スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

漱石山房にたたずむ

東京はうららかな日和だった一昨日、今年9月24日に開館したばかりの――とは言いつつ、それから2ヵ月以上経過しているが――「新宿区立漱石山房記念館」(新宿区早稲田南町)を訪れることができた。  振り返れば2年前の秋、新聞の記事を見て、記念館の整備計画途中で発見された屋敷の礎石が、没後改築された屋敷(1920年)のものであることが分かった云々(当ブログ「漱石山房の香り」参照)をきっかけに、今年秋(漱石生誕150周年)の開館をどれだけ待ち望んでいたことか。この2年の歳月は実に感慨深いものであった。
 ところで、津田青楓が大正7年に描いた「漱石先生閑居読書之図」で見るような、木造屋敷及びその庭風景は、ここにはない。いや実際には、館内に漱石山房が復元され、記念館の窓ガラスからその特徴的な和洋折衷の平屋建ての外観がうかがい見ることができるのだけれど、あの山水画風の絵の中の長閑な風景は、あくまで津田青楓の虚構の世界であって、エッセンシャルなセザンヌの濃厚さが色めき立ったものである。しかし、庭には、「猫の墓」が遺されていた。石塚、あるいは猫塚と言いかえていい。  これは、漱石の次男である夏目伸六氏の著書の『猫の墓』(文藝春秋新社)の装幀写真で見られるのと同じものであり、もともとは形として石塔であった。夏目家で飼われていたペットの供養塔(九重塔)は1920(大正9)年に建てられていたものの、昭和20年の空襲で損壊。現在遺っている「猫の墓」は、昭和28年に残石を積み直して再興したものだという。ちなみにもともとの供養塔の台石には、津田青楓の描いた猫と犬と鳥の三尊像が刻まれていたらしい。
§
 それはいつの頃だったのか――。正岡子規が漱石と、夏目坂のある早稲田から関口を歩いた“田園風景”を今、ここでそれらしく想像することはひどく難しい。私はこの日、原町一丁目から弁天町に向かう外苑東通りを歩いて記念館を訪れた。この外苑東通りの両側の趣が、今ではすっかり都会的に洗練されてしまっているけれど、それでもなんとか、空間の雰囲気と呼べるものは慎ましやかな感じがあり、決して嫌いではない。  かといって昔ながらの風情があるとか、お洒落なショップが建ち並んでいるという極端さはなく、言うなればかなり地味な通りなのだが、もし、長きにわたって住まいを構える場所として考えてみたら、案外こんなところがいいのでは…

世界の愛唱歌集

『原色学習図解百科』第9巻[楽しい音楽と鑑賞]に付随した「世界の愛唱歌集」の入手経緯については、当ブログ「原色学習図解百科と世界の愛唱歌集」で述べた。ここでは、その「世界の愛唱歌集」について触れておく。  幼少の頃、私はこの本「世界の愛唱歌集」を既に知っていて、実はそれなりに見ていた、のである。
 第9巻[楽しい音楽と鑑賞]の本巻(レコードの解説本)に長年親しんできたために、私の記憶の中では「世界の愛唱歌集」の存在は――ある年齢より――完全に消え失せていた。第9巻と言えばその緑色の本と「名曲鑑賞レコード」しかないと思い込んでしまっていた。
 実際に「世界の愛唱歌集」を手に取ってみても、すぐにその本であることに思い至らなかった。しかし、写真入りカラー印刷になっているペーパー・カヴァーを一剥ぎして、またしても地味な緑色の裸装幀を見た時に、すべてが甦ってきた。私はこの本を読んでいたのだと――。
 そう、幼少の頃、この“緑色”の「世界の愛唱歌集」は、我が家に設置してあったリード・オルガンと共にセットで置かれていた本だ。  リード・オルガンは足踏み式ではなかった。電気送風式であったと記憶する。そのリード・オルガンには常に「世界の愛唱歌集」が置かれていたので、私は鍵盤で音を出して遊ぶ傍ら、この本のページをよくめくっていたのである。オルガンと緑色の本――それは完全に遊具としてセットになっていた。
 ところで「世界の愛唱歌集」の内容は、誠に簡潔としている。  すなわち、世界の民謡や愛唱歌を国別に分けて191曲エントリーされている。第1部「世界の民謡をたずねて」と題し、{イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、北ヨーロッパ、東ヨーロッパ、アルプス地方、ロシア、北アメリカ、中国・朝鮮、インドネシア、ポリネシア、オーストラリア、フィリピン、イスラエル、メキシコ、日本}の民謡がピックアップされていて実に行き届いた歌集となっている。  第2部は「みんなで歌おう」と題され、{野原、山、スキー、海、川、つどい、別れ、クリスマス、春夏秋冬、ふるさと、子守歌}が主題となった愛唱歌が紹介されている。
 私が憶えているのは、第2部の方で紹介されていた、「サッちゃん」(大中 恩作曲、阪田寛夫作詞)である。  そこには「サッちゃん」の歌詞とメロディ譜と、バナナを食べている少し小太りな“サッちゃ…

