ヘチマコロンから思い出すこと

 何がきっかけだったかはっきりとは憶えていない。ヘチマコロンを愛用し続けてかれこれ10年以上経つ。無農薬・有機肥料で栽培されたヘチマのヘチマ水。冬場の乾燥肌にも効果的で、安心して使い続けている。使っているのは60mLタイプの化粧水と乳液で、サイズが小さいから旅行にも持参でき、とても便利だ。今日はどちらを使うか、気分によって化粧水か乳液かを決めることが多い。

《日本の植物派化粧品 ヘチマコロン》

 ヘチマコロンの歴史は古く、その歴史は大正時代にまで遡る。ロゴマークがとても美しく、深緑色に統一されたカラーとデザインは大正・昭和初期の「モガ」を連想させ、何と言っても竹久夢二が描く婦人画が、それぞれのボトルのシンボルとなっている。

 いつも私はヘチマコロンを通販で購入する。年末頃に注文すると、竹久夢二の画のミニ・カレンダーが封入されて届くので、今まさに手元にあるそのカレンダーを見ながら、これを書き綴る。
 婦人画に魅せられて少しばかり気分が昂揚する。つい先日、新たに乳液の瓶を買い求めたのだが、その時一緒に折り込まれていたパンフレットを、つい凝視してしばし眺めてしまったりする。

竹久夢二イラストの新聞広告(1930年)
 1930年の竹久夢二イラストの新聞広告。

 《優良国産品 ヘチマコロン へちまの水から発明した化粧水》。その右側には「ヘチマコロンの唄」とやらが記してあって、その下はなんと裸体画である。
 この前、読み終えたばかりの漱石『草枕』の、湯船の場面を想起させるような婦人の裸体画――。例えば、漱石とも馴染みの深い装幀作家・橋口五葉の「浴後の女」(木版)はどちらかというとリアリズムが漂う。が、夢二のこの裸体画は、粗野で美人画と言うほどではない。しかしながらとてもさっぱりとした、広告ならではの素描さが際立っており、決してエロチシズムがないわけではない。

*

 そんなことを考えながら、化粧水をパシャリ顔に付けてみる。不思議と爽快な気分になって、心持ち毅然としてしまう。

 何故私はヘチマコロンを愛用しているのだろうという、きっかけを、やはり思い出そうと努力するのだが、どうもそれは個人的なちっぽけな影響らしいことが分かった。
 竹久夢二を描いた映画『夢二』(1991年作品)の監督・鈴木清順先生が、私の母校の専門学校で在学中、講師(映画芸術科)をしていた。課程が違うので直接聴講を受けたことはない。ところが、ある日その校舎の職員室(芸術課程教務課)で一度、清順監督にお会いしたことがあった。煙草を吸っていたか、お茶を飲んでいたか。

 『夢二』公開直後のことであったから、竹久夢二と清順監督の存在が私の頭の中ですっかり渾然一体となった。
 尤も子供の頃、テレビで『陽炎座』を観たことがあったのだが、こちらはあまりにも大人風俗の、子供には分かりかねる刺激的な映像だったので、すぐにチャンネルを替えた。そういう映画を作っている映画人、という印象が強かった。清順監督に対する私の個人的なイメージは、なんとなく夢二と同化するものがあったし、学生時代における清順監督への敬意の眼差しが、夢二とヘチマコロンとを一本の線で自然に結びつけた、と考えた方がしっくりくる。当然、愛着がヘチマコロンにも湧く。きっかけは、そんなようなことである。

 竹久夢二の詩の作品で「宵待草」というのがある。1917年に多忠亮が作曲をして、流行歌となった。最近私はこの曲を歌いたいと思うようになった。
 夢二のイラストも存分に眺めてみたい、学生時代には生半可な鑑賞でしかなかった清順監督のあの“大正浪漫三部作”をもう一度じっくり味わってみたい…。ヘチマコロンが一つの大きなヒントを与えてくれているような気がする。

コメント

過去30日間の人気の投稿