☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

YELLOWS再考

【『YELLOWS 20 YEARS OLD』をめくる】
 以前、写真家・五味彬氏の写真集“YELLOWS”シリーズについて、このブログで書いた(「YELLOWSという裸体」参照)。それらは90年代前半、まだ私が10代から20代になりかけたばかりの頃で、写真の技術的なことや出版のことなど無知であった頃に、ピュービックヘアを露出させた女性モデル達の「衝撃的」なヌード写真集が発売され、大いに話題になった。

 いわゆる「ヘアヌード(写真)解禁」という言葉がメディアの喧伝によって大流行した時代であったが、写真に無知な私にとってはそれらはまさしく「衝撃的」であったし、「ヘア」の「解禁」というとてつもなく大きな事件を予期させるキーワードの新鮮さに、五感が刺激されたのも事実である。

 ただし、個人的にはこの「衝撃」をきっかけに、国内外の20世紀の写真史などを紐解いていった途端、「衝撃」であるとか、「ヘア」であるとか「解禁」であるとかのワードは、あくまでメディアのキャッチーなコピーに過ぎず、決してそれらが革命的に目新しいものではないことが分かり、刺激の純度がややトーンダウンした。むしろ写真に対して冷静さを取り戻したと言った方がいいだろう。

【文庫本化された同書】
 何年か前に私は、同氏の、文庫本化された『YELLOWS 20 YEARS OLD』(ぶんか社/2000年初版)を購入した。
 文庫本化によって写真のサイズが小さくなったことで、当時のデジタル写真の解像度の悪さが見た目に軽減され、大判の『YELLOWS 2.0 Tokyo 1993』よりも数段リアリティのある身体を観ることができた。しかもテーマが“20歳の日本人女性”ということに絞られ、以前はモノクロームであったために不明確であった「20世紀日本人女性最後の身体的記録」の学術的記録性は、やや真実味を帯びたものとなっている。

【20歳とは思えない大人の色気を醸し出した女性達】
 五味氏の《大仕事》は、その20世紀末にアメリカ人女性(『Americans 1.0』)と中国人女性(『Yellows 3.0 China』)を記録することで、一応の完結をみている。言わば、西洋人の裸体と東洋人の裸体との比較。
 冒頭で述べたような当時のメディアによる様々な喧伝を度外視して、今一度これらのシリーズを身体標本として客観的に考察してみると、確かに20世紀最後の日本人女性の(年齢的にかなり限定されてはいるが)、身体的記録というテーマは、その世紀を過ぎてますます必然的に、探究価値のあるものと思えてくる。とは言え、現実に考えれば日本人女性のあらゆる身体的記録を網羅することは不可能であり、あくまでこのテーマは写真家の主観での虚構に過ぎないのかも知れない。が、机上の空論としても想像を掻き立てるものは、十分にあると思う。

 《人》は《顔》であるといい、《顔》は《人》であるという。
 であるならば、顔から下の身体――すなわち体型とそれぞれ露出した外部器官の視覚的意味合いは、どのようなバランスによって他者の眼に受け取られ、記憶されるのか。

 20世紀で一括りするのは大袈裟としても、少なくとも戦後日本の社会史は、女性をとらえた写真を眺めることで判然としてくる、というようなことを聞いたことがある。
 そう言われると、『YELLOWS 20 YEARS OLD』における20人の20歳女性モデルから漂うものは、一体何であるのか。普遍的な20歳のマテリアルか、あるいは90年代特有の風采と容貌か。あるいは別の何か――。

☞当ブログ「YELLOWS RESTARTのこと」

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様