☞最新の投稿

『洋酒天国』―全号踏破とサイエンス・フィクション

イメージ
前号に引き続き、今回は第61号。振り返れば、当ブログの2011年7月に初めて『洋酒天国』を紹介した(「開高健と『洋酒天国』」)のを思い出す。それより数年前から個人的にこの雑誌を蒐集していて、当時は25冊ほど手元にあったかと思われる。まさかそれから、9年の歳月を経て全号(第1号から第61号まで、合併号が1冊あるので全60冊)を入手し、ブログですべて紹介しきるとは、まったく想像していなかった。まことに珍奇なことである。
 途中、何度も蒐集をあきらめ、全てを掻き集めることは到底不可能――とも思われた。昭和の古い時代の稀覯本であるがゆえ、入手は困難を極めた。その度に、温厚な個人蒐集家の方々の協力に救われた。  こんなこともあった。それは数年前のことだが、「全号を所有している」というご高齢の男性の方とメールでやりとりをしたのである。何部かお譲りいただけないだろうか、と私は図々しく懇願してしまったのだけれど、その方からこういう返信があった。いや、本当に申し訳ないのだが、私にとってこの雑誌には若い頃の懐かしい想い出が詰まっています。どうかお察し下さい――。  『洋酒天国』は昭和を生き、今も生き続けている“珍本・豆本”に違いないのである。本日は、昭和31年4月の第1号から39年2月の第61号まで、およそ8年間駆け抜けた伝説の雑誌の、フィナーレである。
§
 壽屋(現サントリーホールディングス)PR誌『洋酒天国』(洋酒天国社)第61号は昭和39年2月発行。昭和39年(1964年)と言えば、何と言っても東京オリンピックである。この年の上半期は、オリンピックに向けて準備に追われた各業界のせわしさが印象的だ。  開会式は10月10日。それに合わせ、この年は様々な形で新しいものが誕生した。関連した事柄をおおまかに列挙してみる。  国鉄の列車指定席の予約システムがコンピュータ化(マルス101)。国産の半導体式電卓(早川電機工業のCS-10A)が世界で初めて発売。日本人の海外への観光渡航が自由化。山梨県で富士スバルライン(富士山有料道路)開通。東京・羽田に羽田東急ホテル開業。営団地下鉄日比谷線開業。ホテルニューオータニ、東京プリンスホテル開業。気象庁の富士山レーダー完成。東京モノレール開業。神奈川県川崎市によみうりランド開園。大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅・梅田駅間が開業。東海道新幹線開業。静岡県の熱海峠か…

サン=サーンスの『動物の謝肉祭』

 私にとってのレコード鑑賞の原点――すなわちクラシック音楽における原初体験は、『原色学習図解百科』(1968年学研)第9巻[楽しい音楽と鑑賞]という一冊であることは、このブログでもたびたび触れている(当ブログ「旧東京音楽学校奏楽堂のこと」参照)。
 もし幼少時代にこの一冊に出合わなければ、おそらく《クラシック音楽》というものが後々、馴染みの薄い数奇なものとして先入観を持っただけでなく、まったく自身の身体に音の世界が通わない、非音楽的な自己形成が進んだのではないかとさえ思う。それくらい、[楽しい音楽と鑑賞]という本は、聴感の悦楽を衝撃的なまでに解放してくれた、魔法の装置であった。

 最近、その[楽しい音楽と鑑賞]の付録レコード(EP盤全6枚、全30曲)の所在が判明し、これを書いている時点では詳細の確認が取れていないものの、当時のレコードをまもなく鑑賞できるのではないかと心をときめかせている。

 いま思えば奇妙な、というか不思議なことなのだが、その本で紹介されている古典音楽家の中に、プロコフィエフやチャイコフスキー、ドヴォルザーク(さらにはベルリオーズやブルックナーを含めてもいい)が居ない、のである。
 大袈裟に言えば、1850年代以降の音楽史における国民楽派や現代音楽の代表者を、すべてフランスの作曲家、クロード・ドビュッシー一人で背負ってしまった形となっている。
 せめてストラヴィンスキーやハチャトゥリアンまで加えて欲しかったと思うのだが、なんとこの百科事典が刊行された1968年には二人はまだ存命していたし、何より東側連邦の“彼方”の情報は、その文化的な面においても、冷戦真っ只中の時代に極東日本へ伝わってくるはずもなかった、のかも知れない。

 その付録レコードを是非とも今、プレーヤーにかけて聴いてみたいと思っているのが、カミーユ・サン=サーンスの組曲『動物の謝肉祭』である。

【カール・ベーム指揮『ピーターと狼/動物の謝肉祭』】
 手元には、グラモフォンCDシリーズの、カール・ベーム指揮ウィーンフィル演奏(1974年)『ピーターと狼/動物の謝肉祭』があって、どちらの作品にも英国女優ハーマイオニー・ギンゴールドのナレーションが加えられている(当ブログ「ピーターと狼」参照)。どういうわけか、近頃このCDをよく聴いているのだ。このプロコフィエフとサン=サーンスの組曲に関しては、他の指揮者や楽団の同曲を聴いてみたいと、あまり思わない。

 [楽しい音楽と鑑賞]では、組曲『動物の謝肉祭』の中から「白鳥」のみを付録曲として選曲して、解説している。
 アンダンティーノ・グラツィオーソ。本当にごく最近まで、その付録レコードの影響でサン=サーンスと言えば「白鳥」しか知らず、組曲全体を想起することができなかった。ところが全曲を聴いてみれば、むしろ「白鳥」より個人的には第4曲の「カメ」であるとか、第9曲の「森のカッコウ」のクラリネットの間合いが好きで、その間合いはとても優美であり繊細なのだ。
 これはカール・ベーム指揮ならではでもあるのだが、『動物の謝肉祭』が子供向けの曲であると単純にとらえるのは、間違いであろうことがこれで分かる。ともかく『動物の謝肉祭』が聴きたければ、カール・ベーム指揮ウィーンフィル盤をお薦めする。

 幼少期にかくも自由に、本棚に並べられた百科事典を、読むのではなく“見て”楽しむ面白さ。散乱したレコードの中から1枚を抜き取って、それに針を落とす所作の悦び。音楽を聴くことは、これらが1セットになっていたのだ。そう、もう一度あのレコードから「白鳥」を聴いてみよう。

コメント

過去30日間の人気の投稿

五味彬の『Yellows MEN Tokyo 1995』

YELLOWSという裸体

拝啓心霊写真様

ぐだぐだと、寺山修司と新宿風月堂の話

左卜全と心霊写真