原色学習図解百科と世界の愛唱歌集

古い百科事典『原色学習図解百科』(1968年学研)の第9巻[楽しい音楽と鑑賞]には、レコード資料「名曲鑑賞レコード」(EP盤全6枚、全30曲)の他に、もう一冊付随していた本があった?

 私にとってはあまりにも衝撃的な事実であった。オークションで発見した「世界の愛唱歌集」(カラー・全209ページ)というのがそうである。
 オークション上に挙げられていた商品説明を読むと、その本の所在は“原色学習図解百科9”となっていた。最初にそれを見た時、私はよく理解できなかった。同百科事典の別版であろうか、という仮説を考えたのだが、発行年がほぼ同じなので別版ではない。
 ちなみに、私が所有している『原色学習図解百科』第9巻[楽しい音楽と鑑賞]は1968年初版の1970年第11刷である。この百科事典は全10巻あり、随分昔に失ってしまった9巻分(第9巻以外)を近年、オークションで買い揃えた経緯がある。その買い揃えた9巻分の方は、1968年初版の第1刷であり、これらのデータを統合すれば、少なくとも1970年までは初版であったことが分かる。
 結局、「世界の愛唱歌集」を落札してみて、ようやく分かってきた。落札した本は1968年初版1969年第8刷。同じ『原色学習図解百科』のものであったことが判明。尚、さらにネット上で調べてみて分かったのは、この「世界の愛唱歌集」は例の「名曲鑑賞レコード」と組になって函入りしていたらしい。つまり、第9巻は[楽しい音楽と鑑賞]の解説本と「世界の愛唱歌集」+「名曲鑑賞レコード」という構成であったのだ。
 近年買い揃えて全巻揃っていたはずの『原色学習図解百科』は、実は抜け落ちていて、この「世界の愛唱歌集」を揃えたことによって、ようやく全巻揃った、ことになる。いや、もしかするとまだ抜け落ちている付随本があるのだろうか。この百科事典について詳しく紹介したサイト等が発見できず、学研のホームページを閲覧しても、無い。初版以降、第何版まで(西暦何年まで)改訂発行されたのであろうか。
 さて、その「世界の愛唱歌集」の中身については、後日別の稿で書くことにする。  また、この学研の古い百科事典『原色学習図解百科』については、個人的な思い出を含めて総ざらいしてみたくなった。やはり全10巻すべてをあらためて開いて見るべきなのだ。とてもアカデミックで面白い本なのである。ある意味、…

