるのん。起きなきゃダメよん。カトちゃんぺ」 ●志村けん「(ジイちゃんの声で)あーあ、起きたきゃねーな。年取るとつれぇだで。あんたも寝ションベンしてねーで、早く起きろぉ」 ●仲本工事「おはようございます!さあ朝はラジオ体操で元気に頑張ろう!コウジが決め手だよ」 ●高木ブー「(寝てる)グーグー。(志村けんの突っ込み)ブーこのやろ寝てんじゃねーよ。てめ早く起きろ!」

*
 時計と時刻の話である。「パタパタ電波時計」を工作した後、工業高校時代に確か2度ほど、デジタル時計を工作したことを思い出し、その実機が残っていないか家中探してみた。
 …あった。そのうちの一つが机の奥の方で新聞紙にくるまれて眠っていた。
 発光ダイオードで時計の文字盤をデジタル表示させる手作り時計。電池ではなく交流電源を用いるので、たかが時計としては不便というか不経済なのだが、電子回路を工作するための実習用時計であるから仕方がない。  この時計ではアクリル製の外枠も手作りで、市販されている工作キットよりも手間と時間がかかっている。故に見栄えが悪い。Dream5の「音声目覚まし時計」とは大違いで不細工である。
 これより以前に学校で工作したデジタル時計においては、化学薬品を使って基板そのものの加工から工作したことがあり、手先が器用でなければ完成は絶対無理、すなわち実習評価が下がる、という過酷な授業であった。
 そんな私の高校時代には、電波時計などなかった。  学研『大人の科学マガジン』で時計のこと、時刻のことを読んでいて、ふと気がついた。シチズンから世界初の光発電式電波腕時計が発売されたのは1996年だそうで、その頃から一般の個人に、よりいっそう精確な、端正すぎるほどの時間遵守が要求されるように…

パタパタ電波時計と学習教材のこと

学研『大人の科学マガジン』はたびたび購入して電子工作を楽しんでいる。趣旨としては実用的なものを拵えるのではなく、ほとんど工作と実験のためのものが多いが、かつて“○年の科学”雑誌を購読していた理系好き世代には、たまらない《玩具》なのである。
 話を少し脱線させる――。学研とは何ら関係がないことを最初に断っておく。
 私が小学生だった頃、何度か見かけた光景がある。  放課後の正門前(ぎりぎり学校外の敷地)で、とある業者おじさんが、“学習教材”の販売目的で露天商もどきの商売をおっ始めることがあった。雰囲気としては、バナナの叩き売りのようでもあり、それなりに面白そうな雰囲気であったので、子供らがわんさかと群がってくる。業者側も児童の放課後の時間をぴたり狙って商売を始める――。
 要は、その場で小学生が興味を惹くような、いくつかの立体的な学習教材を披露しながら、成績が良くなるための豪勢な、ウン万単位のテキスト集を売ろう、ということなのである。業者は集まってきた子供ら一人一人に、セット教材のパンフレットを丁寧に配る。それから一言、“おまじない”の文句を付け加える。
「いいですか、皆さん。このパンフレットに申込用紙が挟まっていますから、これからおうちに帰って、ここにあなたの名前と住所をお母さんに書いてもらって、大至急、またここに戻ってきてください。そしてここに黄色いポストを設置しておきますから、申込用紙をそのポストに入れてください。いいですか、皆さん。すぐに帰ってお母さんに書いてもらってくださいね。そしてここのポストに入れてくださいね」
 こうした露天商もどきの口上を、正門の前で堂々と、しかも学校の敷地の外で行うから、学校の教員関係者にはまったく気づかれない。業者はこのやりとりの直後、一目散に跡形もなく去って行くのだが、黄色いポストだけは、正門に近い植木の枝にこっそり括り付けておいて、後々ポストの中身を取りに来るという仕掛けである。
 子供らはもう興奮した状態で帰ってゆき、早くあの教材が欲しいと、パンフレットを親に見せ懇願する。  果たして、どれほどこうした教材が売れたのかは知らないが、業者は学校の目の前で販売行為を行うから、子供らも親もなんとなく信用してしまうのが盲点であり、人によっては学校の学習教材かと思って購入してしまったかも知れない。無論、業者はそれがねらいである。

電子ブロックの実験

この夏、久々に“電子ブロック”で遊んだ――。やはり電子回路は面白い。
 以前、ブログで学研の“電子ブロック”の思い出を書いた(「おもちゃの王様『電子ブロック』」参照)。そこでは小学校3年生の時に転校してきた同い年の“コウちゃん”についても書いた。コウちゃんが私に電子ブロックを教えてくれて、そのおもちゃの王様にとても憧れたのだった。また、昨年は電子ブロックを使った音楽的実験曲「SLEEPIN」もやった。
 電子ブロックについて少し解説すると、その前身は、昭和30年代後半に学研から発売された“マイキット”で、電子回路の実験ができる、子ども向けの玩具であった。あらかじめ電子部品が設置してあるキットに、リード線を自由に接続することで様々な電子回路の実験を楽しむことができた。  その後、別メーカーの特許製品である電子ブロックと学研が提携し、「学研電子ブロック」が誕生した。電子部品が一つずつブロック状になっていて、そのブロックを組み合わせることによって電子回路をこしらえることができる。昭和50年代に発売されたEXシリーズは大人気商品となった。そして後継のFXシリーズでは4bitマイコンを搭載し、マイコンブームの時流に乗りかかった。
 そうして今、電子ブロックの復刻版「EX-150」を使って、「明るさによって音色が変化する回路」という実験をして遊んでみた。  EX-150にはCdS光センサ(硫化カドミウムによるセンサ)という光に反応するセンサが搭載されており、この回路実験ではこのセンサに手をかざすと、つまり光の入射を遮り明るさを変えると、スピーカーからの発振音が変化する。音程が変わる。ゆっくりと手をかざした時の音の変化、素早く遮った時の音の変化。触れていないのに音が変わるとは、魔法使いにでもなった気分である。
 この回路実験の効果は、まるでテルミンだ。テルミンは古く摩訶不思議な電子楽器である。テルミンのアンテナに手をかざすと音程(と音量)が変化して、機械に触れることなく演奏することができる。演奏は非常に難しく、独特な修練を要する。
 ともかく電子ブロックの「明るさによって音色が変化する回路」は、CdS光センサに手をかざし、スピーカーからの音が変化するという意味で、テルミンと同じ演奏形態が一応、可能だ。言わばテルミンの疑似体験ができる。
 光センサを覆って真っ暗にした時はどん…