☞最新の投稿

プレイバック―さらば洋酒天国、恋のソプリツァ

イメージ
【琥珀色に輝くサントリーのトリス・クラシック】  我が愛しの“洋酒天国”――。どうやら去る時がやって来たようである。悔いはない。  サントリーのトリスを飲む。瑞々しく、琥珀色に輝く“TORYS CLASSIC”の、なんたる落ち着き払った佇まいよ――。束ねられた複数の冊子の中から、無為に一冊を選び取り、それをゆったりと眺めていると、目くるめくそれぞれの邂逅の日々が走馬灯のように、記憶から記憶へ諄々と甦り、グラスの氷が溶け出す酔い心地とはまた別格の、まことに風雅な夜のひとときを過ごすことができるのであった。  先々月の当ブログ 「『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション」 でお伝えしたように、10年以上前から私のコレクター・アイテムとなっていた『洋酒天国』は、 第1号 から 第61号 まで、既に全号踏破することができた。ゆえに燃え尽きたわけである。  そこでこの機に私は、これら冊子のほとんどすべてを、思い切って手放すことにしたのだった。尤も、大した決断とも言えない――。  古書というものは、人の手に転々となにがしかの世間を渡り歩く。熱意ある紳士淑女がどこかにいて、これらの懐かしい文化と趣向に遭遇し、なんとも数奇な悦楽の醍醐味を味わうことになるだろう。あわよくば、私の手元でこれらの本が、誰の目にも触れずに朽ち果てるよりも、こうしてさらなる外海への放浪の旅という運命の方が、遥かにロマンティックであり、淑やかであろう。これら酒と風俗の文化を煮詰めた『洋酒天国』の比類ない特質に、旅はよく似合うのである。  そうした取り決めが進むまでのあいだ、そのうちの一冊を、再び読み返してみようではないか。  手に取った『洋酒天国』は 第21号 である。この号は、6年前の 「『洋酒天国』きだみのる氏の酒」 で紹介した。ただしその時は、きだ氏のエッセイ一つを紹介したのみであった。開けば、それ以外の、とうに忘れてしまっていた鮮やかなるエッセイや写真などが目に飛び込んできて、思わぬ探訪の途を愉しむことができた。というわけで、再び第21号を紹介することになるのだけれど、本当にこれが最後の、「私の“洋酒天国”」なのである。 § 【再び登場『洋酒天国』第21号】  壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第21号は昭和33年1月発行。表紙の写真のシャンデリアや水晶の如き

再び『愛蘭土紀行』

 幼少の頃よく聴いていたクラシック・レコードのジャケットやら解説のたぐいの写真などで、ロンドンを行進する軍楽隊の、その赤色と黒色の調和の取れた服装であるとか、別の写真におけるパリかどこかの街の、とある市民がフランスパンをハトロンの紙袋に包んで歩いている様を見たりして、私はその頃、一様にそれを“英国”の写真と受け止めていた節があった。

 この場合の“英国”のイメージは、“外国”という意味と同等で、古い建物を背景に、背の高い、蒼い眼をした金髪の男女が風流に佇んでいる写真を見れば、すべて“英国”だったのである。尤も、実際に“エイコク”という言葉を知ったのは、もっと後のことであるが。

 確かに、クラシックの作曲家にフランス人が多い(古いレコード・ジャケットの風景写真が圧倒的にフランスの地であった)ことと、そのロンドンの軍楽隊写真のあまりの印象の強さに、十把一絡げにこれらを英国すなわちUnited Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)の写真であると幼稚に認識してしまったことは、自ら苦笑せざるを得ない些末である。
 しかしながら、20代の頃に読んだ司馬遼太郎著[街道をゆく]シリーズ30・31『愛蘭土紀行』(Ⅰ~Ⅱ・朝日出版)で英国的文化の概略を認知するまで、私の中の英国像というものは、さほど幼少の頃と変わりない、きわめて陳腐なものであった。

【司馬遼太郎著[街道をゆく]『愛蘭土紀行Ⅱ』】
 この文庫本2冊にわたる司馬遼太郎氏の長い叙述の感想を、ここで書く気はさらさらないのだが、音楽にまつわるということで、「甘い憂鬱」の稿が私にとってそれの一助となったことを書いておきたい。

 ――その日の夜、司馬さんの一行はケンメアのパブに寄った。司馬さんがミンストレル、と期待して遭遇したのは、バグパイプ名人の客だ。

 ここで司馬さんは話を折られて、大正14年刊の菊池寛、山本修二著『英国・愛蘭 近代劇精髄』(新潮社)の本の話を進める。私もついでに、この本を確認するため、インターネットで近代デジタルライブラリーを閲覧した。

 司馬さんはこの本の文中から繙いて、ケルト民族の特性を《“放浪”癖と“悒愁”》の両面でとらえられているとしたが、文中では“放浪慾”(ワンデル・ルスト)となっていた。文中の言葉を借りれば、亡国の民、流謫の国という民族意識の深層から郷愁を促され、放浪欲が起こる、ということであろうか。さらに司馬さんはエルネスト・ルナンの言葉を引き出して、《この国の楽の音の甘い悒鬱といふものは、ちよつと他国に見出されない》と表している。

 この後、パブの話に戻って、バグパイプ名人が登場する。司馬さんはバグパイプのドローン・パイプに対して、《にぶい単調な音を出しつづけるだけの笛で、このdroneという名がいい》と述べている。私もそう思う。

*

 私は『愛蘭土紀行Ⅱ』の「甘い憂鬱」の稿を読むと、いつもポール・マッカートニーの「Pipes Of Peace」が頭の中で鳴り響く。この曲は実に奥が深く、マッカートニーの隠れた名曲であると信じているのだが、この曲についてはここではとりあえず割愛する。
 司馬さんはバグパイプの話から日本の明治期の小学唱歌の話へと転じ、「庭の千草」の曲を持ち出す。この曲のもともとはアイルランドの民謡「The Last Rose of Summer」で、里見義が日本語詞を付けて「庭の千草」とした。

 私が思うに、明治初期に文部省音楽取調掛の御用掛となった伊沢修二の働きは、戦後昭和期以降に至るまで、影響が大きかったと言っていい。
 彼がアメリカ留学した際に出逢った音楽教育家メーソンという人を日本に招聘し、スコットランドやアイルランドの民謡を選曲してそれに日本語詞を付け加えるという作業が行われたわけだが、先に述べたいわゆるケルト民族の《郷愁》と《甘い憂鬱》という特性がその音楽の中に溶け込んでいなければ、日本の風土とも合致せず、日本の唱歌や童謡の作品はこれほど豊かにならなかったのではないか。それは、伊沢修二の音楽観、思想、東洋的な花鳥風月の観念が多分に加味されたものであり、鋭い感覚で原曲の民謡を選んでいったのではないかと思われる。

 司馬さんは、自ら“音楽をふくめた音響がにが手”としているその分野に対しても、BEATLESやバグパイプ、日本唱歌の話に及ぶまで書き進めたのは、ケルトと日本人の共通項的なものをそこから見出したからに他ならない。
 私は、『愛蘭土紀行Ⅱ』の「甘い憂鬱」を20代で読んだ時には思いもかけなかったが、BEATLESと同様、日本の唱歌はクラシックではなく、世界に通ずるポピュラー音楽の源流なのだということを知った。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ベストセラー本『HOW TO SEX』への回帰

左卜全と心霊写真