現像しなかったフィルム

先日のショパンの話から連想して、こんなことを思い出した。

 私はもう何年も、それこそ何十年もずっと、その机の小さな引き出しの中に、無造作に放り込まれた1本の「フィルム」が在ることを、知っている。  それは古いポケットカメラの110フィルムという形式のもので、幅が10センチほどの黒いカートリッジである。ポケットカメラで「何か」を撮った日のことは、なんとなく憶えている。小学生の頃だ。とっくの昔に捨てられてしまったのだが、それを撮ったガラクタ同様の玩具ポケットカメラも、どんなかたちだったか記憶に残っている。
 このようなうっすらとした記憶――自分にとってはどうでもいいと思われていた記憶――を、何十年ぶりかにいま、掘り起こそうとしている。
 あれは小学6年生頃であったかもしれない。小学校時代に最も親しかった友人Kが、いつものようにその日も家にやってきていて、長い時間、お互いにそれぞれのテーマで雑談を交わした。いつもは放課後なのだが、どうもその日はよく晴れた日曜日の午前だった気がする。  Kはよくうちに遊びに来ていた。学級の話や先生の話、その頃流行っていたゲームの話などを、遠慮なく存分に展開した。特に小学5年生以来の、Kとの付き合いによって、その2年間の膨大なおしゃべりの時間は、今となってはありふれた日常であったにせよ、そのリアルタイムの2年間においては最も大切な、最も有益な時間の集積であった。
 その日私は、家にあったガラクタの玩具ポケットカメラをどこからか持ってきて、ベランダで無邪気に寛ぐKを、ファインダー越しに何回かシャッターを切って撮影した。写真を撮るには都合よく晴れていた午前ではあったけれど、あまりにもそれはありふれた日常のうちのスナップ写真に過ぎない。カメラを持ち出して写真を撮ることの行為になんの脈略もなく、実際のところ、被写体としてのKにはなんの魅力も感じていなかった。  カメラを手に取ってみたこと。シャッターを押してみたこと。そこにおそらく、ベランダで日を浴びたKが写っていることの意味は、偶然の成り行きの、何も繋がってゆかない「空」でしかなかった。
 その玩具ポケットカメラは、自動巻き上げ式ではないので、シャッターを押した後に自分でフィルムを送らなければならない。ただその時の反復の行為の主体は、意識の中にあらず、手遊び――カメラを手に触れて弄ぶことの快楽…

百葉箱の記憶

今から30年近く前の、私が1985年に卒業した母校の小学校の卒業アルバムを眺めていて、懐かしいものを発見した。「百葉箱」である。

 「百葉箱」を辞典で調べてみた。まず『岩波国語辞典』第七版(岩波書店)では、 《百葉箱 気象観測のための、野外に設けてある、白塗りでよろい戸の箱。温度計湿度計などを入れておく。「ひゃくようそう」とも言う》
 とある。  『世界大百科事典』1967年初版(平凡社)でも調べてみた。長文でこんなことが書かれていた。
《ひゃくようそう 百葉箱 スクリーンscreenまたはシェルターshelterともいい、気温および湿度を測る測定器械を収容するために観測場(露場)に建てた小屋形の箱。日射その他の放射を避け、同時に通風をよくするため、全木製で、頂点を上にしたV形断面のよろい戸を四方に備え中天井と床には穴をあけ、食違いをつけて張り、全面白ペンキ塗とする。箱には木製または鉄製の足をつけ風通しをよくして箱内の空気を測る。北ヨーロッパおよびソヴェトでは約50cm角の容積と地上約2mの床の高さをもつ形式が多いが、これは日射が弱く雪が多いためである。南ヨーロッパおよびアメリカでは足がもっと短い。日本の形式は約1m角の容積と地上1mの床の高さをもつが、多雪地方においては積雪に悩まされる》
 英語では、「百葉箱」のことを“Instrument Screen”と言ったりして、どうも音楽用語っぽく勘違いしてしまう。“Stevenson Screen”だとか“Weather Box”と言う方がポピュラーなようだ。
 ――卒業アルバムの写真に、その「百葉箱」が目立って写っている。白のペンキ塗りの板を並べて囲いを造り、芝生を敷き、地上1mほどの床の高さに箱が設置されている。全木製である。よく見ると、その敷地の地面に、雨量を測る銅製の雨量枡も設置してある。ただしこれは雨量計自体はないものと思われる。
 さらにいろいろな文献を調べてみた。「百葉箱」に関するある論文によれば、1954年に理科教育振興法というのが施行され、小学校における理科教育のための基準設備として「百葉箱」がその一つに挙げられたらしい。  我が母校の校庭にそれが設置してあるのはそういう理由であろう。理科教育のための設備の設置費用は、その2分の1が国からの補助でまかなわれたようだ。
*
 私自身の小学校時代の記…

関心がなかったマズルカ

個人の音楽的影響――その源流を探ることは、非常に面白い作業である。しばしこのブログでもそれを試みている。
 実は同じ観点でジョン・コルトレーンの「IMPRESSIONS」について書こうと思ったのだが、参考までに“ある本”を読んでいるうちに、私の意識の方向ががらりと変わってしまった。

