☞最新の投稿

『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション

イメージ
前号に引き続き、今回は第61号。振り返れば、当ブログの2011年7月に初めて『洋酒天国』を紹介した(「開高健と『洋酒天国』」)のを思い出す。それより数年前から個人的にこの雑誌を蒐集していて、当時は25冊ほど手元にあったかと思われる。まさかそれから、9年の歳月を経て全号(第1号から第61号まで、合併号が1冊あるので全60冊)を入手し、ブログですべて紹介しきるとは、まったく想像していなかった。まことに珍奇なことである。
 途中、何度も蒐集をあきらめ、全てを掻き集めることは到底不可能――とも思われた。昭和の古い時代の稀覯本であるがゆえ、入手は困難を極めた。その度に、温厚な個人蒐集家の方々の協力に救われた。  こんなこともあった。それは数年前のことだが、「全号を所有している」というご高齢の男性の方とメールでやりとりをしたのである。何部かお譲りいただけないだろうか、と私は図々しく懇願してしまったのだけれど、その方からこういう返信があった。いや、本当に申し訳ないのだが、私にとってこの雑誌には若い頃の懐かしい想い出が詰まっています。どうかお察し下さい――。  『洋酒天国』は昭和を生き、今も生き続けている“珍本・豆本”に違いないのである。本日は、昭和31年4月の第1号から39年2月の第61号まで、およそ8年間駆け抜けた伝説の雑誌の、フィナーレである。
§
 壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第61号は昭和39年2月発行。昭和39年(1964年)と言えば、何と言っても東京オリンピックである。この年の上半期は、オリンピックに向けて準備に追われた各業界のせわしさが印象的だ。  開会式は10月10日。それに合わせ、この年は様々な形で新しいものが誕生した。関連した事柄をおおまかに列挙してみる。  国鉄の列車指定席の予約システムがコンピュータ化(マルス101)。国産の半導体式電卓(早川電機工業のCS-10A)が世界で初めて発売。日本人の海外への観光渡航が自由化。山梨県で富士スバルライン(富士山有料道路)開通。東京・羽田に羽田東急ホテル開業。営団地下鉄日比谷線開業。ホテルニューオータニ、東京プリンスホテル開業。気象庁の富士山レーダー完成。東京モノレール開業。神奈川県川崎市によみうりランド開園。大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅・梅田駅間が開業。東海道新幹線開業。静岡県の熱海峠か…

津軽三味線

 私の小学生時代、午前で下校になる土曜日の昼食は、母親の作ったチャーハン、そして日曜の朝食は町の人気パン屋で買ってきたコロッケパンを食べる、というのが毎週の定番のようになっていた。
 その土曜、チャーハンを食いながらNHKの邦楽中継などをBGM代わりにして聴いていたことを思い出す。考えてみればあの頃は、土曜日に限らず、けっこう頻繁に長唄だの浪曲だの、テレビやラジオでやっていた。
 そうした子供の頃のささやかな音楽体験というのは馬鹿にできないもので、思いがけず、奥底の記憶に邦楽の蓄積がじわりと印画されていたりする。つい先日、初代高橋竹山のレコードを聴いた時、急にチャーハンが食べたくなったのだから、記憶は脳内の気づかないところでひっそりと連関しているのである。

 昨年のことながら、岩波書店のPR誌『図書』11月号で佐々木幹郎著「津軽三味線の彼方へ」というエッセイを読んだ。端的に言えば、これを読んで高橋竹山が聴きたくなったのだった。

 著者は陸奥湾に面した夏泊半島を旅する。小湊にある「平内町歴史民俗資料館・初代高橋竹山資料展示室」を訪ねたり、音楽プロデューサー・佐藤貞樹の晩年の家で竹山に聴かせるための膨大な音楽レコードを見たり、日高見荘で佐藤夫人の陽子さんと対面したり。竹山の音楽を紡いできた佐藤貞樹氏の功績に触れると共に、東日本大震災への様々な思念について、その稿では述べられていた。

【LPレコード『津軽三味線 高橋竹山』(CBS・ソニー)】
 私の持っているレコードは、『津軽三味線 高橋竹山』(CBS・ソニー SODL-17)で、1973年12月11日と12日の渋谷ジァンジァンで行われた独演をライヴ収録したものである。ちなみに、ネットで調べてみると、このレコードの帯には、通常生産の帯とは少し違う趣の帯があったことが分かった。

 当時、SONYが開発した「SLHテープ」を使用したことを示唆する帯で、超低ノイズ、周波数特性の改良、高出力、そして音飛びのしない走行性能に優れた、画期的なバックコーティング処理を施したテープだったらしい。レコードには録音に関する技術的な記載がないので詳しい内容は分からないが、あのざわざわと波打つ臨場感ある初代高橋竹山の三味線の音は、こうした録音技術で実現したのかと感心させられた。

 レコードのライナー・ノーツには、佐藤貞樹氏の解説が書かれている。これを読んで演奏を聴けば、ぐっと竹山の三味線の音が燃える炎のように感じられてくる。「三味線じょんがら」は門付け芸の変遷上三節あって、レコードでは旧節、中節、新節と収録されている。大正13年頃の旧節、昭和10年頃までの中節、昭和20年頃に変わった新節。新しくなりにつれ、津軽三味線の転回形とも言うべき西洋音楽的なリズムに近い形となっている。

*

 ところで佐々木氏は、その稿の中で詩人ノヴァーリスの詩を道標として、見えないものや聞こえないもの、感じられないものに信を置き、考えられないものから考えるということを注視していた。そもそもノヴァーリスを引き合いにしたのは佐藤貞樹氏で、彼は初代高橋竹山の三味線をそういうふうにとらえていたのだという。

 レコード『津軽三味線 高橋竹山』では、ちょっとした竹山本人の「語り」が入る。その語り口調の面白さのせいか、観衆の大きな笑い声がたびたび挟まってくる。それはあの70年代の、津軽三味線ブームと言うべきものか、その火付け役となった渋谷ジァンジァンに来た若者達の、東北・津軽に対する物見的な斬新さが加味しての、大きな笑い声となっていることを、私は思う。しかしそれにしても、このジャケットには迫力がありすぎる。レコード史上、最も凄みのあるジャケットではないか。

 こうして初代高橋竹山のレコードを聴く以外に、とんと邦楽を耳にする機会がない。チャーハンを食いながら三味線だの箏曲だのが自然に耳に入ってきた小学生時代というのは、まったく化け物のような時代を過ごしてきた、と言えるのではないだろうか。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

左卜全と心霊写真

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話