☞最新の投稿

ピッツァからジャズへ〈二〉

イメージ
前回からの続き。シチリア風ピッツァの“セモリナ粉”つながりでmas氏の“手料理日記”なるものに着目し、ジェニー・ライトとエリック・トゥルイユ共著の料理図鑑『ル・コルドン・ブルー クッキング・テクニック』(プロトギャラクシー、東京校監修)の本を眺めていると、子どもの頃に夢中になって観ていたテレビ番組「世界の料理ショー」(1970年代に放送されていたカナダの料理バラエティショーで、料理研究家グラハム・カー氏が料理をしながらコミカルなトークを展開する。そのトークのペダンチックな料理解説だとか夫婦ネタでスタジオ内の観客は騒然大爆笑。出来上がった料理は家庭料理ながら贅沢で垂涎の的だった。番組原題は“The Galloping Gourmet”)だったり、サントリーがスポンサーだったテレビ東京(当時は東京12チャンネル)放送の「すばらしい味の世界」という番組では、俳優の柳生博氏が番組進行役で、国内の高級レストランの料理を巧みな映像美で魅せていたのを、ふと思い出す――。mas氏がブログ上で見せてくれた手料理には、そうした風情が香り立つのだった。
 そんなmas氏のウェブを眺めていて、「子育て雑記」というコンテンツの中に、「うちの子のお気に入りの音楽」というページがあったのを見つけて開いてみたのである。これは、mas氏が2006年の12月に作成したページで、愛娘さんが幼児の時に好んで聴いていた音楽を9曲ピックアップしているのだ。
§
 そのうちのジャズの1曲が、ブルーノート・レーベルのアルバム『The Rumproller』の1曲目「The Rumproller」であった。トランペッターのリー・モーガン(Lee Morgan)がリーダー。テナー・サックスはジョー・ヘンダーソン、ピアノはロニー・マシューズ、ベースはヴィクター・スプロールズ、ドラムはビリー・ヒギンズで、1965年の録音である。mas氏は、この「The Rumproller」を聴いて踊る愛娘さんについて、こう述べている。《3歳になった秋、ランプローラーのリズムに合わせて、身体を揺らしながら、頭の上で手を叩いたりしている》――。これを読んで私は、リー・モーガンに着目したわけである。2020年の3月末。そのコロナ禍の最中、彼のトランペットの音色に惹き込まれ、夜な夜な身悶えしたのだった。
 そもそも、オルガニストのジミー・ス…

かまちの青春とBEATLES

【山田かまち『17歳のポケット』(集英社)】
 昨年の11月、マッカートニーの「OUT THERE JAPAN TOUR」東京ドーム公演で、一際印象的だったのが、「Eight Days A Week」の演奏。このBEATLES全盛(1964年)の曲を、まさしく本人の歌声で聴くことができたというのは、幸福を通り越して奇跡という他はない。そのことがずっと心に残っていたのだが、ここで私は、もう一人の人物を思い起こすに至る。
 私がその文庫本を書店で買い求めたのは、おそらく1997年頃だったと思う。私のその頃の精神的な不安定さと、音楽制作での行き詰まりと、あるいはもっと何か、焦りのようなものを感じていた時の、ある種絶望的な状況の中で、その一冊に出合ったことになる。

 山田かまちの詩集とも画集とも言える『17歳のポケット』(集英社)。1960年、群馬県の高崎で生まれた山田かまちは、幼少期から絵画や文芸に熱心で、中学時代では特に美術に没頭し、多くの絵画を描いている。15歳の頃よりロック・ミュージックに傾倒し、17歳になってエレキギターを購入し、練習を始めたのだが、そのエレキギターの練習中に“感電死”した。夭逝のアーティストとして知れ渡り、高崎市には「高崎市山田かまち美術館」(旧「山田かまち水彩デッサン美術館」)がある。

 私はその本の中で彼の作品とも呼べる絵画や詩に出合い、儚い命とひきかえに生涯を全うした、生きる力の素晴らしさを感じた。『17歳のポケット』は、私にとって忘れがたい書物となり、山田かまちという人の志と未来への希望は、果てしなく胸の内に響く礎となった。そうしてこの本に最初に出合ってから、16年の歳月が流れた。

*

【山田かまちが使用していた家具調ステレオ】
 『17歳のポケット』には、いくつかのプライヴェートな写真が掲載されている。彼が愛用したという「ステレオ」の写真もその一つだ。それは、今となっては懐かしい木製家具調の、セパレート型ステレオ(4chスピーカー)で、もしかすると70年代に発売されたVICTORの「DF-11」ではないかと思われる。当時のステレオは、レコードの出力とFMラジオ、AMラジオの出力が主であるが、スピーカーの上に据えられたブックエンドには、BEATLESのスコアらしき本が一冊、もう片方には、同じBEATLESの国内盤LPが立てられている。

 一番手前にあるLPは、『BEATLES FOR SALE』である。国内盤LPのジャケットには、“Odeon”とアルバム・タイトルの赤字のロゴが入っているが、UK盤はそれがない。“PARLOPHONE”と“EMI”のロゴのすぐ隣にかなり小さめな、アルバム・タイトルが記されているだけだ。したがってこのLPが国内盤であるとすぐに分かる。

 『17歳のポケット』の最初のページには、彼が愛用したエレキギターと「Two Of Us」のかまち直筆と思われるスコアが掲載されており、彼がBEATLES好きであったことが窺える。

 こうして私は、ポールが歌う「Eight Days A Week」で、『BEATLES FOR SALE』が写り込んだ、かまち愛用のセパレート型ステレオの写真を思い出し、山田かまちの絵画や詩を思い起こした。彼を知る多くの人の想念は、『17歳のポケット』の巻末にある辻仁成氏の寄稿文ですべて事足りてしまう。辻氏がすべて代弁してしまっているからだ。

 ただ私は、さらに思うことがある。山田かまちの、17歳の抽象的な絵画での、プルシアンブルーを基調とする色彩と、ラフなヌードデッサンを見ているうちに、無性に切なくなってくるのである。凜と張り詰めた青春只中の恋が、やがて傷だらけの愛に変わることを知らずに、彼はこの世から去っていったのだから。
 そう2013年、あのポール・マッカートニーが日本にやってきて、「Eight Days A Week」を本当に歌ってくれたのだよ、ということを、私はこの宇宙のどこかに佇んでいるであろう山田かまちに、そっと告げておきたいのである。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

人生ゲームと約束手形

YELLOWSという裸体

樋口可南子と篠山紀信

拝啓心霊写真様