☞最新の投稿

『駅馬車』の酔いどれ医師と英会話

イメージ
【南雲堂の英会話カセットテープより映画『駅馬車』】  酒は映画を誘発し、映画は酒を誘発する――。今、私はジョン・フォード監督の1939年のアメリカ映画『駅馬車』(“Stagecoach”)を観終わったばかりだ。片手には、琥珀色のバーボンの入ったグラスが、ゆらゆらと指の中で踊りながら、室内の灰色の照明光を映し出している。映画の余韻が、この琥珀色の液体の中に、すっかり溶け込んでしまっている。  『駅馬車』。Stagecoach――。子どもの頃は只々、ニヒルなジョン・ウェイン(John Wayne)の格好良さだけに憧れたものである。駅馬車が目的地のローズバーグへ向かう途中、アパッチ族の襲撃に遭い、激走しながら騎馬の群れと壮絶な戦闘を繰り広げるシーンにたいそう興奮したのだった。アパッチのインディアンが撃たれると、激走する馬から転落するスタントがあまりにも見事だった。馬もまたたいへんよく訓練されていて、上手に美しく転げるのである。  今でもその激走シーンの興奮の度合いが劣ることはないが、むしろ今となれば、そうした迫力のシーンとは毛色の違う、大人の男と女の饒舌とつまずきと、そして人生への諦念、あるいは一つの例として、全く頼りがいのない男すなわち酔いどれ医師ブーンの、とうに干涸らびてしまったある種の純粋無垢な心持ちの困惑に――私は惹かれるのであった。そう、私は酔いどれ医師ブーンを、人間として愛してしまっているのだった。 ➤映画を音で愉しんだ少年時代  話をいったん私の少年時代に逆戻しする。  実はこの話は、11年前の当ブログ 「STAGECOACH」 で既に触れてしまっている。したがって、多少話が重複するけれども、小学校低学年の頃、私は、まだ観ぬジョン・フォード監督の『駅馬車』を、ちっぽけなカセットテープの音声で鑑賞していたのだった。  主人公リンゴ・キッドを演じるジョン・ウェインの声は、どうもか細く、しかもほとんど無口に近いので、聴き込んでいない時点では、なかなかジョン・ウェインの声がはっきりと聴き取れなかった。それよりも、馭者のバックを演じるアンディ・ディヴァイン(Andy Devine)の声がやかましく、こちらの声ははるかに通りがよくて聴き易かった。しかしながらあの頃、そのカセットテープを何度も聴いた。  ストーリーの軸となる駅馬車は、アリゾナ州のトントからニューメキシコ州

YELLOWS再考

【『YELLOWS 20 YEARS OLD』をめくる】
 以前、写真家・五味彬氏の写真集“YELLOWS”シリーズについて、このブログで書いた(「YELLOWSという裸体」参照)。それらは90年代前半、まだ私が10代から20代になりかけたばかりの頃で、写真の技術的なことや出版のことなど無知であった頃に、ピュービックヘアを露出させた女性モデル達の「衝撃的」なヌード写真集が発売され、大いに話題になった。

 いわゆる「ヘアヌード(写真)解禁」という言葉がメディアの喧伝によって大流行した時代であったが、写真に無知な私にとってはそれらはまさしく「衝撃的」であったし、「ヘア」の「解禁」というとてつもなく大きな事件を予期させるキーワードの新鮮さに、五感が刺激されたのも事実である。

 ただし、個人的にはこの「衝撃」をきっかけに、国内外の20世紀の写真史などを紐解いていった途端、「衝撃」であるとか、「ヘア」であるとか「解禁」であるとかのワードは、あくまでメディアのキャッチーなコピーに過ぎず、決してそれらが革命的に目新しいものではないことが分かり、刺激の純度がややトーンダウンした。むしろ写真に対して冷静さを取り戻したと言った方がいいだろう。

【文庫本化された同書】
 何年か前に私は、同氏の、文庫本化された『YELLOWS 20 YEARS OLD』(ぶんか社/2000年初版)を購入した。
 文庫本化によって写真のサイズが小さくなったことで、当時のデジタル写真の解像度の悪さが見た目に軽減され、大判の『YELLOWS 2.0 Tokyo 1993』よりも数段リアリティのある身体を観ることができた。しかもテーマが“20歳の日本人女性”ということに絞られ、以前はモノクロームであったために不明確であった「20世紀日本人女性最後の身体的記録」の学術的記録性は、やや真実味を帯びたものとなっている。

【20歳とは思えない大人の色気を醸し出した女性達】
 五味氏の《大仕事》は、その20世紀末にアメリカ人女性(『Americans 1.0』)と中国人女性(『Yellows 3.0 China』)を記録することで、一応の完結をみている。言わば、西洋人の裸体と東洋人の裸体との比較。
 冒頭で述べたような当時のメディアによる様々な喧伝を度外視して、今一度これらのシリーズを身体標本として客観的に考察してみると、確かに20世紀最後の日本人女性の(年齢的にかなり限定されてはいるが)、身体的記録というテーマは、その世紀を過ぎてますます必然的に、探究価値のあるものと思えてくる。とは言え、現実に考えれば日本人女性のあらゆる身体的記録を網羅することは不可能であり、あくまでこのテーマは写真家の主観での虚構に過ぎないのかも知れない。が、机上の空論としても想像を掻き立てるものは、十分にあると思う。

 《人》は《顔》であるといい、《顔》は《人》であるという。
 であるならば、顔から下の身体――すなわち体型とそれぞれ露出した外部器官の視覚的意味合いは、どのようなバランスによって他者の眼に受け取られ、記憶されるのか。

 20世紀で一括りするのは大袈裟としても、少なくとも戦後日本の社会史は、女性をとらえた写真を眺めることで判然としてくる、というようなことを聞いたことがある。
 そう言われると、『YELLOWS 20 YEARS OLD』における20人の20歳女性モデルから漂うものは、一体何であるのか。普遍的な20歳のマテリアルか、あるいは90年代特有の風采と容貌か。あるいは別の何か――。

☞当ブログ「YELLOWS RESTARTのこと」

コメント

過去30日間の人気の投稿

拝啓心霊写真様

恐怖の心霊写真ふたたび

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

メーカーズマークのバーボン

高校で学んだ「清光館哀史」