 コルトレーンではなくフレデリック・ショパンへ。コルトレーンのそれについては別の機会に書くことにするとして、ここではショパンについて書いてみたい。
 (コルトレーンについて)参考までに読んだ“ある本”というのは、小川隆夫・平野啓一郎共著『TALKIN' ジャズ×文学』(平凡社)のことである。この本の平野氏の言葉の中にショパンのことが出てきて、私はショパンを想い描くかたちに意識が変わったのだった。平野氏はこんなことを言っている。
《ショパンが当時新鮮だったのは、一つには、彼のマズルカだとか、ポロネーズだとかのリズムの感覚があったと思うんです。マズルカもポロネーズも、元々はポーランドの民族音楽だし、当時のパリなんかにいる人たちにすれば、相当土臭い、田舎者の音楽だったはずなんですよ》 (小川隆夫・平野啓一郎共著『TALKIN' ジャズ×文学』より引用)
 この話題で私は思い起こすことがあった。ごく最近、幼少の頃に聴いていた『原色学習図解百科』(1968年学研)の第9巻[楽しい音楽と鑑賞]に付随されたレコード資料「名曲鑑賞レコード」(EP盤全6枚、全30曲)を、ようやく家の中から見つけ出すことができ、そこにショパンの曲があったことを思い出したのだ。「軍隊ポロネーズ」と「マズルカ変ロ長調 作品7の1」だ。
 最初に注釈を加えておくが、これは私個人の音楽的影響の範疇の話である。例えば、ドビュッシーの『ベルガマスク組曲』については、当ブログの「山寺 Piano Rhapsody」で書いた。その大本はやはり、『原色学習図解百科』(1968年学研)第9巻[楽しい音楽と鑑賞]であり(当ブログ「サン=サーンスの『動物の謝肉祭』」参照)、その本とレコードで得られたクラシック音楽の実際は、私にとって大事な原初の音楽体験であった。このレコードで知った曲の、後年の思い出は枚挙に暇がない。
*
 レコード資料「名曲鑑賞レコード」をもとに第9巻[楽しい音楽と鑑賞]で解説されている作曲家を敢えて列挙し…

WHITNEY HOUSTON―そよ風の贈りもの

先日、ホイットニー・ヒューストンのキャリアにおける貴重なライヴ音源をベスト収録した『WHITNEY HOUSTON LIVE』が発売された。  当然ながらそれぞれ過去の音源がリマスタリングされていて、すっきりと聴き易くなっている。当時のライヴ中継をビデオテープに録画して何度も聴いていたので個人的には懐かしい限りだが、ホイットニー・ヒューストンが一貫してライヴでの名パフォーマーであったことは、このディスクが確信を持って後世に伝えてくれるであろう。  敢えて私のお気に入りのトラックを書くならば、1994年アメリカン・ミュージック・アワードでの、ガーシュウィン兄弟が手掛けたオペラ『ポーギーとベス』より「I LOVE YOU,PORGY」から始まる3曲のメドレー、1991年スーパー・ボウル開会式でパフォーマンスした「THE STAR SPANGLED BANNER」、そして1985年、彼女がデビュー・アルバムを引っ提げてテレヴィ・ショウに出演した時の「YOU GIVE GOOD LOVE」。この3トラックである。
*
 私の、彼女の歌との出合い(出合いとも出会いとも取れる)については、当ブログ「失われた声を求めて」で触れているのでここでは述べない。が、その出合いは私にとって非常に重要な意味をもっていたことについて、触れざるを得ない面がある。『WHITNEY HOUSTON LIVE』の寸評から少し遠ざかるが、デビュー・アルバムのことについて触れてみたい。
 1985年、彼女のデビュー・アルバム『WHITNEY HOUSTON』は2年がかりで制作されたという。  日本盤のジャケットはオリジナルとは違うジャケットとなっている。厳密に言えば、オリジナル盤のジャケット裏のカット写真を、日本盤では表にもってきた形となっている。これが私にとって――当時中学生であった私にとって――ある種の混乱を来す原因となった。
 アルバムの体裁として多少のイメージ・チェンジを施したその日本盤『そよ風の贈りもの』は、今でもミステリアスに感じられて仕方がないのだ。
 日本盤のジャケットはブルーが基調(オリジナルはオレンジ)となっていて、白い水着を着たハイレグ姿のカット写真がメイン。収録曲の構成はまったく奇妙なイメージ・チェンジとなっていて、LPレコードでいうA面とB面がまったく反対に入れ替わっていた…